« ハーフ芸人を観るbyアメトーク年末スペシャル | トップページ | 小泉今日子・薬師丸ひろ子の2人に感動したby第64回NHK紅白歌合戦 »

アメトーク大賞2013を観るbyアメトーク年末スペシャル

本日はアメトーク年末スペシャルが放送されたのでそのことについて

ハーフ芸人の後に取り上げるのはアメトーク大賞。1年間のアメトークの面白い所がまとめて観られる最高の企画なので楽しみにしておりました。

では観ていきましょう。

今回は4部門。初出場が鬼ヶ島のおおかわらさん。だがそれ以上に緊張しているのが竜ちゃん。

ゲストは佐々木希ちゃん。フジモンは奥さんと仲が良いということでよくご飯に行くが、希ちゃんが笑っていいともで一番好きな芸人は出川さんと言っていたことにお礼を言っておいてと何度も言われたと裏話

流行語部門
20位:相方どうかしてるぜ芸人より博多華丸の華丸「東京にに染まりんしゃった~」
19位:今こそ!家電芸人よりチュートリアル徳井「見くびるな家電の進歩と孫の成長」
18位:体毛のびのび芸人よりワッキー「全部ドゥマン」
17位:アメトーク10周年記念SPより中川家礼二「藤浪がガツーンや!!」
16位:好感度低い芸人より陣内孝則「嫌われ界のミスチル」

希ちゃんは「全部ドゥマン」が大好き!と、だがワッキーは呼ばれず・・・

岡崎さんは大吉さんは東京に染まって福岡のメイクではメイクをしないと、だが大吉先生は時間が無い時はしないだけと

徳井さんは初回に「カイタイトキガ、カイカエドキ~」と言ってしまってから大変だった。
品川さんは陣内さんのコメントに軽くフェイスブックにミスチルに迷惑かけるな!と言われてしまった。

礼二さんはこれ言った後藤浪は調子が良かった来年はガツーン!と行くと、そして何故かグアムの入国審査のモノマネ披露。

15位:オシャレって何なの?芸人より博多華丸大吉の大吉「ローソンの主任です」
14位:
結婚したくてタマらない芸人よりケンコバ「素敵な風景が浮かばない」
13位:
顔で損してる芸人より笑い飯西田「子供ともっと喋りたい」
12位:
本当はスゴイ!松村邦洋より出川哲朗「MY出川」
11位:コイツら中学生芸人よりザキヤマ「た・け・や・ま・さん

ザキヤマさんはあの後オリンピックで滝川クリステルさんが似たようなことを?とマネされた発言

ケンコバさんは皆さんにご迷惑をおかけして来年年明け早々に良い事を発表できるかも?正月にバナナマン日村さんと旅行に行ってきます!希ちゃんが日村さんとCMをやっている際にCMの待ち時間でケンコバさんの話ばかりしていると

大吉先生は再度同じ衣装に挑戦。ローソンの店長へ出世

出川さんは希ちゃんはやっぱ面白い!楽しいですと絶賛。それに照れる出川さん、ここで何故かプロポーズをしろと有吉さんのフリに困惑するも巻き込まれる竜ちゃん。結局ねるとんみたいに出川さんが行くと「ちょっと待った!」と竜ちゃん登場。そして「いいともで名前を言ってくれた時に心臓が飛び出ました」。「出川が面白いんだったら俺もそんなに面白さは変わらないと思います。希ちゃんの事を考えたら肝臓が」とプロポーズするも出川さんが選ばれ、飛び跳ねると何故かスーツのズボンがずり落ちる奇跡のハプニング

10位:ひとり暮らし長~い芸人より有吉「プロとして失格じゃない?」
9位:
彼女の前では甘えん坊芸人よりフジモン「結構喋ります、なかなかCM行かないです」
8位:
体毛のびのび芸人よりココリコ田中「泡なんて一滴あればいい」
7位:
ボーイスカウト芸人より狩野英孝「ウンナンさんの右腕・左腕」
6位:
ハンサム芸人2013夏よりフット後藤「ビンタからのジュリー」

希ちゃんはプロとして失格じゃないが面白かった。有吉さんは風俗嬢の話だからちょうど良かった。あんな風俗嬢だったらいいなーと言うと希ちゃん顔が真っ赤に

フジモン、ナイトスクープあるある。オープニングでタイトル出た人がロケに!と

英孝ちゃんはなんていえばいいんですか?未だに理解できず

後藤さんは僕は言っていない。ここでザキヤマさんから無茶ブリで「ジュリーからの美川憲一」に挑戦。スーパースローで確認すると見事な変化具合でしたがモノマネとして成立せず「我ながら誰?」と

