« 2013年タレントCM起用社数ランキングについて考える! | トップページ | 武士の献立の初日舞台挨拶を観てきました! »

偶然を愛する芸人を観るbyアメトーク

本日は第15回プレゼン大会から採用された企画が放送されたアメトークについて

今回のくくりは「偶然を愛する芸人」ピースの又吉さんがプレゼンした企画どのような話が聞けるのか楽しみにしておりました。

では観ていきましょう

又吉さんを先頭に登場した芸人達。又吉さんが今回の主旨の説明として「嘘みたいな人に信じてもらえないような偶然の話誰もが経験していると思うんですけどそれを思い切って言いあおうそして愛そう」という企画。実現不可能だと思ったが大勢のメンバーが集まった。

初登場のソラシド本坊さん。決して芸人ではないと自虐から入る本坊さん、普段は肉体労働のアルバイトをしている。月28日アルバイトをしていたらそれは芸人ではない。

今回の収録日が11月11日でO.A日が12月12日。打ち上げは1月1日にしますかと華丸大吉の華丸さん。

それではさっそくエピソードを
又吉:僕と太宰治にまつわる偶然。高校卒業して上京してきた時に1日だけ家を探しに上京できた。不動産屋に行くと三鷹に1軒あるよと言われ行き散歩をしていると桜の木が見えて気になって行ったらお寺でお墓があったので手を合わせて帰った。三鷹は太宰治の地だと思って引っ越してきた際に太宰治のお墓参りに行こうと行ったら状況初日に行ったお墓がそうで、さらに太宰治と同じ住所に住んでた。思春期だったこともあり運命があるんじゃないかと思って前世占いをしに行ったら前世はバッタと言われた。

バナナマン日村:僕とケンコバさんの2人の関係。仲が良い旅行にも一緒に行くし、ハワイ旅行に行った際の帰りの空港。私服が丸かぶりだった。

笑い飯・西田:中学の時自転車で通学していた際に雨が降ってきて急いで帰ろうと思って自転車を飛ばして下り坂を降りて行ったら雨でブレーキが効かず交差点で車にはねられた、空中に飛ばされた際に死んだと思ったら自転車の前のカゴに家庭科の時に作ったクッションの上に正座で着地して無傷だった。運転手さんが慌てて降りてきて「大丈夫?」という前に「凄いね」と言われた。

タケト:今年の1月にロンブー亮さんのCSの番組に出演した際に亮さん、自分、ダイノジ大地さん。40万の電動リールを使うので絶対に釣って欲しいと言われたが沖で5時間一切連れず、だが亮さんが仕事があるにも関わらず30分延長して先輩に迷惑かけていると思い甲板に手を突いたら竿が落ちてしまい、もうダメかと思ったら大地さんがその竿を偶然に釣り上げた。その落とした竿で残り10分で大きなイナダを釣り上げた

麒麟・川島:大阪の町を自転車で移動していた際に隣に怖い車が止まり怖いお兄ちゃんが4人ぐらい降りてきてカラまれた。そして車で連れて行かれそうになった際にフルフェイスのバイクが通りかかり自分にメットを渡して「乗れ!」と言われて急いで乗って逃げて遠くについてメットをとったらそれがネゴシックスだった。

ケンコバ:新幹線で大阪に向かっている最中に爆睡してしまい寝過ごしたと思い飛び降りたら寝ぼけていたので京都だった。後悔していたら「いつもテレビで観てます!」と言われて見たら上戸彩ちゃんだった。そこで初めて6秒ぐらいだが上戸彩ちゃんと話せた。

ロバート秋山:実家に帰った時に福岡でお母さんの車を借りて福岡をドライブして大分までいった。2時間半かけて大分に行き温泉に入り、帰りは高速ではない道を通ったため道に迷っていて、最初は大分のラジオが聴けていたがそれも聴けなくなりどこにいるんだろう?と思ったら「ようこそ福岡県へ」と出てきてそれを越えた瞬間に番組が始まってその番組が「トンコツRADIO」という番組が始まった。

