« ももいろクローバーZの西武ドームライブ中継を観る! | トップページ | SMAPがんばりますっ!2013を観るパート2稲垣・香取編 »

SMAPがんばりますっ!2013を観るパート1木村・草彅編

本日はここ数年毎年恒例になったSMAPがんばりますっ!について

今回は5人がテレビ朝日の新入社員として各部署に配属された模様を放送するとのことで個別にまとめてみることにしました。

では観ていきましょう。

3月某日SMAP5人のテレビ朝日入社式、社長より配属先の発表されるメンバー
中居:スポーツセンター
木村:技術局制作技術センター
稲垣:編成制作局制作1部
草彅:編成制作局アナウンス部
香取:総務局総務部

木村拓哉編
今回学ぶのは10の事。
今回は本当の新入社員2人と研修を受けることに、そんな木村くんが来ることを知らずに木村くんが現れて驚く2人。技術局は森タワー16階にあるとのことで技術局へ移動

91年にカメラマンデビューし、Mステも担当している先輩の作ったスケジュールで研修スタート

1:座学でカメラマンの基礎知識を学ぶ
昼食タイムのあと実技講習
2:カメラを使って色々な画角を学ぶ
カメラマンの技術の凄さに驚く木村くん、続いては応用編

3:スタジオでカメラを自由に動かす
カメラを動かしながらピントを合わせる難しさに戸惑う木村くん、だがセンスがあるということでスラローム練習をすると思った以上にやるなと褒められる木村くん

続いてはハンディカメラの実技講習へ
4:ハンディカメラの基本操作を学ぶ
大きいカメラと違って距離感が難しいと木村くん

最後は出演者に対し優しさと愛情をもって撮影するとカメラマンの心得を教わり、研修終了。20:30まえスケジュールと取っていたがあまりに木村くんののみ込みが早いため13:30に終わったためいきなり黄金伝説のロケに行くことに

6:助手・音声とのチームワークを大切にする

そんなこんなで何も知らないU字工事の元に行くと2人とも固まり困惑。本番がスタートしても震えが止まらない2人だが木村くんがしっかり画を作る木村くん

4時間歩くことを知らされて驚くも、カメラマンの心得
7:出演者の顔は正面から撮るのが基本
8:上京が変わったらそれに合わせた撮り方をする

後ろ向きで歩いたり画を変えるためにダッシュしたりで木村くん汗だくに、だがそんな木村くんを尻目に過酷な山道が、アシスタントの補助の元歩くも木の枝に足を取られる木村くん。

2時間かけて山道を抜けて引き画に挑戦する木村くん。歩く事3時間、道を尋ねに寄った家の方が木村くんに気づき腰が抜ける中、ロケ開始から4時間10キロ歩き、いきなり番組のコンセプトに意見を言う木村くん。

撮影しながら心が折れそうになった木村くん達の前にいきなりバスが現れ驚く中、話は前回のSMAPがんばりますっの話などをしながら黙々と歩き続け5時間30分目的地に到着。技術さんの凄さに感心する木村くん、何かないと使ってもらえないことや

9:ハンディカメラ1つで番組を成立させる
料理の映像を真剣に撮影する木村くん、出演者のリアクションや会話も逃さず押さえるも、木村くんの前で自分たちだけ食べることに緊張するU字工事の2人。

10:出演者が食べた商品をキレイに撮影する
あさから何も食べていない木村くん見事に岩魚そばの物撮りを終え、店内の撮影を終えてバスに乗るために急いで移動。だが帰りは210倍速で、さらに1087.5倍速へ

東京について最後のコメント撮り、今日の1日現場は技術としていることが出来てチームの結束だったりルールだったりそういうものをひしひしと感じることが出来たので最前線に立たせてもらえたという印象はスゴく強いと

スタジオで木村くんは
僕らは当たり前のようにADさんがキューだしたらとステージに立つなど当たり前のようにやっているが、Mステのサウンドチェックなど終えた後のカメリハをダルい感じでやったりしているがちゃんとやろうと、その時しかカメラマンさん達が練習する場が無い、自分たちがモチベーションを下げてやるのはダメだと

草彅剛編
現在55名のアナウンサーが在籍するテレビ朝日のアナウンス部。今回は7つの事を身につけます。

研修のためアナウンス部へやって来た草彅くん、アナウンス部はセキュリティーで守られていることを知り入口の内線電話にて開錠してもらい中に入り挨拶を終え、アナウンス部の研修スタート。

研修は入社30年の森下アナウンサーから基本の発声練習、情景描写、プロレス実況の3つ。
ここでアナウンス部のルール
緊急ニュースなどに備えどんなに近くでも行先をボードに記入
出入の際は必ず大きな声で挨拶をするなど所在を明確にしている

テレビ朝日のアナウンス教則本を観ながら
1:正しい発声
母音の発音:あえいうえおあお。腹式呼吸を意識して声を前に押し出すなど
鼻濁音(息が口の中を通り抜けることなく鼻に響いて出来る音)

研修中にこんな事絶対言わないですよー!と新春シャンソンショーに疑問を持つ剛くん。

2:正しい滑舌
早口言葉がうまくいえない剛くん。

3:正しいアクセント
学校の授業みたいで疲れてきたと剛くん。5分間の休憩に入ると頭がこんがらがっちゃうと

続いてはスタジオへ移動
4:ニュース原稿を読む
時間内に収めるために事前に原稿に目を通してニュースを理解する剛くん。そして現行読みにチャレンジするも時間内に収まるも失敗

研修2日目:勤続36年のベテラン宮嶋アナウンサーからの研修
今回からアナウンス部の新入社員の弘中綾香さんと林美沙希さんと研修を受けることに

取材用のワゴンに乗り込み課外授業。目的地に取材に行く途中に情景を観ながら喋りの練習をすることが多いという情景描写に挑戦
5:情景描写
レインボーブリッジからの情景描写を弘中さんが挑戦、続いては桜並木を剛くんが描写スタート。花粉症の草彅くんが・・・とテンポよく描写を始めた剛くん、素晴らしい!と太鼓判を押され問題は喋りのキレだけと

最後はプロレスの実況:講師は野上アナウンサー
プロレス実況の極意が詰まった取材メモを見せてもらい
6:選手への取材

ウォーミングアップをしている選手の元に取材に行き取材メモを取る剛くん。そしていよいよ本番へ、まずは野上アナウンサーの実況を見学。初めてプロレスと見た剛くんは迫力に圧倒されたと野上さんも戦っている、実況のレスラーになっていたと語る剛くん。

7:プロレス実況
入場シーンから実況をするも取材メモを直ぐに読み始めてアドリブで実況をこなす剛くん。試合が始まり大興奮で実況する剛くん、だが偏って実況してはダメということを学んだにも関わらず若手の2人の贔屓する剛くん。

試合後、気持ちを伝えるっていうのが一番大事だなって思った。達成感はありますねと

スタジオで剛くんは
ヤングライオンに気持ちが入っちゃったと、平等にしないといけないのにと

そして最後に新人研修の締めくくりとしてご提供社名の読み上げをすることに、これは絶対に間違えられないということで緊張する剛くん続いては吾郎ちゃん

という感じで感想は後程パート1は木村くん、草彅くん編でした。
ではパート2へ

|

« ももいろクローバーZの西武ドームライブ中継を観る! | トップページ | SMAPがんばりますっ!2013を観るパート2稲垣・香取編 »

映画・テレビ」カテゴリの記事