5位:ハーフ芸人よりアントニー「EXILEポイ捨て」
4位:
相方どうかしてるぜ芸人よりブラマヨ吉田「ヒハハ~ア~ン」
3位:
下ネタ大好き芸人よりオアシズ大久保「小豆かと いじくりたおし 大豆かな」
2位:
顔で損してる芸人よりたんぽぽ白鳥「何だ、おめぇ顔長げぇーーな!!」

白鳥さんは初孫だったのにと改めて当時の顔写真が披露されるとフジモンから「使い過ぎた石鹸」と

大久保さんは情景が画に浮かぶし女性だったら共感できるよね希ちゃん?とセクハラ発言

1位:オシャレって何なの芸人より笑い飯西田「昭和昆虫博士」

トロフィーを授与された西田さんは昭和昆虫博士になり「おい!昭和昆虫博士やないか!」とさらに良い服を着ているので学会の時の昆虫博士だと

衝撃映像部門
8位:
おもち芸人で餅つきゲストのクールポコが出演した時に「な~に」の時の直前の顔。「裏からのクールポコ」
7位:顔で損している芸人のオープニングにてバイきんぐ小峠さんが美術班をどよめかせた「枠がピッタリな小峠」
6位:即興コントすぐやる芸人で中川家礼二さんが演じたロケバスの運転手、ロケバスで狭い道を通る時「リアルすぎる礼二のドライバー」
5位:チュート徳井の女装レポート。テレビ朝日アナウンサー鳥飼いずみに扮して胸がAカップと悩みを告白

徳井さんは面白いですねと希ちゃん。徳井さんは鳥飼いずみとしてニュース番組のロケに行きたいバラエティに関わりたくない。女になりたいから

礼二さんのモノマネの中にもっと好きなのありますよ!と希ちゃんに教えたケンコバさんがラグビーの審判のフリをしてモノマネ披露。希ちゃん大喜び

小峠さんはスタジオで枠をハメると奇跡のフィット感。ここで何故かフット後藤さんが巻き込まれジュリーで止めちゃダメよ!と有吉さんにフラれてジュリーの真似。そもそもジュリーはできない!と

クールポコのマネはザキヤマさんがとってもおかしくないと有吉さんのフリにもともとやっていた、オレのあのギャグを知らない?とギャグをパクるも失敗。裏の顔も表も顔も見せよとするも有吉さんからのジュリーのフリ

4位:オシャレって何なの芸人にて雑誌とコラボで色んなファッションに挑戦した際に大吉さんと有吉さんが披露した「攻めたファッション」
3位:中学生芸人でザキヤマさんがカンニング竹山さんに楽屋に訪問してイジりたおした「ザキヤマの竹山イジリ」
2位:ハンサム芸人でフット後藤さんがスイカの種と飛ばし「フット後藤のハンサム種飛ばし」

有吉さんと大吉さんは、大吉さんは40代でひざ下を出すのは社会的不適合者とだが勝俣さんがいますよ!と言われる大吉さん

後藤さんはハンサム疑惑のためスタジオでスイカの種飛ばしからのジュリー。スーパースローで観てみると

1位:彼女の前では甘えん坊芸人で鬼ヶ島のおおかわらさんの彼女の甘え方。極めつけはタオルケットを使っての甘え方「鬼ヶ島・おおかわらの彼女への甘え方」

おおかわらさんはスタジオでタオルケットを使って希ちゃんに生甘え

事件簿部門
4位:
カメラかじってる芸人で品川さんに対して小藪さんが素人が買うレンズじゃない含め容赦ないダメだしの嵐「小藪の品川へのダメだし」
3位:アメトーク10周年SPにて竜兵さんとドラマのポスターのポーズが偶然にも一致していたことをイジったザキヤマさんと恒例のキスのくだりが始まるかと思いきやザキヤマさんにかわされ続け失敗「キスのくだり拒否事件」
2位:出川と狩野のゴールデンスペシャルにて七の段を九九をフラれた際に7×2=2と間違える出川さん。最終的には4×5=20といい間違え、さらに7×8=何が?と怒り気味「7の段言えない」

希ちゃんは7の段を言えないのが面白すぎますね!と、出川さんは緊張しちゃってあんな感じにと言うことでスタジオで最挑戦。途中で「シンデレラ」という謎のキーワードが7×3の後と判明。

