« ワイプ演出はなくならないのか?という記事を読んで | トップページ | 佐藤健の素顔に迫るbyA-Studio »

すぐ緊張しちゃう芸人を観るbyアメトーク

本日はアメトークで勇気シリーズと言えるくくりが放送されたのでそのことについて

今回のくくりは「すぐ緊張しちゃう芸人」。緊張しない人っているのでしょうか?とそもそも言いたいのだが今回のくくりは共感できる部分があると思い楽しみにしておりました

では観ていきましょう

宮迫さんは皆が分かるテーマということで呼び出された芸人達。くくりを発表後に話を聞いていくとアンジャッシュ児嶋さんはある程度の緊張は誰でもあるがそんなのを乗り越えるぐらいの緊張。さらに今回リーダーの児嶋さんはリーダーの緊張もある

ウド鈴木さんは緊張がピークになったらえずく、FUJIWARAフジモンは緊張を見せないが緊張シー、緊張しているのがバレないように攻める様にしている。笑い飯西田さんはドシッとしているように見えるがウソ何も出てこないからそのようにしている。だがそんな西田さんに宮迫さんは緊張している人間が赤ちゃんプレイなんて出来るのか?と聞くと最近結婚したばかり、嫁も変態だと思われているから嫁にはノーマルだと言ってくれと頼まれた事を話オープニング終了

オープニングも終わりトークテーマ:緊張芸人のパターン&クセ
児嶋:手が震えてくるし唇やヒザが笑ってしまう。食レポ中に豚肉を持ってといわれて持つも揺れてしまいカメラマンさんに揺れてる?と言われてしまった。後輩と一緒にテレビに出る時に後輩が緊張しているのでそこをツッコむ手が震えている

黒沢:手の異変。手首を持っていないと不安になる。3人組なので2人がいると誰かに隠れてしまう

ウド:天野君がいないと緊張MAX。自分の言っていることが分からなくなりゴールが見つからない

フジモン:口もメチャクチャ渇きぱっさぱさになる、さらく口臭もきつくなりフリスクを食べようとする。
フリスクを出す手元が震える

本日出演の芸人達はタブレットは必須アイテムとのこと。

ウド:本番前にフリスクを食べた際に噛み砕けなくてそのまま出演してしまう話している時にフリスクが美しい弧を描いて飛んでしまう

西田:何か話を振られた際に目が泳ぎまくる。その後に体がかゆくなり襟元のタグとかが気になってしょうがない

ノンスタ石田:呼吸の仕方が分からない。ずっと吸った状態で待っているのでいつ息吐けばいい?と思い酷い時は過呼吸になってしまう。特にちゃんとしないといけない場面、元板前なので料理の仕事が入った際にさんまを捌く時に手が震えてダメだったので包丁と置いて気合を入れ直して仕切り直そうとしたら緊張と解くことに集中しすぎて包丁でなくさんまを持ってしまった

宮迫:ちゃんとしないといけない場面歌を歌うと緊張する。上手いと思われているため上手く歌おうと思うと何も出来なくなる

東京ダイナマイト松田:大竹しのぶさんを呼ぶ際に大竹まことちゃんと間違って読んでしまった。しのぶさんは女性だからちゃんを付けないといけないと思っていたらまさか大竹まことさんの名前を呼んでしまった。

児嶋:あまり絡んだ事の無い先輩と絡んだ時、東野幸治さんと絡んだ際に「お前さ・・・」と話を振られた際に「オマエってなんだよ」と何もイジられていないのに言ってしまった。

ウド:先輩やスタッフの方と廊下ですれ違った際に挨拶する時に緊張してしまう。だがその緊張した動きで他の人にぶつかってしまいよくわからなくなってしまう。

フジモン:緊張する仕事が入ると2~3日前から緊張してしまう。他の事が上の空になり緊張するテレビ収録の前日のルミネの楽屋で着替えた際に松田さんの服を全部着ていた。

松田:今日の仕事がアメトークのみで収録までは時間が余っているが映画とか時間を潰せない。朝起きたらアメトークの緊張があり部屋から出れない。

黒沢:トイレの回数が増える。だが行っても全然でない。だが千手観音かずこさんなどやっているのにと聞くもキャラが乗ってくると出来るが、今ストレートアイロンかけているじゃないですか?と意味不明な話に

続いては緊張芸人さんの相方さんがどんな迷惑を受けて来たかアンケート発表
アンジャッシュ渡部:緊張でカンペを読めなくなることが多い。「初めまして児嶋です」と「こじめまして」と間違えた。

進行を任されたらダメという児嶋さん、カンペデ(児嶋)よろしくお願いしますと出された時に読まなくてイイ自分の名前を呼んでしまった

笑い飯・哲夫:緊張で口から匂いがしてくるのでこちらを向かれた時、吐きそうになる。西田さんはコイツまた二日酔いかと思っていたら自分のせいだったんですねと反省

原西:いつも太ももで指に字を書いている、この間は「たまご」と10回くらい書いていた。フジモンは緊張すると字を書いてしまう、3文字が好きでこの前は「はんこ」と書いていた、ホトちゃんを見ていたら「きのこ」と書いてしまうこともある、