岡崎さん:川平慈英さんと偶然会った。モノマネはしていたが挨拶もしないままの状態で初めて会ったのが飛行機の機内、その際に出口であったらビックリした顔が同じ顔でお客さんも止まるぐらいだった。モノマネさせて頂いている立場なので挨拶をしようと思ったら、自分の気持ちを察してくれたのか川平さんから「ガンガン!」と言われた。

バイキング小峠:音楽が好きでよくライブに行く、11年ぐらい前に好きなバンドを観に行った。その際に名前も知らない覆面バンドが出てきて辞めとこうかとバーカウンターで酒を飲んでいたが、今では当たり前だが携帯で当時音楽が聴けるのは画期的だった。キャンペーンで5曲だけ聞けてその1つに忌野清志郎さんが聴けることになり連れは清志郎さんのファンで散々ライブに言ったがライブは見た事が無かった。その時自分は暇なのでカウンターにいたら、覆面バンドの声が聞こえてきてカッコいいと思っていて聴きに行ったら覆面を取ったら忌野清志郎さんだった。

椿鬼奴:十数年前あざみ野に住んでいた。その時に良く行っていたパチンコホールがった。当時は母親もパチンコが大好きでその日やりすぎて母親にも注意されてしまい、隠れてやろうと思いRITZというホールに行った。母にバレないと思い行ったら母親もいて怒られた。

もう1つほぼ同じ話があり、渋谷で友達と行くパチンコがあった。今は潰れてしまったがその日は新宿に行こうと思って行ったら友達がいた。そして2人で喜んだ。

ケンコバ:昔パチンコ屋でCRフィーバーバカ殿で打っていた際にリーチが掛かるも当たらなかったので辞めようと思ったら隣のおじさんに続けた方がイイと言われたが、一度台を捨てて2階にコーヒーを飲みに行った。だが気になって戻ってみたら偶然長州力さんが打っていて大フィーバーを出していた。

ソラシド本坊:ご先祖様に中村半次郎という幕末に京都で人を斬っていた家系図が入っていた。東京に来て下北沢のアパートの内装工事を職人さんと2人でやっていたら。その職人さんの名前が土方で土方歳三の子孫で、当時だったら斬り合っていた2人が100年後クロスの張替えをしていた。

ウド鈴木:若かりし頃自転車が欲しかったが1台買うお金がなく1万8000円を18回ローンで購入した。お店の人に盗難保険に入った方がイイですよ!と言われたが3000円払えないので入らなかった。そしたら1週間後に盗まれてしましもう1台買おうと思って前と同じ型を買いそして盗難保険にも入った。安心して乗っていたらあるデパートの前に止めたら僕の止めた自転車の隣の自転車が盗まれた自転車だった。だが同じ自転車はたくさんあるはずだと自分の持っていた鍵を使ったら鍵が開いて買い直したのに1週間で発見してしまい、もう1台買うのを悩めば良かったと思ったが2台の自転車を持って帰った。

又吉:沖縄にお婆ちゃんが住んでいる。親戚から連絡がありおばあちゃんの家がCMで使われたので観てみてと言われそのCMを観たら走れメロスの設定で演出で又吉の表札が太宰に変わっていた。

日村:小学校の時、友だちとブランコに乗って靴を飛ばす遊びをしていた際に思ったより跳び、友だちも結構飛んで観に行ったら靴が上手い事靴屋さんのディスプレイの様に重なっていた。

岡崎さん:高校の時、マンモス男子校で街中にある高校の為体育祭などをやると女子高からも人が集まり一大イベントになるような高校だった。組体操で七段ピラミッドをやることになり体育祭の前にやっても意味が無いので半年間体育の時間ずーっと七段ピラミッドの練習をして迎えた当日。一つずつ積み上げて自分は5段目そして組み上げていくとザワザワしてきて一段になると歓声が起こり、誰もが感動していたが、実はその歓声は違った。ちょうと上に差し掛かったタイミングで当時夏の甲子園で準優勝した福岡第一高校のメンバーが見に来ただが自分たちはピラミッドをしているためまったく知らない。だが完成して笛に合わせて左右を観た際に自分たちの方を誰も見ていていないことに気付き、その後長めの笛が鳴り崩れ人知れずピラミッドは壊滅した。