竜ちゃんのキスのくだりはザキヤマさんは知らなかったと、何でも勘でも竜兵さんを見ているとは限らないと言われ竜ちゃん激怒。そしてスムーズにキスのくだり成功。逆にすぐヤラレて困惑する竜ちゃん「節操がないよー」

品川さんはあの回はホントは出たくないと言った。ここで有吉さんから甘えていると言われ、甘えん坊芸人のタオルケット甘えをやらされる羽目に、そして新たな「品川が生まれるよ」を披露、そして品川さんから後藤さんにフリをして断るとフジモンから「チャンスやないか!」とやらされる羽目に、後藤さんが「のんちゃん」と言うと希ちゃんではなく岩尾さんの名前が言われ焦る後藤さん、だが最後は「ジュリーが生まれるよ」と

1位:俺たちくされ縁芸人より有吉さんが竜兵さんに本気でダメ出しをしドキドキが止まらなくなった「本番中のマジ説教」

愛があったシーンが受賞。トロフィーを渡された2人はいい笑顔に、わだかまりはない?と聞くとなんでも言いあえる関係と有吉さん。僕が怒られることもありますからと有吉さん。

このフリに困惑した竜兵さんは「忙しすぎるぞ体壊すぞちゃんとやってないと、たまには飲んでくれよ頼むよ!電話出てくれよ!全然電話出てくれないじゃないか!」と言って泣くくだり大失敗。

反省部門
7位:
Tシャツを5秒でたためるとひとり暮らし長~い芸人で自慢して成功した川島さん、ここで負けずに同じやり方で早く出来るとバイきんぐ小峠さん。だが部屋と環境が違う為全くできず「Tシャツを畳めない小峠」
6位:好感度低い芸人にてキングオブ低好感度にてワースト1がキングコング西野さんか品川さんとなった際に1位になった西野さんが絶望し品川さんが「やっとオレの後を継げる奴が」と喜び西野さんにアドバイスをした際に「静かにしてるとどうした西野?」と言われるぞと、そして他のメンバーにも本性を出して西野さんより目立ってしまった「主役の西野より目立つ品川」

2位も辛いと品川さん。だがここでスタジオがシーンとなる悲しさ

小峠さんはあの瞬間だけ畳めなかったとリベンジ宣言をしてスタジオで披露するもまた出来ない・・・と、だが余計な雑念があると枠をハメて挑戦するも出来ず・・・。そして「何、フザけてんだ」と有吉さんに言われ横向きになるという斬新な土下座を披露「何だこれは!」

5位:侍JAPAN応援芸人にて何もしらない狩野英孝。言われるがままフォームをしたり、ボーイスカウト芸人では整列のサインで変なポーズ「何も知らない狩野」
4位:
くされ縁芸人にてフジモンが千原ジュニアさんがカワイ子ぶっているとイジり辱しめをさせたフジモンの悪質なイジリ「悪質なジュニアイジり」

希ちゃんはイジりはO.A観てビックリしたと、だがフジモンは「一発屋芸人」「売れてる期間が長いだけ」と

英孝ちゃんは今年はくくりより知らない方で出た方が究極的に多い。だが勉強できて楽しいので来年こそリーダーとして「L'Arc~en~Ciel芸人」で出たいと、そしてラルクあるあるをザキヤマさんから曲に乗せてというフリでHONEYのメロディで1個というも結局言わずに終了。PVに集中しちゃうとあるあるを

3位:偉人サミットにて出川さんが矢沢永吉さんの伝説を話す際に誰の役でも永ちゃんになってしまう意味不明な状態に「登場人物が全員永ちゃん」
2位:プレゼン大会にてケンコバさんがプレゼンした「人類の進化芸人」から「紙パンツ芸」のプレゼンを熱く語った「紙パンツ芸人をプレゼン」

ケンコバさんは反省するどころか国として称賛して欲しい。O.Aの後新たなお店に行き検証していたら美人の女社長にお礼を言われた「テレビで紙パンツを観ていた際に大笑いしていたら彼氏に何でそんなに笑っているの?と言われ、自分がそういう仕事をしていることを隠していたが、それを期に互いの秘密を言いあって結婚することになった」と言われたケンコバさんは「紙パンツ婚」だと

出川さんは永ちゃん好きは全員永ちゃん口調になってしまう。そして2の段を永ちゃんで言うも聞き取りずらいのでゆっくり言ってと言うと普通に出川さんで2の段を言い出す天才出川さん

