« 篠田麻里子卒業とAKBの今後について考える! | トップページ | 夏菜の素顔に迫るパート2byしゃべくり007 »

日テレジェニック2013の候補生50名お披露目について考える!

本日は久々にグラビアアイドル関連の記事を読んで思う所を

それは
『日テレジェニック2013』候補生50名お披露目 1位の浜田由梨「私についてきて」
です

正直誰も知らない・・・、勉強不足だ
◆『アイドルの穴2013 ~日テレジェニックを探せ!』候補生TOP50
1位 浜田由梨/2位 高崎聖子/3位 南菜々子/4位 末永みゆ/5位 権藤葵/6位 倉持由香/7位 古野あきほ/8位 河合風花/9位 星乃まおり/10位 山川ひろみ

11位 なぎさりん/12位 逢月ひな/13位 新海令奈/14位 内野未来/15位 渋木美沙/16位 小田島渚/17位 藤井奈々/18位 糸山千恵/19位 吉田佳織/20位 長澤遥香

21位 三丘さり/22位 新田まみ/23位 鈴木芽瑠/24位 黒田万結香/25位 木村葵/26位 湯川舞/27位 りょうか/28位 日野麻衣/29位 あべみほ/30位 高橋ナツミ

31位 内山みずき/32位 福滝りり/33位 鷹羽澪/34位 林あやの/35位 藤田薫子/36位 誉田みに/37位 荒木奈々/38位 川上愛/39位 片山花菜/40位 宮島小百合

41位 緒方詩乃/42位 佐々木絵里/43位 西野真悠/44位 胡桃沢まひる/45位 吉沢愛 /48位 渡辺万美/49位 後藤ティファニー/50位 春原里佳

記事によると16期目となる今年は史上最多の99名の候補生が集結、1ヶ月にわたる最終オーディションを経て半数が脱落。ということらしいが

昔は権威があるというか選ばれたらブレイク確実だった日テレジェニックですが初代(98年)は女優の加藤あいさんを筆頭に酒井彩名、原史奈、佐藤江梨子さん、今でも何かしらで芸能活動をしている面々です。

それ以降が
2期(99):大村彩子、伊藤絵理香、中島礼香、酒井若菜
3期(00):眞鍋かをり、谷理沙、福井裕佳梨、上原まゆみ
4期(01):小野愛、藤川のぞみ、照屋まみ、鈴木葉月
5期(02):藤森綾、小倉優子、森本さやか、佐藤めぐみ
6期(03):井上和香、栗田梨子、山本彩乃、サエコ
7期(04):田辺はるか、大久保麻理子、小松彩夏、秋本未莉
8期(05):愛川ゆず季、浜田翔子、西田奈津美、吉田智美
9期(06):愛澤仁美、北村ひとみ、草場恵、原幹恵
10期(07):谷桃子、木口亜矢、葵、小田あさ美、緑友利恵、一戸愛子
11期(08):奈津子、秋山優、橘麗美、手島優、浜崎慶美
12期(09):小泉麻耶、清水ゆう子、小池唯、米村美咲、齊藤夢愛
13期(10):中村知世、木村好珠、内田理央、伊藤れいこ、滝川綾、浅倉結希
14期(11):広瀬玲奈、中村葵、高嶋香帆、大矢真夕、緑川静香、広村美つ美
15期(12):桜子、栗田恵美、白河優菜、紫小聖、今野杏南、船岡咲

自分で書きながら色々思ったのですが加藤あいさんが女優としてブレイクした以降はそこまでブレイクを果たした人はいませんが現在も芸能活動をしている方や結婚した方などが多数おります。

僕の印象では11年前後でグラビア界の流れが変わってきている印象が強い。その原因は48グループなどのアイドルのグラビア進出

11年以降はちょくちょく48グループの面々が活躍してきて週刊誌特にマガジン、サンデー、ヤングマガジン、ヤングジャンプだったりのグラビアに出だし、プレイボーイの表紙を飾る機会がこのあたりから増えてきた印象です。他にもアイドリングやSUPER☆GiRLSなども多くアイドル=グラビアがイコールになってきております。

それ以前はアイドルとして売り出しがグループが水着になって表紙を飾るというのは今よりアイドルグループが少なかったのもありますが非常に珍しい事でした。

もう12年以降になると月に発売されるヤンマガ、ヤンジャン含め色々なマンガ誌の表紙はほぼ48グループや他のアイドルが独占しグラドルの仕事が急激に減っています。プレイボーイの紙面だったりマガジン、サンデーの紙面でグラドルの情報も仕入れていましたが今やほぼ不可能に近い。

正直言うと今グラビアアイドルをやってブレイクする確率が非常に低い中頑張る彼女たちはやはり凄いとしか言いようがない。これは僕の本心です

何が悲しいって今やグラビアアイドルよりもAV女優の方が圧倒的に可愛い。正直今イチオシの女優さんが何人もいますのでそれは後日記事にまとめようと考えていますが

明らかにグラドル市場が狭まっている印象が強いですが他にも言えるのが昔からグラドルをやっている人たちが未だにグラビアをやっている現状、名前をあげると杉原杏璃さん、熊田曜子さん、山本梓さんですかねすぐに思い浮かぶのは

昔なら25歳以上のグラドルは珍しかったのに今やまったく珍しくない。面白いのはアイドルは低年齢化が進み下手すりゃ小学校高学年からアイドルをやるのは珍しくないがグラビアは25歳以上もしくは30歳以上からグラビアをすることが当たり前という面白さ。この辺はもっと詳しく調べてみるのも面白いかと思っています

ホント彼女たちは何を求めてグラビアアイドルになったのか全員に聞きたいぐらいですね

ということで今やアイドルグループに押されている印象が強いグラドル業界、今後の展開た楽しみです

終わり!

|

« 篠田麻里子卒業とAKBの今後について考える! | トップページ | 夏菜の素顔に迫るパート2byしゃべくり007 »

映画・テレビ」カテゴリの記事