タケト:今年の4月に代々木から恵比寿までジュニアさんとタクシーに乗った。運転手さんがスゴイ訛っていたが道に詳しいので話を聞いたら、震災が起きて岩手で仕事がなくなり出稼ぎに来ていた65歳の運転手さん。それも同級生と2人で妻にお金を送る為にワンルームに2人で住んでいると言われた。その話をしている間に恵比寿に付き普段2500円くらいかかっているのに1800円くらいで着いた。そんな話を聞いたためジュニアさんが5000円を払ってお釣りをもらわずに降りた。カッコいいなと思いそんなことしたいと思い先月代々木からタクシーに乗り新宿にある本社に向かったらその運転手さんで、聞いたらその運転手さんで自分の事も覚えていてくれた。その時にいつも発泡酒しか飲んでなかったがその日はビールを買って帰り2人で飲んでそのビールが美味しかったと話をされお礼をしておいてくださいと言われ歌舞伎町についた。2200円だったが1万円しか財布になかったが自分にとっては1万円は厳しいが運転手さんが笑顔で「いいんですか~」と言われたので、自分は子供もいて厳しんですと伝えたら8000円のお釣りと200円サービスでもらい逆にコーヒーを奢ってもらった。

小峠:先月ぐらいにTMレボリューションのフェスに出演した。若い一組のバンドが自分たちコンビを大好きで写真など撮影しサインも書いた。僕らのバンドがIn197666というバンド名。僕の誕生日が1976年6月6日

だがこのトーク中に何故か上から銀紙が降りてきて話が止められてしまう不幸の小峠さん

続いてはスタジオに来れなかった人からの偶然エピソード
狩野英孝:高校2年生の際にドロンズや猿岩石に憧れてヒッチハイクで旅をしたいと宮城県から広島県に壮大な旅に出ようと国道でヒッチハイクをしたらトラックが止まってくれたのでお願いしたら。そのトラックが広島行きの長距離トラックの運転手さんで、さらに荷物を置いた後に宮城に戻ると言う事で2日で旅が終えた。

ドランクドラゴン鈴木:釣りが好きで魚群探知機を購入。番組に出た際に景品が同じ魚群探知機だった

上島竜兵:地方の仕事があり終わってホテルに帰るもすることがなくエロビデオでも見ようと思ったが見れなくフロントに直々に掛け合ったら修学旅行生がいるので全体的に消してますと言われた。諦めて帰ろうかと思ったらエレベーターが開き修学旅行生だとカッコ悪いと思って隠れたらリーダーがフロントに同じことを言っていた。

続いては世の中の偶然を紹介
2人の大統領の偶然:リンカーンとケネディ

リンカーンが下院議員に初当選が1846年
ケネディが下院議員に初当選が1946年
リンカーンが大統領になったのが1860年
ケネディが大統領になったのが1960年
2人とも金曜日に妻の前で暗殺されている
リンカーンの秘書が名前がケネディ
ケネディの秘書の名前がリンカーン

ジョン・レノンにまつわる偶然
ジョンの死から数年後にドラマが制作された
オーディションに来た男がジョンにそっくりで合格
男の本名がマーク・チャップマン
なんとジョンを殺害した男と同じ名前だった。

後半戦
又吉:相方と偶然が良くある、原宿や道玄坂、コンビを組む前にも雨が降ってきて入った古本屋であったり、夜中急にカレーうどんが食べたくなり急に行ったお店でカレーうどんを注文しようとしたら綾部さんがカレーうどんを食べてくれたと言われたので恥ずかしくなりきつねうどんを注文した。

日村:設楽さんが飯を旨そうに食べる。何を食うにも旨そうに食べる、そんなある日暇な時間に紙に設楽統と名前を書いていたら感じ、アルファベットと書いたらOSAMUを逆がUMASOだった。

岡崎:大吉先生は早産で生まれた誕生日は3月10日。自分は予定日より10日ぐらい遅れた4月8日。予定通り生まれたら2学年離れてしまったが、2人とも出産予定がずれたおかげで大学で出会った。

