« 北斗の拳芸人を観るbyアメトーク | トップページ | 2013年1~3月クールのドラマの視聴率について考える!TBS・テレビ朝日編 »

2013年1~3月クールのドラマの視聴率について考える!フジ・日テレ編

さて本日は13年1~3月クールのドラマの視聴率フジ・日テレ編について単純に観ていこうかと思います。

まずは1月~3月クールのフジテレビと日本テレビのドラマですが
月9:ビブリア古書堂の事件手帖
火9:LAST HOPE
火10:サキ
木10:最高の離婚
土11:カラマーゾフの兄弟
日9:dinner

日本テレビ
水10:シェアハウスの恋人
土9:泣くな、はらちゃん

相変わらずフジテレビはドラマが多い、日テレは火10時枠が無くなってから数年経ちました。今回は木23時:お助け屋★陣八は抜かしてみていきます

まずは視聴率から
月9:ビブリア古書堂の事件手帖、14.3、12.2、12.0
火9:LAST HOPE、          14.2、11.9、11.4
火10:サキ              11.4、12.2、9.4、8.0
木10:最高の離婚          13.5、11.0、10.8、12.3
土11:カラマーゾフの兄弟     7.4、7.3、8.5
日9:dinner              8.8、11.9、11.2
日本テレビ 
水10:シェアハウスの恋人     11.6、9.6、7.4
土9:泣くな、はらちゃん       12.9、10.3

日9の「dinner」が初回が1桁またも日9枠はTBSに負けていると思いきや視聴率がアップしてきております。

一方でほとんどのドラマが下がる傾向に初回の視聴率が最高という傾向が高い昨今で考えると視聴率の巻き返しは難しいかなと

特にフジテレビ「サキ」と日テレ「シェアハウスの恋人」は初回からそれぞれ3.4%3.8%と大幅に数字を下げております。ですがまだ3話の段階なので巻き返すと思っていますが数値だけ見ると非常に厳しい状態かなと

フジテレビの場合は視聴率が低くても火曜日枠で打ち切りは何故か行われない印象がありますが日テレは容赦なく打ち切るのでどうなることやらです

フジテレビ恒例のジャニーズ主演枠が今回は火9「LAST HOPE」は平均的に失敗の少ない印象がある医療モノですが苦戦している印象です。フジテレビの医療モノは「白い巨塔」「救命病棟24時」「医龍」「コード・ブルー」など印象に残るドラマがあったので新しい医療モノが根付かない感じがしております。

「最高の離婚」はとうとうドラマも離婚をテーマに取り上げる時代になったのかと改めて時代の流れを感じます。てか12年10~12月が「結婚しない」そして今年が「最高の離婚」って脈絡が無さ過ぎる

「カラマーゾフの兄弟」は土曜23時枠で8.5%と順調ですね。若手の有望株が多数出演していますし、10%超えるか?に注目しております

そして今回世間的に最大の注目ドラマが「ビブリア古書堂の事件手帖」ですかね。月9史上最低の視聴率を獲るのでは?と放送前から話題になりましたが踏ん張っております。低下はしていますが平均13%近くで今クール2位です。まあ3話の段階ですけどね。実際僕は観ておりますが嫌いではないですむしろ好きなテイストかなと、たしかに原作と主人公のイメージがかけ離れ過ぎていますがそこを無視してみるとなかなかどうして1話完結というのもいいのかもしれないですね。

続いて日テレですが

「シェアハウスの恋人」は上にも書いた通りに視聴率が低下傾向。昨今話題のシェアハウス内のラブコメディですが出演陣は人気者ばかりなんですけがイマイチ伸びず

「泣くな、はらちゃん」は漫画の世界に住む男が現実世界の女性に恋をしたという日テレお得意のファンタジー枠である土曜21時枠にふさわしい内容。僕個人としては内容よりも麻生久美子さんが連ドラに出演するというだけで観る価値があると思っています。明日放送の3話の視聴率が10%を切るか切らないか?という所でしょうか?

こんな感じで今クールのフジテレビ・日本テレビのドラマですが毎回書いておりますが視聴率よりも今は再生率の方が高い場合もあるという記事を最近読んだのですがhttp://www.asahi.com/culture/update/0131/TKY201301300588.html

興味深く読んだのですが、例としてフジテレビのドラマが取り上げられていましてここから記事抜粋
3日放送の「ラッキーセブンスペシャル」(フジテレビ)は放送中が12・6%だったが、録画ではそれを上回る13・5%だった
という風に場合によっては上回る部分があることを知って今までの自分の考えが正しかったのかなと思った次第です。

だが実際我々視聴者の思いよりもスポンサーの顔色を窺わなくてはいけないテレビ局の制作担当の実情を考えると悲しいモノですね。スポンサーとしてはCMを早送りあれたり飛ばされたりしたらまったく宣伝にならないので結局は視聴率が重要。だがその視聴率もたtった600世帯1800人ほどの人数の気分次第なんですよね

ということで次に書く時はテレビ朝日とTBSのドラマの視聴率について書いてみたいと思います

終わり!

|

« 北斗の拳芸人を観るbyアメトーク | トップページ | 2013年1~3月クールのドラマの視聴率について考える!TBS・テレビ朝日編 »

映画・テレビ」カテゴリの記事