« 掃除大好き芸人延長戦を観るbyアメトーク | トップページ | NMB48「僕らのユリイカ」発売記念握手会に行ってきました!by幕張メッセ »

長瀬智也の素顔に迫るbyA-Studio

本日はTOKIOの長瀬くんが出演したA-Studioについて

1月にしゃべくり007で取り上げてから半年。しゃべくりとは違う話が聞けるA-Studioでどのような話が聞けるのか楽しみにしておりました。

では観ていきましょう。

もともと土台がイイ人と鶴瓶師匠。登場した長瀬くんは陽気な感じでピースサイン!

2回目の登場、10年7月以来だがおもしろい人だと鶴瓶師匠。

親の育て方が良かった!と伝えると長瀬くんはいつも炒飯しか作ってくれなかったですけどと、さらに友達も面白い人間が多かったと、前回取材した田口さんから

泳げないのにサーフィンが大好き?
サーフィンはたしなむ程度。行く時は助けてくれる人と一緒に行く。パドリングで腕が疲れてしまい流されてしまっている時に足に捕まれと言ってくれて自分を運んでくれる人にキュンとくる

深海魚が大好き?
最近他局でダイオウイカの特集しているが大好き!日本近郊の海はダイオウイカが凄く生息する海。深さ1000mぐらいにあるがもともとダイオウイカは浅瀬の生き物、天敵のマッコウクジラから逃げるために住みやすい環境へ行ったと

謎が多くてそれを自分が想像できるのが面白い!

ここで恐竜が大好き!という話になると図鑑に載っている色は人が決めているモノ。体型に関してもウソでもないが答えでもないし色も分からない。ピンクだった可能性だってあると長瀬くん

汐留トンネルのとある場所でオナラの匂いがするというのを発見した?
そうです。ある時マネージャーが運転する車の後ろに乗っていた際にトンネルをくぐる際に異臭がした。自分に覚えがないのでマネージャーを疑いしばらく静寂が続きある時プライベートで運転して同じルートを通った際に「臭い」と感じで、汐留トンネルという名前だったのでネット検索したら「汐留トンネル」スペースと入れたらオナラ・屁と引っかかった。自分以外にも気づいた人がいたことを知れてうれしかった。

みんなに伝えると会う度に臭かったよ!と言ってくれるのが嬉しくてしょうがない。

今回、鶴瓶師匠は取材で汐留トンネルに行ったがこの時は全然におわなかった。だがカメラマンは臭いと言ったので匂う人と匂わない人がいる。ブログに書き込んでいる人によるとオナラの3倍臭い!もはやウ○コ

続いてはたまに訪れるガソリンスタンドで飼われている豚のマサルに会いに行った師匠。この豚の方が臭かったわ!と

地元のアイドルで大人たちが飼育するに当たり部屋を掃除をしていると大人には威嚇したりするが子供だと大丈夫と長瀬くん

師匠は大声で名前を呼んだらむくっと起きて自分には威嚇してこなかったと。それを聞いて長瀬くんは仲間だと思ったんじゃないですか?と

このマサルが飼われているガソリンスタンドは幼馴染とスケボーをやっていた場所

続いては親しい先輩のコブクロの小渕さんに話を聞いた話へ

未だに東京になじめなくて地元に帰ってスケボーをする?
神奈川県民の魂が捨てられない。TOKIOですけど

単車の色を塗りたいと相談した際に自分が色を塗ると言った?
自分で作りたい何でも、人にこんな色でこんな絵でと言っても自分の頭の中のモノが出来ることはない。オートバイも音楽も自分の頭にあるものを再現したいと結構思う。

普段小渕さんは一緒の飲むと面白い人。

西田敏行さんとも会っている?
タイガー&ドラゴンで共演してからお酒を飲む会に誘って頂き、俳優の桐谷健太も一緒にいたが師匠に先に帰ってもらうためタクシーを止めて乗って頂いたが誰もが知る俳優さんのため運転手さんに気付かれて気まずくならないようにしようと思ったら西田さんが運転手に名乗りだした。

西田さんは歌も上手いでしょ?
バンドセットがある飲み屋に行った際にいきなりアドリブで歌詞も即興で歌い出す。言う言葉で目の前にいるお客さんを盛り上げる。ドラマをやっていても毎回テイクを重ねるごとに芝居が変わっていきそれを観ると遊んでいる子供みたいに感じさせてくれて嬉しい。

俳優もやっているが歌手もやっていますよね?
詞は覚えられない。歌番組になるとお客さんよりもカメラ優先で歌詞を間違えない、演奏を間違いないようにという要素を大事にするが、ライブは違う。

そんなことよりもお客さんを盛り上げることを考えてしまうとそのままそっくり1番の歌詞が2番になったりも、最近は最新技術で目の前の画面に歌詞が出るようになっていてちゃんと覚えてないとライブビデオを観ると顔は前を向いているが目は下を向いている。

続いては長瀬くんのギターのテクニックについて
師匠は長瀬はスゴイ!小渕さんも言っていたが最初はギター屋であった最初はあまり知らないので話さなかったが3回ぐらい会った。それから何度か食事もさせてもらった