ハチミツ二郎:東京ダイナマイトとして初めての営業の時緊張を和らげるため朝まで酒を飲みまくったらしい。しかい会場には現れず、自分が1人でサイン会をやることになった。松田さんは次の日営業だと考えた時にお酒を飲まなくてはいけないと思いウイスキーを飲んでしまったとのこと。

宮迫:昔、飲んでた。舞台上がる前に両ポケットに小さい缶ビールを入れていた。

森三中・大島:突然楽屋で「ア~~~~」と叫びだす。緊張の化け物が襲い掛かってくるので叫んでいる「お前ごときが~」と言っている感じがする

ノンスタ井上:元板前なので料理番組のオファーを受けたが緊張しすぎて包丁を持つ手が・・・と先ほど石田さんが言ったエピソードなので割愛

天野:お笑いLIVEの時にウンコを漏らしズボンを洗うためにネタ合わせが出来なかった。その時はリハーサルが終わってもうそろそろ本番だ!という状況でその時に緊張と便意のどちらかが頭一つ抜け出してズボンの中で流れるものが・・・

緊張芸人たちの日常生活
児嶋:道を歩いていてボケてくる一般の方がいるが緊張しちゃうので返せない。だが良くないと思って返したら名前を普通に間違えていた人だった。ウンコジマぐらいだったら

黒沢:初めてクラブに行った時にどういうノリかわからずずっと壁を持ってリズムに乗っていた。コンサートとかお客さんとして言っていてお客さんの方の客電が点くと緊張するし、ウェーブを求められた際にズレたら「そこズレてるよ~」とか言われそう

松田:オープンカフェの前を歩くことが緊張する。カフェで飲んでいる人が自分を見ている感じがするそれも「オマエごときがそんな所を歩いているんじゃねえ」みたいな感じがする、だからまじまじ見ながら歩いてしまう

西田:「オマエみたいなもんが」というのであれば美人に遭遇した時。ファーストフードの店員さんで綺麗な人がいると注文を忘れる。シェークを買いに行ったはずなのに勧められたモノ全部買ってしまった。

石田:電車の乗り換えに緊張する。ついてあと2分しか乗り換え時間が無いという時が怖い。なので2~3時間前に出発する。タクシーも1万円札しかない時の会計に緊張する、お釣りが無かったらどうしよう?と思ってしまう

フジモン:プロポーズをした時、ディズニーランドで緊張した時の後日緊張しすぎて口が臭かったのでユッキーナに「臭すぎて逆に神なんですけど!」と言われてしまった。

ウド:エレベーターに乗る時、誰が乗っているのか?僕は角に立てるのか?など色々考えてしまう。ボタン操作する係になった時どうしようか?だが両サイドにボタンがある場合自分が操作して相手が押そうとした際に恥をかかせてしまうかもしれないので階段で行く

カメラが捉えた緊張の瞬間
本番中、舞台ウラれだけ緊張しているのか観てみるコーナー!

黒沢:黒沢ナイトの出番直前の舞台ウラ、嗚咽を繰り返す
児嶋:麻雀芸人の回にて別室でゲームの流れをレクチャーした際に手元が狂って牌を上手くなれべられず
フジモン:ロンハーのフジモン企画にて、オープニング早々深いため息、コーナーの説明の際に太ももに字を書き、VTRを見ている時も太ももに字を書く事数回。

西田:芸人の新ルールを考えよう3で結婚式のお祝いVTRがいらないとプレゼンした際に急に有吉先生にフリをされた際に瞬きが止まらなくなった。

石田:アメトーク初登場の今年が大事芸人2010。M-1で優勝したのにオードリーがブレイクした話の際に、現場に向かう途中でとある親子が隣にそのうちのお母さんが自分の事を気づいていたが、羽田に向かっている最中に「大鳥居」という地名を通り過ぎた際に子供がオードリーと思って「トゥース」と自分に行って来た。それをお母さんがたしなめたという話をするがオチを間違える

松田:4月のとある日緊張芸人の打合せ風景を隠し撮り。ディレクターと打ち合わせをするとウェットティッシュを取り出し顔を拭き手汗を拭い、さらに嗚咽。加地Pが登場すると緊張がまし意味もなくテーブルを拭き続け、さらにもう1枚取りテーブルを拭く。

ウド:後日放送される熟女芸人のロケの休憩中に加地Pから電話が掛かってくると、「ハイ」しか言えない状態に、ちょうどいい所で「ハイ」と言っていたと思っていたとウドちゃん

フジモンは長文の時もある、何を書いていたか知らべて欲しい。松田さんは打合せをする打合せがあれば一番楽。石田さんは大事なオチを間違えたことに気づかず言えたと思った、気づいたのは今。

