« 正確な視聴率調査が行われないワケという記事を読んで | トップページ | 秋元梢の素顔に迫るbyしゃべくり007 »

VRが今秋から「録画視聴率」調査を開始という記事を読んで

本日、視聴率について記事をアップしたところまた別の記事を発見したのでそのことについて

それは
ビデオリサーチが今秋から「録画視聴率」調査を開始
というもの
http://news.nifty.com/cs/entame/showbizddetail/jitsuwa-20130420-3876/1.htm

今朝記事をアップしてすぐにみつけたこの記事ですが、なんでも早ければ今秋から始まるということらしい。

でも今朝あげた記事で録画率の測定は可能ということは判明したのだが、それをやると映像が劣化すると書かれていてどういうことなんだ?と

まあ日本の技術力だったらクリアできると思っています、なにせ4Kテレビを開発するぐらいですからね。

そこの部分は置いておきまして記事の一文を抜粋
なぜ『録画視聴率』はこれまで無視されたのか。
 「録画だとCMが飛ばされる可能性大で、スポンサーにとっては、どれだけの視聴者がCMを見ているかつかみづらい調査リポートとなる。だから、多くのスポンサーは、そうした調査を“信用できない”として不要論を主張してきた。しかし、録画でも相当数の視聴者がいるとわかったいま、スポンサーもできるだけ正確な視聴率を把握したがっています」(広告業界事情通)

正確な視聴率を把握したがっているとあるがCMなんてもんは録画していたら基本早送りするかスキップして飛ばす部分なので現在と状況は変わらないと思うのだが・・・

スポンサーは勘違いしている気がする。

録画率が測られてもCMの宣伝効果は今までのリアルタイム視聴と変わらない。ただ低視聴率というレッテルを貼られている俳優・女優そしてテレビ局が助かるだけのような気がする

本当に正確な数値を把握したいのであれば家電メーカーに早送りやCMスキップ機能をもたないHDDなどを作らせるしかない。だがそれは消費者のことを考えてメーカーが出来るわけもなく

だからスポンサー側はドラマではなく朝や昼の情報番組のような生放送で録画されることが無いであろう時間帯のスポンサーになる方がよほど宣伝になる。そこは分かっていると思うが枠が空いていないのが実情だろう

ドラマは確かに話題になって注目度も高いが、どのドラマにどんなスポンサーがついているかまでは知る事は放送を観ない限り分からない。さらにドラマは大抵録画して見ている人の方が多いはず、理由は仕事だったり遊びだったりでリアルタイムに観る時間もなかったり、好きなタレントが出ているからじっくり見たいから録画する。だが一番はCMが邪魔だから

1時間ドラマの場合は54分の放送時間の内CMは8分ぐらい。見ごたえのあるシーンに差し掛かっているにも関わらずいきなりCMが入るとテンションが落ちてしまう。

そう考えると今はやるだけで干される可能性があるが芸能人のステマブログは企業側にとっては非常に宣伝効果が高かったんだなと感じます。まあ未だに続けている人もいるみたいですけどね

CMのギャラは人によって1億円近くいくが、ステマの際は何十万~100万ぐらい。企業側の広告宣伝費としては安く抑えられさらにCM以上に見る人が多い。上手くできたシステムだったということでしょう。

まあ今回の記事の真偽は分からないため何とも言えないが僕個人としては録画率が測られた方が面白いので導入して欲しいシステムです。

ということでテレビ局とは切っても切れない視聴率問題、この秋にどういう流れになるのか楽しみです

終わり!

|

« 正確な視聴率調査が行われないワケという記事を読んで | トップページ | 秋元梢の素顔に迫るbyしゃべくり007 »

映画・テレビ」カテゴリの記事