1位:大久保佳代子の散歩deイウイク♡。下ネタ街ぶらレポート「下ネタ・グルメリポート」で大久保さん2連覇

大久保さんは同性からの支持があったと熱弁するも客席ドン引き。希ちゃんがトロフィーを恐る恐る渡そうとすると希ちゃんが困惑するトロフィーの触り方。そして意味不明な驚かせ

アメトーク大賞2013グランプリ
昨年は華丸大吉の2人が受賞。リアルに通販番組と旅番組のレギュラーが増えたと

江頭2:50へ決定。受賞したえがちゃんに「江頭2:50分殿、貴方は今年略式起訴になりながらも見事な復活を遂げました。そしてカムバック直後の秋の3時間スペシャルでは記憶に残る大きな笑を届け、アメトークにはなくてはならない存在だと強く印象づけました。これまでの功績を称え2013年アメトーク大賞を授与します」

えがちゃんは心にしみる、最後の最後に良い事あったぜー!と

そしてスタジオに登場したえがちゃんは客がいるスタジオ久しぶりと、そして希ちゃんからトロフィーを授与され笑顔のえがちゃん。受賞記念でスタジオでモノマネを

半沢直樹を披露。だがそれで終わりのため困惑するエガちゃん「コレでやっつけ仕事やって」と本音を言ってしまい無理やり取り繕うエガちゃん。だが田中将大→ふなっしー→えがっしー→アベノミクス→滝川クリステル→沢田研二を披露するもやっつけと言われやっつけダンスをし最後は宮迫さんの林修先生のフリ「帰るなら?」「今でしょ」と退場

という感じでまとめてみましたが

覚えてますねーアメトークは基本的にどの作品も最低は2回は観ているほど好きな番組。好きな回は10回以上観ていますし暇さえあれば過去の番組を流しております。

今年もアメトークに関しては内容の書き起こしをさせて頂きましたが、アメトークはねホント面白い。外れの回も確かにあるんですよ2回しか観ない回もやっぱりあるわけですが基本それは面白いが僕の中でこの回は2回ぐらいでいいかなーと

今年の各部門を振り返りますが流行語に関しては確かに「昭和昆虫博士」は印象に残っています。ファッションって何?の回も何度も観ましたね、麒麟川島さんがキャップが小さくておかしな感じになって最終的に「ダフ屋やないか」というセリフも最高だったんですけどね、他にも数多くありすぎて

最近も今年の作品をいくつか見直していたんですが「北斗の拳芸人」はやっぱり面白かった。

衝撃映像部門の1位は本当に鳥肌が立ちました。この回は流石にきつかったので2回しか観てないです。最後にバカリズムさんもタオルケットを使ってやらされる姿は観てられなかった。

事件簿部門は小藪さんのダメ出しは本当に凄かった。何度見ても悲しくなる。ザキヤマさんのキスのくだりは新しい事やるなーと4月に観て思いきや年末にはじらさないでいきなりキスをするというくだりまで生み出したザキヤマさん流石です。そんな竜兵さんに本気でダメ出しをした有吉さんあの回は愛が溢れてましたよホント

反省部門はまあ確かに今年を代表する失敗ばかりでしたが、ケンコバさんの紙パンツ芸人に関してはね、まあ自分も年を取ったら紙おむつを穿く可能性があると考えるとあながち・・・、大久保さんの街ぶらはホント酷かったが大久保さんの今年の活躍を考えれば大久保さんのキャラが改めて世間に伝わったかなと

アメトーク大賞のえがちゃんは、僕は観ていてスタジオの観客が昔だったら悲鳴だったのに大歓声を迎え入れている姿を見てえがちゃんの評価が変わったと感じましたね。まあ1クールのレギュラーより1回の伝説というお笑い界に残る名言を残しているぐらいですし、やっぱりオリンピックだったりで人柄が評価され出したということなんでしょう。なんか嬉しかったです。おもてなしのくだりは右乳首から左乳首へ指を移動させる新しい形を

さて今年もコレでブログの書き納めにしようかと思いましたが、レコード大賞がやらせ感満載なので文句でも書いてやろうか迷っておりますがまあここで書いておきます。レコ大も地に落ちたなもう受賞しても何の意味もない感じだ

ということでアメトーク大賞2013。来年もまた大笑いさせてくれることを楽しみにしておりまし。

終わり!

|

« ハーフ芸人を観るbyアメトーク年末スペシャル | トップページ | 小泉今日子・薬師丸ひろ子の2人に感動したby第64回NHK紅白歌合戦 »

映画・テレビ」カテゴリの記事