ギターを探している長瀬くんのために小渕さんの友人が探しだし、後日、居酒屋の個室で一緒に試し弾きをした。その時にいた周りの人がこんなに上手いの!という状態だった

ギターは11歳から始めている。「MTV UNPLUGGED」にも08年に出演。

ギターは誰に教えてもらった?
色んな人に教えてもらったが得意分野が違うのでメンバー内で教えてもらう事はなかった。

TOKIOのメンバーについて
国分はどんな奴?
皆さんがテレビで見られているまんまですけど凄くマジメ。バンドをやってぶつかったりする際に太一くんは中和してくれて露骨に止めたりせず一人一人ケアをしている

山口はどんな奴?
バンドではベースだがリズム隊で後ろから見守るスタイルをグループでも反映している

松岡はどんな奴?
基本変わらない。近い人間だからこそ凄く気を遣う。親しき仲に礼儀ありを垣間見れる

城島はどんな奴?
メチャクチャモテます。他のメンバーと違ってイイ意味でオンとオフがある。リーダーに関してはふり幅がデカい。

プライベートは20年間一緒にいるが謎。都内に住んでいるかいないのかもわからない。

続いては長瀬くん自身の話、格闘家の勝村周一朗さんの話
お母さんがやっているお店のバイトを勝村さんがしていた際に、格闘技やらないの?と長瀬くんに聞いたら「人の顔を殴れない」。小中高と一番先輩後輩関係が厳しい時から優しくしてもらった。

勝村さんはずっと格闘技を続けていてチャンピオンになった。だが最初は何べんも負けていて、その際は鎌倉の児童養護施設に勤務していたので「リアルタイガーマスク」とニックネームがついていた。無敗のチャンピオンに挑んだ際に誰しも相手が勝つと思っていたが、タイトルマッチをやるので記念に見に来てくれとメールで連絡をもらったので地元の仲間と観に行った。その時は勝とは思ってなかった勝っても負けてもどっちでもいい。今の彼が見れればそれだけでいいと思っていたが

試合前に会わないようにしていたがたまたま廊下であってその時に贈った言葉が「勝たなくてイイから」と言われそれで力が抜けてものすごく自然に試合が出来るようになったと勝村さん

何でそんなことを言った?
自分が来た事によって重荷になって欲しくなかった。彼の場合はチャンピオンになろうがならまいが、僕自身好きでやっているというスタイルがカッコいいと思っていたのでそれだけで十分だと思っていたし、チャンピオンと言う肩書はスゴイ欲しいだろうし、望みたいけれどそれ以上ないモノがあると思ったので「勝たなくていいんじゃないかな?」リングに立てただけで十分だなと感じたので咄嗟に言ってしまった

本当はタイトルマッチで縁起が悪い言葉かもしれないが、チャンピオンにはKOで勝った。彼はタイトルマッチ直前のインタビューで冗談めかして言った通りに勝利をおさめ。ガッツポーズをとった際に元気をもらった、久々に目頭が熱くなった。

減量していた勝村さんにカツサンド10人前差し入れした?
逆に早く食べたいと言う心がいい方向にいかないかなと、自分とは違う世界で頑張っている姿を見ると僕も力をもらえるし、自分からも力を与えられていたら嬉しい。

最後は鶴瓶師匠の語り
あれを嫌いと言う奴はいない。ジャニーズの王道。それでいてギターの技術ハートの良さ。長瀬智也というのはTOKIOというグループにいると素に戻れる。身近な人間に言えない事をメンバーには言える。家族以上恋人以上の関係がTOKIO。TOKIOの作ってくれた曲が流れるとメンバーに会いたくなる。こんな幸せな人はいない。

という感じで終わった今回ですが

長瀬くん男前だな考え方だったり熱い男です。

長瀬くんをしっかり見たのって良く考えると1月のしゃべくり以来だったんだな。やっぱカッコイイ男だ

長瀬くん鉄腕ダッシュしてなかったらダイオウイカに興味持ったのかなーとふと思ってしまった。やはりジャニーズで一番自然と接しているから色々考え方変わったんだろう

鶴瓶師匠がここまでホメるとは、ギターで「MTV UNPLUGGED」に出演しているとは思わなかった。あの番組は日本で人気があるから出演出来るというレベルの番組ではないのでホント驚きました。知らなかった勉強不足だな

最後に師匠が語ってましたが確かにTOKIOは面白いしなTOKIOを嫌いになることなんて確かに無いな僕は、たまーにしか番組見ないですけど見たら必ず面白いし

SMAP・嵐がジャニーズでは目立っている印象だがそれを支えているのもTOKIOの存在が大きいのかもしれませんね

ということで長瀬智也。これからもジャニーズの王道として突き進んでほしいと思います。

終わり!

|

« 掃除大好き芸人延長戦を観るbyアメトーク | トップページ | NMB48「僕らのユリイカ」発売記念握手会に行ってきました!by幕張メッセ »

映画・テレビ」カテゴリの記事