« 松坂桃李・綾野剛の素顔に迫るbyおしゃれイズム | トップページ | 木村拓哉と柴咲コウが10年ぶり連ドラ共演について考える! »

2013年7~9月クールドラマの視聴率について考える!パート2

本日は7~9月クールのドラマの視聴率について

TBS日曜21時の「半沢直樹」がぶっちぎりの視聴率を獲得している7~9月クールの気になるドラマの視聴率を観ていきたいと思います。

まずは「半沢直樹」から現在の視聴率推移は
19.4%、21.8%、22.9%、27.6%、29.0%
という感じです

もう凄すぎます「家政婦のミタ」の再来かという状態なので同じくミタの5話までの視聴率ですが19.5%、18.7%、19.8%、19.5%、22.5%という推移です。この後の視聴率は知っている方は知っていると思いますが最終回にて40.0%という数値を叩き出しました。

実はここ最近のもう一度調べないと分からないですが10年以降話数を重ねるたびに右肩上がりで視聴率を伸ばしたドラマは無いです。正直全話通じて「家政婦のミタ」までは行かないにしろ全視聴率が右肩上がりで伸びを記録したら非常にスゴイことだと思いますね。

次回は30%越えなるかならないかという所かなと非常に楽しみ。

一方、実は最近記事としてあげられていたのを呼んだのですがTBSが「半沢直樹」よりも推したかった木曜21時「ぴんとこな」ですがジャニーズを起用し若手の俳優を集めた作品ですが視聴率は8.7%、7.6%、8.7%、5.9%という散々な数値です。

ジャニーズドラマは肖像権等の問題もあるのであまり再放送もないためファンが録画していると想像つきますが数値だけ見ると酷過ぎますね。ここ最近のTBSがジャニーズ主演のドラマで成功したイメージが記憶に無いですね「南極大陸」「ATARU」辺りですかね挙げるとすれば

多分、TBSはジャニーズ離れが進むような気がします。結局視聴率がついてこないとスポンサーに顔向けができませんのでね。でもTBSもジャニーズとは蜜月関係なので無理かなやっぱり

TBSだけでもここまで差がつくとはホント思いませんでした。

さて次に観るのがドラマと言えばフジテレビということでフジテレビを観ていきたいと思います。

毎回取り上げますがやはり月9というのは既に地に落ちている印象はありますがドラマの放送枠としてはやはり注目される枠です。

現在放送されている「SUMMER NUDE」は視聴率推移が17.4%、12.8%、10.8%、13.4%、11.7%という感じです。ここ最近の月9の視聴率としてはいたって普通の数値という印象です前クールの「ガリレオ」は20%前後視聴率を獲ると言われていたドラマ。それにもともと人気作品の続編ということを考えると比べるのは酷だと思うのでその前のドラマ「ビブリア古書堂の事件帖」と比べると同じような数値です。

だが今回注目すべきは他にあると思っていましてそれは火曜22時「スターマン」と水曜22時「ショムニ2013」かなと

まず取り上げるのは「スターマン」ですが視聴率推移は10.5%、9.6%、8.5%、8.2%、7.3%です。逆「半沢直樹」状態ともいえる話数を重ねるごとに数値を落としております。久々に広末涼子さんが主演ということでどうなるかと思っていましたがやはり視聴率は伸びなかった印象です。若手の注目株が多数出演している作品なので今後の伸びに期待

「ショムニ2013」18.3%、13.8%、9.9%、11.7%という推移。ここ最近で8.4%も初回から視聴率を落としたドラマは多分なかったはず。その裏では今日本でもトップクラスの実力があると思っている女優さんの1人である満島ひかりさん主演「Woman」13.9%、11.3%、11.4%、13.9%、12.6%、14.7%と数値を伸ばしております。日テレの水曜22時枠は非常に面白いテーマの作品が多い枠なので面白いくらい視聴率に差が出る枠の印象があるのですが満島さんの好演もありシングルマザーという難しいテーマを見事な作品に仕上げています。ホント昔アイドルだったとは思えない良い女優さんになりました本当に

実はよくよく考えるとフジテレビの「スターマン」と日テレの「Woman」は形は違えどシングルマザーを主役にしたお話ですがまったく違う結果になるのが面白い。「スターマン」堤幸彦監督、岡田恵和脚本という凄い面子で作品を制作していても視聴率に繋がらないのは主演もそうだがやはり脚本が重要という点でしょうね。リアル感が無いんですよね現代の日本で「スターマン」は一方「Woman」はリアル感が凄いので日テレは本当にこういう作品を作るのが上手いと感じます。

とりあえず僕が気になったのはこんな感じですかねタイミングを見て残りのドラマを分析したいと思いますがやはりドラマの視聴率って面白いです。

そして忘れてはいけないのが視聴率ネタを書く時は必ず書きますが録画率等の数値が分からないためあくまでリアルタイム視聴の結果にて記事を書いていますのであしからず

ということで7~9月クールのドラマは「半沢直樹」の視聴率がどこまで伸びるのかを楽しみにしていきたいと思います。

終わり!

|

« 松坂桃李・綾野剛の素顔に迫るbyおしゃれイズム | トップページ | 木村拓哉と柴咲コウが10年ぶり連ドラ共演について考える! »

映画・テレビ」カテゴリの記事