« 黒髪版・ギャル版関東一可愛い女子高生グランプリについて考える! | トップページ | 元AKB小森美果が芸能界引退という記事を読んで »

2013FNS27時間テレビが過去最低視聴率だったことについて考える!

本日は放送から1週間経ちました2013年のFNS27時間テレビの視聴率について思う所を来年振り返れるように書いておこうかと

なんでも今年の27時間テレビの平均視聴率が過去最低9.8%だったということで、それではそれ以前の視聴率はどうだったのか?という所を観ていくと

2000年以降
00年
総合司会・中居正広、平均視聴率・11.4%、瞬間最高視聴率・26.5%
01年
総合司会・なし、平均視聴率・11.6%、瞬間最高視聴率・27.5%
02年
総合司会・みのもんた、平均視聴率・11.6%、瞬間最高視聴率・20.3%
03年
総合司会・みのもんた、平均視聴率・10.3%、瞬間最高視聴率・不明
04年
総合司会・中居正広・ナインティナイン、平均視聴率・16.9%、瞬間最高視聴率・32.7%
05年
総合司会・笑福亭鶴瓶、平均視聴率・13.0%、瞬間最高視聴率・25.4%
06
総合司会・中居正広、平均視聴率・12.6%、瞬間最高視聴率・27.5%
07年
総合司会・香取慎吾、平均視聴率・12.4%、瞬間最高視聴率・22.7%
08年
総合司会・明石家さんま、平均視聴率・13.8%、瞬間最高視聴率・26.7%
09年
総合司会・島田紳助、平均視聴率・13.8%、瞬間最高視聴率・25.0%
10
総合司会・島田紳助、平均視聴率・12.6%、瞬間最高視聴率・23.7%
11年
総合司会・中居正広・ナインティナイン、平均視聴率・14.0%、瞬間最高視聴率・29.8%
12
総合司会・タモリ、平均視聴率・14.1%、瞬間最高視聴率・26.4%
13年
総合司会・女芸人イレブン、平均視聴率・9.8%、瞬間最高視聴率・20.8%

これを見てわかるとおり総合司会は誰でも知っているような面々なわけです。その中で2000年以降で一番高かったのが04年の中居くんとナイナイの総合司会。平均視聴率が17%に迫るって以上ですよホントに

昨年の27時間テレビは総合司会はタモリさん。テレビ離れが進む時代に2000年以降で2番目に高い平均視聴率でした。

では昨年と今年何が違っていた?と考えると単純に総合司会でタモリさんと女芸人イレブンではレベルの差がありすぎるのもありますが、深夜にBIG3(タモリ、たけし、さんま)の3人が揃うのでは?という期待感。タモリさんと数年ぶり数十年ぶりに絡む(とんねるず、ダウンタウンなど)という点など

ハッキリ言って1つ1つのコーナーのゲストレベルが違い過ぎがという所もあるのですが

一番の要因は色んな記事に書かれている通りに内輪ウケのみを考えた番組構成だったからではないでしょうか

ハッキリ言ってエンディングを迎える19時台にFNS各局の社員いわば素人の中途半端な芸を見せつける視聴者の事をまったく考えていない番組構成。さらに女芸人の母親これまた言い方悪くて申し訳ないが素人のババアを見て誰が嬉しいの?と

亀山社長に変わってから面白くなると思いきやまさか最もつまらない内容になるとは

さらにエンディングを迎える重要な場面で総合司会の森三中が裏番組の都合上で出演出来ないと言う意味不明な点。総合司会が裏番組の都合上で出演しないなんて前代未聞

まあその総合司会が視聴者を引き付ける要素がまったくない女芸人であり、謎のテーマ「女子力」という部分

AKB48の渡辺麻友頭蹴り事件など、別の意味で盛り上がったのが今年の27時間テレビだったのではないでしょうか?この騒動に関しては90年代からバラエティを見ている方たちにとってや僕としてはまだまだこんなレベルでは甘いという感じでしたけどね。ただ男が女の頭を蹴るという視点に置いては問題はあると思っています台本があることが分かっていても

この記事を書くに当たり昨年の27時間テレビの録画した映像を見ているのですが、昨年はブルーレイ25GB4枚にまとめたのに今年は僕にとって残すべき価値があると思った部分は1枚。それも恒例のさんま・中居の今夜も眠れないと深夜の大反省会の部分のみ司会全く関係ない部分でした。

やはり司会って重要なんだなというのがハッキリしました、もちろん内容が伴っていて初めてということもありますが、なんか日本テレビが24時間テレビの司会に嵐を持って来た理由が27時間テレビを振り返るとわかる気がする。総合司会って重要なんだなと

まあフジテレビがこの反省を来年行かさなければますますヤバいでしょうね。

ということで思わぬ形で結果を残したFNS27時間テレビ来年こそは面白い番組を作って欲しいものです。

終わり!

|

« 黒髪版・ギャル版関東一可愛い女子高生グランプリについて考える! | トップページ | 元AKB小森美果が芸能界引退という記事を読んで »

映画・テレビ」カテゴリの記事