宮迫:雨上がりとモリマンはコンビそれぞれ誕生日が一緒。

秋山:お婆ちゃんがスゴい偶然な事をした。中学生の頃からボケ初めて来て会話すらしなくなりさらに4年ぐらい経つと何も言わなくなった。何とかなんないかと思ってフザけて目の前でとんでもない声を上げてやったら、一瞬変な間が開いた後に「バカたれ」とツッコまれた。それ以降喋らなくなったが何秒間やり取りができた。

奴さん:月に1回ぐらい道を聞かれる。それも決まって外国の方でこの間はTBSの局内で道を聞かれた「朝ズバッ!どこですか?」と、分からないので分かりませんと伝えるとガッカリした態度をされた。しまいには成田空港でチェックインの時に英語で説明されたので「私、日本人です」と伝えたら謝られた。私は日本語が話せそうな外国人に見えるのか?外国語が話せそうな日本人に見えるのか?どっちかと思いました。それを皆さんに聞いています

西田:ネゴシックスの話。ライブの打ち上げを楽屋でやっていた際にネゴシックスは飲むと寝てしまう。寝ていたのでセロハンテープや洗濯ばさみを乳首に挟んだり色々していてCDを尻に挟むとカーペンターズの曲の歌いだしみたいな寝言を言い出してCDをよく見たらカーペンターズだった。

川島:本坊の相方水口が先輩に注意されてもケンカをしてくるような奴。大阪で水口に話をフッている先輩を無視して楽屋でケンカになった。胸ぐらをつかみあい誰も止めれないぞと思ったら楽屋の電気が消えて本坊がケーキを持ってハッピバースデイを歌いだし「誰の誕生日?」と聞いたら自分の誕生日だと言われた。

ウド:1999年。12月24日クリスマスイブの日にイボ痔になった。その時周りの人がみんな自分の事を「クリスマス・イボ」と呼んだそうです。

ケンコバ:デリバリーへリスを頼んだら、色んな店を確かめたいと思い違う店に頼んだのに同じ子が来た。よくよく聞くと「母体が一緒なんです」と言われた。これだけでは偶然ではないと母体が一緒の3つのお店で掛け持ちをしているがAにいる時Cにいる時ケンコバさん、Bにいる時は山里さん。よくよく考えたらAの店を紹介してくれたのが山里だった。

偶然トークのラストには?
統計学の先生に誰の話が凄かったか計算してもらいたいとプレゼンの時に言っていたので統計学の先生に計算してもらった結果を発表

もっとも凄い話をした芸人は雨上がり決死隊の2人とモリマンの誕生日の話

確立としては2組のペアが同じ誕生日である確率は0.00075%で13万3225分の1。

という感じで終わった今回ですが

フジテレビのすべらない話と違い笑いあり、感動する話あり、驚ける話あり、?という話もあり非常に面白い内容でしたね。

立ちトークに近いテイストでしたけど、この企画はアメトークでなくてもやっても面白い気がします。

偶然かー自分で考えると浮かんでこないんですよねーあまり、実は体験している可能性はあるんですけどまったく

今回の芸人さん達のトークは非常に面白かったが最終的に統計学では2組のペアの誕生日が一緒というのが1番でしたが他の話はどのくらいの確率か気になりました。

というか誕生日は確率が計算できるが他の話は計算できなかっただけ?と思ってしまいますけど、まあ数値に置き換えることが出来れば必然的に計算が出来るのか

日村さんとケンコバさんの私服が丸かぶりも来ていた服の生産量、買った人の数など色々な項目を集めればいいだけかだがその計算過程が面白そうなので計算の過程が観てみたいかなと

まあこの企画は芸人を変えても続けれるのでシリーズ化してもいいかなーと思った感じでした。

ということで偶然を愛する芸人。次回があるかわかりませんが面白かったです

終わり!

|

« 2013年タレントCM起用社数ランキングについて考える! | トップページ | 武士の献立の初日舞台挨拶を観てきました! »

映画・テレビ」カテゴリの記事