« すぐ緊張しちゃう芸人を観るbyアメトーク | トップページ | リアル~完全なる首長竜の日~の初日舞台挨拶を観てきました! »

佐藤健の素顔に迫るbyA-Studio

本日は俳優の佐藤健さんがA-Studioに出演したのでそのことについて

健くん単独で取り上げるのは今回が初、意外だ男前もカバーしていたつもりだったが初めてとは

では観ていきましょう。

鶴瓶師匠はROOKIESの時のどれっどヘアー姿を見てカッコいいとは思ったが大人しい子だと思っていた。

子どもの頃周りのお母さん達にチヤホヤされていたと健くん、小学校の入学式の時にも集会で入った際に6年生の女生徒たちに名前を呼ばれた事も、だが同い年には全く

現在24歳の健くん、アシスタントの波瑠さんが自分の妹に似ていると、ここで母と妹に取材したことを告げると健くん驚きを隠せず

今回師匠は生まれた埼玉・大宮に訪れたと、地元ではダンスの練習とかをしていたと健くん。

中学の時は勉強が出来たが高校に入ってダンスを始めたら下るように成績が下がって行った。3年間は勉強を頑張ったので高校に入ったらもうやらないと決めていた。

お母さんは一人住まいの家に行く時にお母さんにはそっけない、だが妹がいたらニヤニヤする。健くんはニヤニヤではなくソワソワ、人見知りみたいな感じになる。

妹と何を話していいか分からなくなる。小さい頃は可愛がっていたし妹も慕ってくれていたがいつ頃からか「オッサン」と呼ばれるようになってしまった。

家族全員、健くんのファンでお婆ちゃんは異常だと師匠。妹とお母さんに話を聞いておばあちゃんは後からということだったが母と祖母で健くんを取りあいをしている。お婆ちゃんはハグをしてもらったことをものすごい自慢している。

私が・・・一番最初にハグしてもらったから娘は私に対してちょっとキツイんですよ。私が一番最初にハグされたからと根に持っているとお婆ちゃん。夢の中でもデートをしているそうだが時々、福山雅治さんともデートをしていると乙女発言をしていたとのこと

妹はターちゃんと呼んでいたとのことだが、そんな妹には絶対にプレゼントは出来ないと健くん。この間の誕生日にメールをしてその時にプレゼントを聞いたがその服のブランド名が分からなくて買えていない。

だがそのことを知った鶴瓶師匠は妹に今約束しよう!ということで健くん「買わせて頂きます」と

そんな健くんが龍馬伝で演じた岡田似蔵の話では、ラストの死に方がなんやろ?と思うぐらいの演技をしている。その演技を観るのが妹は嫌だった。「ターちゃんが死ぬ」と思ってしまうからと、だがこのことを告げられると健くんちょっと照れた状態に

お母さんは健くんの家は脱いだら脱ぎっぱなし、洗濯物はむちゃくちゃ。健くんは溜め込み一気にする。だがお母さんが選択をしてくれるが健くん自身は流石に穿くモノがないという状態になったら洗濯をする。そのためパンツはいっぱい持っているとのこと。

続いてはROOKISの石丸彰彦プロデューサーに話を
※ROOKIES、冬のサクラ、とんびなどを手掛けた

石丸さんみたいなプロデューサーにはネガティブなことを話せないことが、石丸さん色々アドバイスをくれる。

ROOKIESの時に健くんだけ見せ場なく目立たなかった。スライディングくらいと健くん。だが「とんび」の旭役を与えられた時は今までで一番難しかったと健くん。やさしい人だが自分が普通にしているとやさしくは見えない。鋭すぎると言われた事もあったが演技をした

主演映画「リアル」について
役としては普通にさらっと映画館に入ってみると確実に思ったものと違う映画。たぶんあまり日本映画では観た事が無い映画

龍馬伝の番宣の時の事について
NHKの情報番組「あさイチ」で特技を披露したが失敗した健くん。特技は飛べるということだが後日O.Aを見たらやり方を間違えていたことに気付いたと、ホントは出来るんです!と言うのでスタジオで特技「空が飛べるんです」と披露

カメラに全身映されて特技を披露したら、片方の足を微妙に話すという微妙な特技を披露する健くん。カメラ位置を調整して見事飛んでいるように見せることに成功!

続いては友達の高橋優さんに取材した事について
いつも何人かで集まっているそうで、ONE OK ROCKのTakaさんとはものすごい仲良し。ボーカルのTakaくんは親友兼彼女兼彼氏と健くん

高橋さんの楽曲「8月6日」をギターで弾いた事もあると健くん。ファンに感謝の気持ちを込めたイベントでファンの前で披露した。高橋さんからはギターももらった

ここで鶴瓶師匠が裏からギターを持って来て健くんに歌わせようとすると観念した健くんはワンフレーズ歌声披露。だが健くんは先ほどの特技で心の傷を負ったのに・・・と話をそらそうとするも最終的には歌わせられる羽目に

だが恥ずかしさから笑ってしまうも鶴瓶師匠に背中を押され本気で歌うことに、だが照明が変わると若干困惑するが見事なギターと歌を披露した健くん

最後は人間・佐藤健について
ROOKIESの時からメチャメチャ成長している、自身が出来ているやろ?と師匠の問いに

当たって砕けろです

最後は恒例の鶴瓶師匠の語り
石丸Pは健くんには何の役も与えなかった、セリフもほとんどない。理由は一番下手だったから11人いてホントに一番下手だった。だから後の10人には役を与えたが最後にROOKIESのメンバーを集めて座談会をした時に一番年下で一番大人しい健くんが「僕は何も出来なかった。すごく何かもっと出来るんじゃないかと言う思いを持っている」と石丸Pに言った。座談会に時にスッと立って思いを言った姿を見て「コイツはイケる」と思った、その時に彼の眼を見たら凄いノスタルジックでこのままでは終わらないぞ!という向上心のある目をしていた。映画「リアル」難しい、スゴイ芝居をしています

舞台裏で当時を振り返ると、座談会の時は満足している人みたいな、なんか今回色々全部終わって満足している人?みたいな問いに○と×の札をあげる時に割とみんな×をあげるかなと思ったら×をあげたのが自分一人だった。その時に不満あるのかよ?と言われたので「もうちょっと出来るんじゃないかな?」ということを言ったとのこと

という感じで終わった今回ですが

今回、映画の宣伝も兼ねての登場ですがその映画を明日観に行ってまいります。久々に舞台挨拶ということで非常に楽しみ!

健くんを生で観るのは初めてか?綾瀬はるかちゃんは3回目かな

それはさておき今回A-Studio見てよかったです。佐藤健という人物を知ってから観るのと知らないで観るのではまったく違いますからね

見た目は本当にクールな健くん、今活躍している俳優の中でも見た感じでは熱を感じないが、心には熱いものを秘めていることが分かりました。

まあそういう気持ちが無くては芸能界では活躍できないですけどね

それにしても祖母・母が健くんの取り合いをする家族って、家族の支えが凄すぎる。お婆ちゃんのエピソードも可愛すぎます。波瑠ちゃんに似ているという妹さんの顔は観たかったですが可愛いんでしょう

さて明日はそんな健くんを生で観てきますので映画の感想と舞台挨拶について書かせて頂こうと思います。

ということで佐藤健の素顔に迫ったA-Studio面白かったです

終わり!

|

« すぐ緊張しちゃう芸人を観るbyアメトーク | トップページ | リアル~完全なる首長竜の日~の初日舞台挨拶を観てきました! »

映画・テレビ」カテゴリの記事