« ハロプロ 新ユニット結成という記事を読んで | トップページ | ファッションモデル171人がリアルに選んだ付き合いたい芸人GPを観るbyロンドンハーツ »

生田斗真の素顔に迫るbyしゃべくり007パート2

本日はジャニーズの異端児ともいえる生田斗真くんがしゃべくり007に出演したのでそのことについて

実は今回で取り上げるのは2回目ですが、1年ちょっと振りに登場した斗真くんが百戦錬磨にしゃべくりメンバーにどのように挑むのか楽しみに観ておりました

では観ていきましょう

本日のゲストはジャニーズの貴公子再び・・・ということで呼びこまれた斗真くん。客席の歓声が鳴りやまない状態に困惑する上田さんですが有田さんが42歳の誕生日を迎えたという話がまったく無視されるような悲しい状態に

2回目の出演の斗真くん、11年12月5日以来の出演。前回出演時は徳井さんとラブシーンの練習をしたとのこと

改めて帰ってきたジャニーズの貴公子・生田斗真くん

最近の斗真くん情報ですが11年12月「源氏物語 千年の謎」。12年3月「僕らがいた前篇」、4月「僕らがいた後篇」

撮影時期は重なってはいなく話してはいたが一度だけドラマの撮影と舞台の稽古が重なった時があり、ドラマの撮影が終わり舞台の稽古に向かって現場についてどちらのスタッフにもいい顔をしていたので自分が小悪魔みたいに思って裏切ってる感じがしていた。

性格的に一つのことにガッと向き合いたい。

結構ストイックなタイプ?
不器用なので暗い役の時は暗くならないと現場に行けない。

ここで俳優の泰造さんに聞くと、ドラマや映画をやっている時は普段の生活から役に入るそうで、役に入っていると奥さんに「入ってるんだ?」とからかわれるとのこと。

ドラマや映画で恋愛がついて回るがその都度相手の女優を好きになる?
なる。家に帰てか

らその人のことを考える事もある。だから映画が終わった後は悶々としている。

共演した女優さんが違うドラマや違う映画で違う人と恋愛していたら?
ちょっとイヤ。僕はドラマや映画が終わってもちょっとインターバル的な引きずる時間があるので相手の人が違う姿を見せていると寂しい気持ちになる。女性だけでもなく男性にもショックを受けることも

プライベートでフラれた事は?
ある。

フラれた際に言われた言葉は?
学生の頃チョット年上のお姉さんと言い感じになりプレゼントを渡そうとその人の住んでいる駅まで行ってプレゼントを渡そうとして改札を出たら電話が来て、そしたら彼女が「今、彼氏といる」と言われこのプレゼントどうしよう?と思い駅のごみ箱に捨てた。家に帰って数週間引きずった

ジャニーズジュニアではCDデビューをしていない

もともとジャニーズに入った際は歌やダンスのレッスンも真面目にやっていたが自分は落ちこぼれ

自分よりも歌やダンスが劣っているメンバーはいる?
関ジャニの横山、村上の2人よりは上手い!ダンスも2人には勝っている

東京ドームコンサートを見て1回ぐらいはやってみたいと思うことはある。

ここからはさわやかな見た目とは違い男クサい部分がある生田斗真を観ていくことに
男クサい休日の過ごし方は?
ゴリゴリの曲をかけながらトレーニング。ロックが好きでマキシマムザホルモンの曲を聞きながら腹筋をしている。

腹筋の回数は上がらなくなるまで、特殊な腹筋でベンチに上半身だけ降ろしてやっている。今回はテーブルとゴリゴリの曲を用意したので腹筋を観ることに、抑える役は徳井さん。

有田さんも挑戦するがまったく降ろすことが出来ず最終的には地面に落ちるみっともない姿を見せる羽目に

続いては生田斗真のインタビューで男クサい名語録を残しているとのことで名語録から男らしさを勉強しよう!という生田斗真の男クサい名語録007

1番うまく言えた人が生田斗真から名語録をもらえる名語録選手権も同時に開催です。

1:恋人との幸せな時間は流れ星のように去って行くきらきら輝く思い出
(ピクトアップ#66より)
ラブストーリーの映画の時のインタビューの時に言ったかもと斗真くん。

斗真くん改めてこの言葉に気持ち悪いと恥ずかしがる中、この語録にしゃべくりメンバーも挑戦!勝者は泰造さん

2:自分たちで自分たちの関係性を運命にしていく
(an・an12年12月19日発売より)
これは運命って信じますか?と質問された時に「恋人関係においての運命は自分たちで信じてたぐりよせて切り開いていくもの」なんだと思います的な感じな意味

勝者は徳井さん。

3:僕の生活は自分とは違う誰かになることが大半を占めている
(an・an2010年4月21日発売より)

斗真くん改めてこのセリフを言って超恥ずかしいッスと後悔。勝者は名倉さん

最後は勝者3人が斗真くんと同じポーズをして名語録を言うことに

名語録選手権に続いては無類の映画好きの斗真くんに向けて冬に見たいTSUTAYA007

1人目:泰造さん。紹介する映画は「キツツキと雨」。最初はオシャレな映画かなと思っていたらハートフルコメディーだった。役所広司さんと小栗旬くんが出演。ある日ゾンビ映画のロケ隊が村にやって来てから始まる出会いの物語。

2人目:有田さん。紹介する映画は「ホワイト・ライズ」。隠れた名作、ホワイト・ライズ=嘘も方便的なことで、悲しい嘘から始まる男女のラブサスペンス。3年ぐらい見た自分の中のビデオ大賞!

3人目:斗真くん。紹介する映画は「X-MEN:ファースト・ジェンレーション」。プロフェッサーXとマグニートの若き日の話。

という感じで終わった今回ですが

2月9日の「脳男」観に行きたかったんですがとある用が出来てしまったので行けなくなり悲しい限りではありますが、それはそれで面白い体験をしてくるので記事にしたいと考えております。

さて今回の斗真くんですがお笑い要素が強かったですね、たまーに男前の俳優さんが出演した時とかにある語録関連の遊びが今回はあり、最高でしたね。しゃべくりメンバーのボケ合戦。正直ずーっと名語録選手権で良かったんですけどね

TSUTAYA007も久々でしたが面白いですね、自分の知らない映画が紹介されたりするので非常に勉強になる。有田さんの紹介した「ホワイト・ライズ」は気になりましたし、恒例の上田さんの過去の恥ずかしいネタを話す有田さんの楽しそうな姿も見れて良かったです

それにしても斗真くんは映画・ドラマでの活躍がスゴイですね。なんか情熱大陸に出演していた時の斗真くんを思い出しました。あの時は「ハナミズキ」の撮影の取材とかだったなーとなんか思い出しました

ホントジャニーズでは異端なんですよねデビューをしていないのにジャニーズの中でもトップクラスの活躍ですし、ジャニーさんからも「YOU俳優の人だ」的な事を言われていると前何かしらの番組で言っていましたしね。

とにかく生田斗真くんはジャニーズという枠組みから飛び出した異端児として今後も映画・ドラマで活躍して欲しいモノです

終わり!

|

« ハロプロ 新ユニット結成という記事を読んで | トップページ | ファッションモデル171人がリアルに選んだ付き合いたい芸人GPを観るbyロンドンハーツ »

映画・テレビ」カテゴリの記事