« SMAP「40分メドレー」に反響という記事を読んで | トップページ | ヴァイオリニスト宮本笑里のリサイタルに行ってきました2013! »

彼女の前では甘えん坊芸人を観るbyアメトーク

本日は非常に気持ち悪い姿が見れるアメトークについて

今回のくくりは「彼女の前では甘えん坊芸人」。怖い怖すぎるある意味世の男どもの気持ち悪い姿をさらすことになる可能性が

では観ていきましょう。

お客さんの悲鳴が多そうな回とホトちゃん、宮迫さんもひくんじゃないかなと恐れる中登場した芸人そしてくくりを発表

若手プレゼン大会にて鬼ヶ島おおかわらさんがプレゼンした企画。甘えん坊というのを喋ってが弾圧を受けていた、だが男なら多少ダレでも持ってるモノと彼女との信頼関係をこの場で発表出来るとはとテンション高めだが客席全く反応せず。

サバンナ高橋さんは正直に言えば、みんな甘えん坊。だが彼女が韓国に帰り残っているのは冷蔵庫に残っているキムチのみ。木下さんはこれは彼女のみ、女性も甘えているはずと

アントニーを観て宮迫さんは日焼けした?と聞くと富士山の頂上に4日間いて人生で一番今が黒いと、だが母親と宮迫さんにしか気づかれなかったと話がそれたところで

まずは甘えない芸人と女性の立場からということでバカリズムさんと大島麻衣ちゃん登場!バカリズムさんは女の子苦手芸人で心のセキュリティが強い。麻衣ちゃんは甘えられるのは結構好き!好きな人だったら甘えられたりくっ付かれたりするのは好き

甘えん坊の基礎:好きの良い方だけでも様々
高橋:語尾を伸ばすタイプ。「好き~~~~~♡」と、起きたてですぐに行ける
アントニー:ちゃんと発生せず「んん♡」。英語は全く英検5級落ちているので
ジューシーズ児玉「たまらん♡」

この発言にバカリズムさんが心を閉じはじめる中。
児玉:たまらんがMAXになるとミニソングを歌い始めると
だがバカリズムさんは歌って、何が楽しいんですか?と冷静

フジモン:オーソドックスに「大好き」「大好ち♡」「大好きだよ」「大好きだゆ」。MAXになると歌ったり踊ったり、前にユッキーナがいると近づきながら「ブリブリアイラブブーリン」とだがそれをやっている時に無表情とのこと

フルポン村上「トゥキ♡」
ロンハーでドッキリの時もだいぶ甘えてきたと麻衣ちゃん。村上さんもソング系。
村上:「好きやねん」と関西人じゃないが言う。
コカド:LOVE星人になる。LOVE星雲のLOVELOVE星から来たLOVE星人として電波を送る

この発言に客席から悲鳴
だがコカドさんはその時も滑舌が悪いのが欠点と

おおかわら:甘えん坊過ぎて自分の意思が出せない。感情がコントロールできない赤ちゃんタイプ。「好き?」と聞かれても赤ちゃんみたいに答える。あらに聞かれても赤ちゃんみたいに答える

またも客席から悲鳴。バカリズムさんも冷たい目に

麻衣ちゃんは普通に「好き」と言ってくれればいい。コカドさんの奴はまったく分からない。ここでコカドさんが麻衣ちゃんに言わせると麻衣ちゃん「わからない」と電波が受け取れず

彼女や奥さんを何と呼んでいる?
おおかわらちなみ→ちぃちゃん→ち。自分もあつし→あっくん→あ。毎晩の行事として「あ」は「ち」の「ち」は「みんなの」と

アントニー:大島麻衣ちゃんを呼ぶ場合。まい→まいちゃん→ちゃんまい→ちゃんちゃん。スゴイ好きな時はちゃんちゃんちゃん♪

木下:前の奥さんをなおみ→なおみちゃん→なおたろう。たかゆき→たかボー→ボー。だったが離婚・・・。離婚する直前はアンタ

村上みゆき→みぉちゃん→ちゃん→やん。名前を呼ぶ時に連呼出来るから

:姉さん女房でえみこ→えみちゃん→みぃちゃん→えみたん。自分はのぶゆき→のぶたん。ある日間違えて自分をのぶたんを言ってしまった事があった。だから互いにのぶたんと呼び合っている

