« 12・31衝撃の視聴率フジテレビが瞬間で0%台を記録という記事を読んで | トップページ | 第1回三村&有吉特番を観る! »

ケトルのタモリ特集を購入した!

本日は約1か月前に発売されていたのにも関わらず買うのが遅すぎてしまった雑誌ケトルの「タモリ特集」について518sjtufl__ss500_尊敬するタモリさんの特集と言う事で買うしかないと思っていましたが今回たまたま書店に行った際に入荷していたので購入することができました。

中身は松岡正剛さんによる「タモリ論」「タモリ年表」。「森田一義がタモリになった7つのキーワード」などなどタモリさんの事がたっぷり4p~71pの大ボリュームとなっております。

だが僕はタモリさんの何気ない感じで発せられる言葉などがまとめられた「日本一のサラリーマン・タモリに学ぶ人生訓」が良かったですね。

タモリさんが雑誌やテレビで語った言葉がまとめられているページですねどういう言葉が掲載されているかというと

・節操なんつうのはない方がいいですよ。節操を持ってるとね、やっぱり心が自由にならないからね

・どっちみち嫌われるなら、うんと嫌われてみたいね

・教養なんてのは、あってもなくてもいい。大人のおもちゃなんだから、あれば遊びが増えるだけの話

・われわれは「惜しい」って女性にいちばん「色気」を感じるんですよ

・ケダモノ呼ばわりされて、足蹴にされて、それでもハイヒールに食らいついていく
などなどまだまだたくさんあります。どういう意味合いでタモリさんが語ったかは雑誌を購入して頂ければと

僕的には「惜しい」って女性の・・・という言葉を今まさに感じている最中ですね生活をしていて、ホントスタイル抜群で声も可愛すぎるが・・・。コレ以上書くと最低の人間になってしまうので書きませんがもうこの言葉に近い子がいてホント

ちょっと僕の場合ルックスや見た目よりになってしまうためタモリさんとニュアンスが違うんですが「惜しい」って大事なんですよ。何かが足りないというのは

本にはタモリさんを見出した恩人ともいえる赤塚不二夫先生との2ショット写真なども掲載されていますし非常に読み応え十分です。タモリさん好きでなくても読んで損はありません

ということでケトル「目一杯タモリ特集」についてでした。

終わり!

|

« 12・31衝撃の視聴率フジテレビが瞬間で0%台を記録という記事を読んで | トップページ | 第1回三村&有吉特番を観る! »

映画・テレビ」カテゴリの記事