緊張を和らげるテクニック
児嶋
:深呼吸をする。スベちゃったら本番中でもバクバクするので深呼吸をする。オープニングでワザとじゃないが何か言ってスベって落ち着くことがある。

ウド:凄い緊張する時はちょっとエロい事を考える。今までの映像や好きな場面を思い浮かべるとそっちの方が楽になる。宮迫さんも熟女芸人の時はイキイキしていると

黒沢:エロイ経験がないので呪文のように頭の中で「セックス・セックス・セックス・セックス・・・」と考えている。ニュース見ても緊張する事件の犯人の名前を覚えてしまうのでそれを消すために

石田:自分で自分にしっぺをする。痛みで逃げる、笑顔も硬くなっているのでメッチャ笑いながらしっぺをしていたら新しくついたマネージャーが石田さんはそうとう友達がいないんだと思われてしまうことも

松田:頭の中で「いつでも辞めてやる」という状態を作り出す。だがそれをやっている時に収録で一度も喋らず収録が終わった事があった

西田:奥さんの実家に挨拶に行く時は腹をくくらないといけないので肩の力を抜いてへそあたりに力を入れてイメージだが金玉を体にしまうイメージを持つ。

フジモン:本番前にスベリ芸を得意とする人に話しかける。児嶋さんは今日話しかけられたことに気づき困惑。そして「誰が底辺なんだお笑いの」と言ってスベる

ウド:宮迫・蛍原の両人が本番前に背中をさすってくれると落ち着く。いない時はマネージャーなどにさすってもらうが、それをいとうあさこさんに見られた際に状況を説明するハメになった。

緊張克服講座
講師はドランクドラゴン鈴木

お客さんは鈴木さんが登場した際にため息。だがその期待を裏切ってなお平然としゃべる鈴木さん。そんな鈴木さんの講義スタート!

普段以上の自分を見せようとするから緊張する。カッコをつけようとしたり自分のアレ?を出そうとするとので
1:しゃべるな!!
バカじゃないからタイミングがわかるはず、思い浮かんだ時に喋るスタンスでいればイイ。

2:人が何とかしてくれる!!
自分で何とかしようとしない。自分は何かあったら司会者のせいにする。さんまさんであっても、あれだけ面白い人だから何もしないけど面白くしてくれると考える

児嶋さんも喋らない時は喋らない。だがそれをMCが気にしてイジってくると

3:終わった後の事を考えろ!
本番中の事を考えるから緊張する。

帰ってビール食べたい?なと言い間違えるポンコツっぷりを発揮する鈴木さん、だがそのミスをイジってもらえる

ここで受講者からの質問
ミスをしてもヘコまない?
それは何とも思わない。

家に帰って反省することは?
反省はする

スベったら焦らない?
ショックはある。スベリすぎて病院に運ばれた。具合が悪くなり病院へ行って先生に何で病気になったのかわかりますか?と聞かれたので「スベったから」、実際はストレス性のモノだったので「体の事を考えてなるべくスベらないようにしてください」と先生に言われた。芸人初のドクターストップ。

だがそれ以降は緊張しなくなったというか2人でおべんちゃら(コント)では緊張する。決まったセリフを言わないといけない時塚地さんに迷惑をかけたら行けないと思うから

だが1日寝ると忘れてしまうので同じ間違いを何回もする。それを繰り返すそれだけ・・・

宮迫さんも鈴木さんの考えに共感するも「大丈夫です」と上から目線で言われ終了

という感じで終わった今回

自分が緊張する時かー

初めて行くお店とか、ドレスコードがあるお店とかは緊張しますよね。まあ一番緊張するのは初デートの時ですけど

そんなことはさておき西田さんが言っていた綺麗な人を目の前にするとは慣れました。ありがたい

正直、ブログを書いてそれをアップする時が実は緊張しますけどね、良く考えれば知らない人に自分の書いた拙い文章が読まれると考えるとこれ程緊張することはない。

もう一つ一つ文章を考えてタイピングすること自体が緊張しますよホント

だが人間は面白い事に黒沢さんが言っていたみたいにキャラを演じれば緊張しなかったり、ウドちゃんのように自分の好きな事に対しては緊張しないしというのはホントに面白い

初めての場所も自分の好きな物を観に行くのは緊張しないが、ふとあまり足を運ばない美術館とかに行く時は何故か緊張してしまう。人間の心理とは面白いものです

最後に登場したドランクドラゴン鈴木さんの考え方は少しは自分もマネしたい所ではあるが全部まねするとただのポンコツなので注意しようと思います。

ということで久々の勇気シリーズ面白かったです。

終わり!

|

« ワイプ演出はなくならないのか?という記事を読んで | トップページ | 佐藤健の素顔に迫るbyA-Studio »

映画・テレビ」カテゴリの記事