平子:アニマルありきで名前を決めていく。自分は子ブタのピーちゃん、嫁のアニマルネームはまゆみ→小グマのミーシャ。

バカリズムさんなぜ人間から離れたい?
:懐に入りやすいから
高橋:何も言わずによると気持ち悪いから

甘え方パターン♡
おおかわら
:スタンダードに彼女がソファで自分がベットで寂しい時は何かに気付くところから始まり彼女に興味を引かせる

来て欲しい時はどうする?とMC陣に質問すると
宮迫:普通に横に座るだけ、だがこの発言に仮面夫婦やと

高橋:来てほしい時は音を出す。モスキート音てきな
:音、動物パターン。ネコや小鳥の鳴きマネ、あとは子供の頃一番可愛いと思っていたのが「おーい!はに丸」だったのはに丸とひんべえのやり取りが鉄板
アントニー:見た目でクマに似ているのでクマさんの人型ロボットになり、構ってほしい時は「故障しているー」と言って構ってもらう
村上:ギュッたんゲーム。ギュウの部分で彼女に抱きつく
おおかわら:叱られたい
フジモン:自分から一方通行で行く事が多い。ユッキーナが台所で作業している時にラブ・アロンアルファとしてぺたっと貼りつき「もう一生離れませーん」と言うも「ウゼェーから向こういけし」と言われるのでメリメリメリと離れる。他にもラブ・シートベルトとしてソファで座っている時に後ろからシートベルトの様に手で挟み「右カーブ左カーブ」とハシャギながら歌で「恋はもたれあうものっさリクライニーング」と

ここでバカリズムさんは先ほど潜在的に持っていると言われたがここまでするなら死んだ方がまし

児玉ニャンコロベイビー。エンジェルの所に行き可愛い猫が出たら成功で可愛くないのが出たら失敗。エンジェルの近くに行きドラ猫の鳴き声をされたら逃げる。たまにセクシーガールというのが出てきて近づいたら「セクシーガール」と前に来ると「積極的な女性苦手」と言いながら逃げる。

だが児玉さんが熟女芸人なので想像するだけで怖いと

コカド:基本となるのはひざ枕。ひざ枕で耳かきをしてもらっている時に怒られたいし甘えられたいので耳かきしづらくして「やりにくいでしょ」と言われてMAXになると彼女の太ももに顔をうずめる。そうすると「出来ないでしょ」となる・・・とコカドさんだだスベリ

木下:スネた流れでワザと怒る。ちょっと相手してくれなかったら子供っぽくスネる。それでも振り向いてくれなかったらソファに隠れる。その時はあえてお尻を見えるようにして「みーつけた!」と来たら「見つけられたのであります!」と言う。

41歳木下さん甘えた相手と結局離婚

:家の中で結構やるのはちょっとしたケンカの後に「家出てってやる」と言いながら少し移動しながら相手を観る動きをする

おおかわら:ちょっと不機嫌にしていると相手がちょっかいかけて来て「頑張れ頑張れ!」と行って来た時に喜んで近づいていく。

児玉:児玉なのでダマベイビーと言われエンジェルが手拍子で「ダマダマベイビー」と言うと伝統芸能的にダマベイビー歩きをする。

フジモン:イキ過ぎて怒られることが良くある。行ってきますのキスをするが地方の泊りで2日くらい会えない時に2日分のキス(チュ金)をした後に振り向いたら思いっきり口を拭いていた。そして目が合った時に「ツバ臭えからしょうがなくね」と言われた

:キスした後に行ってきますと行くが絶対に見送っていないと思いながらも視線を送り続ける
木下:電車の窓ガラス越しに部屋を観ていた

おおかわら:甘えてばかりいると通常モードが恥ずかしくなる
平子:自分が動物モードなのに相手が違う甘えの一方通行が生まれると結構な剣幕で叱る。ミーシャの手ってが無いと言うも相手がジラすとMAX完全ブタになり壁や床を爪で研ぐ。だがリアルだとクマはブタ食べるからと宮迫さんに言われるとシルバニアファミリーを考えてくれればと

