« ウーマンラッシュアワーの素顔に迫るbyしゃべくり007 | トップページ | 慶大生の自殺教唆事件でダウンタウン浜田がトバッチリ!?という記事を読んで »

2014年1~3月クールのドラマ視聴率について考える!パート3

本日は14年1~3月クールのドラマ視聴率について好き勝手に書く3回目

今回はテレビ朝日と日本テレビの作品を中心に観ていきたいと思います。

今クールに関しては僕が視聴率を確認できる範囲では日テレ3本、テレビ朝日2本。その中でもやはり注目は色々な問題があって修正するハメになってしまった

日テレ水曜22時枠「明日、ママがいない」です。視聴率推移は
14.0、13.5、15.0、13.1、11.6、11.5
という推移にて現在平均視聴率では第2位となっております。

なんでこう芦田愛菜ちゃんは色々話題になる作品に選ばれるのか、何か星を持っているとしか思えませんね。

次に取り上げるのは土曜21時「戦力外捜査官」。EXILEのTAKAHIROくんと武井咲ちゃんのコンビの作品ですが視聴率推移としては
13.3、13.1、11.1、11.7、11.6、10.5、12.1
という推移に

視聴率が取れないと言われている武井咲ちゃんですがこの枠としては中かの数字をキープしております。この枠も癖のある作品が多いですからねー

というか日テレのドラマって総じて癖のある作品が多い。面白い視点の作品が多いためか視聴率というか作品の好き嫌いがハッキリしているイメージがあります。

だが日テレに関してはぶっ飛んだ作品を今後も提供してもらいたいですね。今回の「明日、ママがいない」に関しても改めて考えさせられる部分が世間としてあったと思います。

この手の話題ってここ数年聞いてなかったので非常に意義のある作品だと思います

続いてはテレビ朝日ですがテレ朝は医療モノ、刑事モノで独自の路線を気づき上げていますのでこの手の作品を制作させたらお手の物の印象。

そんなテレ朝の作品ですが今回取り上げるのはやはり気になるというか大好きな金曜23時枠今回は「私の嫌いな探偵」です。気になる視聴率推移ですが
10.0、7.0、8.5、6.7、5.5、4.4
という推移に

まあ玉木宏さんはいいんですけど剛力彩芽さんがねー。今回は珍しく同じクールにオスカーのゴリ押しと言われる武井咲、剛力彩芽の2人が出演しているという面白い状態に

同じクールに同じような警察・探偵というテイストが似たような作品で相方にはイケメンがいるという何か意図を感じるようなものですけど

まあオスカーも今回できちんと判断してもらいたいものですね。ドラマ・映画がダメならCMだけでイイと判断してもらいたい。

今回は3本の視聴率推移について書いてきましたけど、毎回書くことを今回も、視聴率はあくまでリアルタイムに見られている数値のため録画率などは含まれていない。だがスポンサーにとって重要なのはリアルタイムの数値なのでここの部分は我々視聴者とスポンサー側では考え方が違うのが難しい所

我々は楽しみにしている作品を好きな時間にゆっくり見たい。そしてCMは飛ばした。1時間ドラマの場合は放送時間は基本54分でCMは6~8分くらいあるかな?

その時間を有効に使いたいですからね3本連続でみたら18~24分ですよCM見ている時間無駄ですよホント

そう考えてもらわないようにスポンサーや代理店は色々考えていると思うんですけどね難しいものです。

話を戻しましてドラマも終盤に向かって来てオリンピックも終わったことでより一層鮮明になってくると思います

ということでドラマ視聴率はどのように推移していくのか、そして来月は新ドラマの情報が入ったら色々書いていきたいと思います。

終わり!

|

« ウーマンラッシュアワーの素顔に迫るbyしゃべくり007 | トップページ | 慶大生の自殺教唆事件でダウンタウン浜田がトバッチリ!?という記事を読んで »

映画・テレビ」カテゴリの記事