« リアル~完全なる首長竜の日~の初日舞台挨拶を観てきました! | トップページ | JUNONガールズ二代目女王・川鍋朱里について考える! »

AKB48「さよならクロール」の大握手会に行ってきました!by幕張メッセ

本日は幕張メッセで開催されたAKB48の握手会について

今回の握手会は総選挙にも関わる「さよならクロール」の握手会。いつものごとく一度は生で観てみたいという好奇心からメンバーに会って参りました

今回対象にしたのは柏木由紀、指原莉乃、島崎遥香、佐藤すみれの4人

前日に映画の初日舞台挨拶で綾瀬はるかちゃんと中谷美紀さんを見てきたためどう考えてもその興奮を越す事はないと思っていましたが・・・

では感想です

柏木由紀
昨年の総選挙3位、神対応と言われている握手とはどういうものなのか?楽しみにしておりましたが、とにかくこんな感じなんだとテレビで見るよりやはり可愛かった。

4部に参加した時点で声が出せませんという張り紙が、昨日の疲れと朝からファンの対応をしているならそうなるだろうと、とくにゆきりんはスゴイ行列でしたし、だが「選挙頑張って」と言ったら紙に書かれた「がんばる」という文字に指をさしガッツポーズのジェスチャーをしてくれたので、なるほどこれが神対応というものかと感心しました。ちょっとした隙間から見えた足元もヒールを脱いでまで頑張っていたのも流石だなと

指原莉乃
博多に飛ばされるが今一番48グループで露出があるのは間違いなく彼女、だが世間的にはあまり可愛くないと言われております。もちろん僕も失礼を承知で言いますがアイドルとしてルックスはイマイチと思っておりましたが実物を観てきましたが、そうでもなかったです。

彼女はルックスではなくキャラですから注目するべき部分は、ただ単に肩書が「アイドル」ということがさしこの見た目のハードルを上げているかもしれないです。世間一般で観れば十分に可愛かった。

島崎遥香
ぱるるは次期エースと言われこの1年運営側にも推されまくっている印象が強い、だが握手会は塩対応とゆきりんとは真逆。

確かに塩だったゆきりんは声が出ない状態にも関わらず、ヒールまで脱いでも起っていたのに、ぱるるは椅子に座ってテンションが低くまさに塩対応。まあ塩対応がぱるるの特徴なのでそこの部分は別に問題ないですけど、明らかに疲れがたまっている印象でした。ぱるる体力があまりないんだろうなと感じましたね、やはり上位メンバーは体力も違う模様

佐藤すみれ
すーめろに関しては顔だちがとにかく好きでAKB48の中では一番推しております、すーめろの次はゆきりんという感じなのですが

可愛かったー!

ツインテールが似合う女子は貴重なんですよホント。とにかくすーめろの場合はAKB48でなくても好きになってしまう顔だちなのでこの子だけは別枠です僕の中では

という感じで一度は生で観てみたいということで今回行ってまいりましたが、いちおう僕は乃木坂46推しなんですけど48グループに関しては各グループに推しているメンバーはいるので大変です

さて今回の握手会でわかった事は握手会のブースもやはり選抜組とそれ以外では明らかに差がありまいた。ゆきりん、さっしー、ぱるるは個室のような形式でカーテンがあり、ガードマンがいる体制

だがすーめろなどはパーテーションもなく、ガードマンもいない開放された場所。一応レーンはありますがレーンの広さも選抜組は5列できるぐらいの幅ですが3列ぐらいしか出来ない広さ。Photoまあ今回は第握手会で100レーンあったので同じ広さでは出来ないですがこうも差があるとはhttp://www.kingrecords.co.jp/img/usr/akb48/0602-31thcrawl-member.pdf

だがそういう作りのおかげで他のメンバーの姿を見ることが出来るので案外ラッキーだったかも、だが峯岸みなみも個室の作りなのは驚いた研究生に降格しているはずなのに選抜組と同じ感じだったのは

まあめちゃイケ以降普通にテレビ出演も多いですし研究生と言う肩書だけなんだんと何か拍子抜けと言うか運営の考え方が良くわからないです。

色々な思いがある握手会ですが

今年は各48グループの握手会には行ける限り予定ですHKTはメンバーが若すぎるのと、まったく会ってみたい人(指原除く)ので行く予定はないですけどね。やはり記事を書くにあたり実物を見ないと説得力がないですから、お金が掛かっても観てみたいメンバーをとにかく見てくるつもりです

ブログのための資料集めになっていますけどね。

ということで次回の握手会の感想は8月、9月乃木坂、10月NMB48。直近では「極道の妻たちNeo」の初日舞台挨拶を8日見てくるので原田夏希さんを生で観れるため非常に楽しみです

終わり!

|

« リアル~完全なる首長竜の日~の初日舞台挨拶を観てきました! | トップページ | JUNONガールズ二代目女王・川鍋朱里について考える! »

映画・テレビ」カテゴリの記事