« 水原希子・黒田エイミの素顔に迫るbyおしゃれイズム | トップページ | 第38回ホリプロタレントスカウトキャラバングランプリ佐藤美希について考える »

新月9松本潤主演「失恋ショコラティエ」について考える

さて本日は来年の月9ドラマが発表されたのでそのことについて

既に先週にドラマの情報は入っていたのですがめざましテレビで発表されたので今回は取り上げてみようかなと

さて気になる月9のタイトルは人気コミックの「失恋ショコラティエ」ですhttp://flowers.shogakukan.co.jp/artists/mizushirosetona.htmlNews_thumb_chocolatier07_2簡単なあらすじですがウィキペディアより
高校時代から憧れ続けていたサエコと付き合っている爽太。バレンタインデーの前日、爽太は精魂込めて作ったチョコレートをプレゼントする。しかし、サエコは受け取ってはくれなかった。そもそも、付き合っていると思っていたのは爽太だけだったのだ。

傷心の爽太は、なけなしの金と少々の荷物だけを持って、フランスの有名パティスリー・ボネールを訪れ、雇ってほしいと頼み込む。

5年後、ボネールの日本上陸が決まり、心躍るサエコの目に映ったのは、ボネール日本進出店を支える若きシェフとして紹介される爽太だった。

爽太はただサエコを振り向かせたい一心で修業に励んできた。しかし、サエコは結婚が決まっていた。間もなく爽太は独立し、ショコラ専門店「ショコラヴィ」を開店させる。

僕はこの漫画は知っております。というかスイーツ大好きな僕は食に関係する漫画に関しては情報はいれているので

ブログでもやろうと思えば毎週何かしらこの紹介できるほど色々食べまくっているぐらいですし、チョコレートに関してもバレンタインデーの時期になると各デパートで開催されるチョコレート祭りで各種チョコレートを購入しエクセルにまとめたりしているほど

この漫画たしか以前「王様のブランチ」で作者の水城せとなさんがインタビューを受けていたと思うんですよね。水城先生自身もたしかチョコレートが大好きと言っていたのを覚えております。

多分、恋愛ものになると思うんですけど僕はスイーツが関わると何故か見ちゃう。もう10年近く前になりますが同じジャニーズのタッキー主演「アンティーク」も大好きなドラマでした。

来クールの月9ということでもフジテレビ見え見えだやりたいことがバレンタインデーに何かしらイベントをぶつけてくるだろうと

だが一つ残念な点としてはフジテレビがまたオリジナル脚本でなく漫画原作の作品を使ったという点ですかね。フジテレビもうオリジナル作る力ないのかな?と思ってしまう。

「ビブリア古書堂の事件手帖」で原作を無視した設定で散々な目になった事を学んでいてくれればいいのですが

なのでやるからには原作に忠実な作品を作って欲しいですしまだ続いている作品なので上手い事落としどころを付けて欲しいものです

ということで来年の月9は「失恋ショコラティエ」。フジテレビは成功させることが出来るのか楽しみです。

終わり!

|

« 水原希子・黒田エイミの素顔に迫るbyおしゃれイズム | トップページ | 第38回ホリプロタレントスカウトキャラバングランプリ佐藤美希について考える »

映画・テレビ」カテゴリの記事