MAXの甘え方
おおかわら:タオルケットを甘え道具として、テレビを見ている時に構ってほしいと思ったらタオルケットを使い富士山や東京タワー、山脈を表し最終的にはタオルを被って「何処にいるのー」と、流石にこれは彼女に一番甘えたい時に発動する

バカリズムさん僕今ハッキリと引いた。ちゃんと引きました

平子:森設定言っていますが森の裁判を行う時がある、自分が一方的に甘えたい時に発動。強引に法廷状態に持ち込みブタやクマのぬいぐるみを傍聴人として自分はミミズクの裁判長として罰で小鳥のチュッチュなど有罪があるというか100%有罪。極刑はお腹ブーブー。お腹をブーを拭くと相手はくすぐったくて必ず笑う。

ここでホトちゃんが実験台としてやってもらうとお腹の白さと綺麗さに驚く中極刑を実行するとホトちゃん爆笑。バカリズムさんにも挑戦するとまさかの爆笑。極刑を言い渡すために形上裁判をすると説明するとバカリズムさんは「そんなのどうだっていい」と辛辣に

甘えん坊の瞬間
実際にどうやって甘えているかを塙、平子さんの映像を観ることに

塙さん
帰って来た瞬間に犬のマネやネコのマネをして近寄り甘えだすと奥さんも優しく付き合い。

平子
顔出し映像にて「構って?」と後片付けをしている奥さんに甘えはじめる平子さん。そしてチューを求めるとそれにやさしく付き合う奥さん。さらにパソコンをいじっている時に奥さんが大人の人のように喋ると駄々をこねだす平子さん。最終的にはパソコンを取り上げてギューギュー(抱きしめて)と言うも奥さんが拒否。だが最終的にはギューギュー

麻衣ちゃんは鳥肌立ったわ、バカリズムさんは今後アルコ&ピースをテレビで見ても一切笑えないと

平子さんはテレビに出す以上は押さえている、本来はコンプライアンスの向こう側の状態。だが宮迫さんはコンプライアンスの向こう側は逮捕と

ここでせっかくなのでバカリズムさんに甘えん坊テクを覚えてもらおうということで、タオルケットで甘えん坊に挑戦

森の陪審員にも観ててもらおうとぬいぐるみが並べられる中。麻衣ちゃんを相手に呼び方としてはまいちゃん→ちゃん→やん→にて、タオルケットを使って富士山、東京タワー、山脈最終的にはタオルを被って「見えないよー」と歩き回る。

終わった後「何でもするんでO.A切ってください」と、良くテレビでやったよねと感心するとバカリズムさんは周りから褒められ、麻衣ちゃん「バカリちゃん」を呼ぶのに応えるも後悔して宮迫さんに泣きつくバカリズムさん。

という感じで終わった今回ですが

正直言うといくら外でカッコよく見せようとしても男も女も二面性はあるものです。

今回は予想通りに客席からの良い悲鳴が聞こえてきましたけど、過去を振り返ると自分も近い事をしているのでは?と思い急に恥ずかしくなりましたね。

リーダーのおおかわらさん一歩が大きすぎて他メンバーを大きく引き離していましたが、まああれくらいぶっ飛んでいればいいです。何事も中途半端が行けない気持ち悪いですけどぶっとび過ぎて

改めて自分を思い返すととんでもないメール送っている気がする、多分他の人に見られたらそんな人だと思わなかったと言われそうな、これはみんなやっていると思いますけどね

イヤー参ったなー。これ女性バージョン聞きたいですけど女芸人の話聞いてもしょうがないしなー。可愛い芸人ココ最近増えてますけど知名度がほぼ皆無だし

バカリズムさんの最後の姿はもう見れない。悲しい映像だ本当に

ということで男女ともに好きな人にしか見せない姿はあるものです。今回の放送は誰もがやっている事だと思いたいと思います。

終わり!

|

« SMAP「40分メドレー」に反響という記事を読んで | トップページ | ヴァイオリニスト宮本笑里のリサイタルに行ってきました2013! »

映画・テレビ」カテゴリの記事