« うぬぼれ注意!オンナの自分番付2014byロンドンハーツ | トップページ | 2014年1~3月クールのドラマ視聴率について考える! »

柔道部芸人を観るbyアメトーク

本日は久々のスポーツネタが放送されたアメトークについて

今回のくくりは「柔道部芸人」。柔道と言うメジャーなスポーツのどのような話が聞けるのか楽しみにしておりました。

では観ていきましょう

今回は畳の上でのトークの為靴を脱いでいる雨上がりの2人、そんな中登場したのは無段・サバンナ高橋、二段・サバンナ八木、二段・武藤敬司、初段・ロンブー亮、二段・やす、二段・ジャンポケ太田、二段・ハマカーン浜谷、二段・ウーマンラッシュアワー中川、三段・あいすけ

大分大きくなりましたね神奈月さんとイジられた武藤さん、柔道→プロレスへ転身したと、小川直也、橋本真也、佐々木健介、バッドニュース・アレンも柔道出身

サバンナの2人は柔道部の先輩と後輩関係、後輩の高橋さんは運動神経悪い芸人の代表だが運動神経が無くても出来るのが柔道。みな黒帯のなかで純白を守り抜いている。

ジャングルポケット太田は愛知県で優勝しているとのことで肉体美を披露。柔道しかしてこなかったのでこの回以外は二度とアメトークには出れない

あいすけは唯一の女性、中学1年生で初めて3年生で全国3位、そのまま全日本のジュニア強化指定選手に選ばれ北京オリンピックを狙っていた。同級生には北京の金メダル松本選手と練習をしていたとのこと。

今回は知らない代表として中村アンさんとフルーツポンチ村上さんが登場

アンちゃんはチアリーディングを6年間、柔道部の方とご縁が無かったとのこと。高橋さんは野球・サッカーの応援に行っていたんでしょうねと嫌味を

ヒザ神・村上さんはアメトークの運動神経悪い映像でただただ投げられてO.Aされないことがあったとのこと。

メンバーの得意技
浜谷:内股
ずん・やす:払い腰
あいすけ:大外刈り
ロンブー亮:小内刈り
八木:支え釣り込み足
ジャンポケ太田:一本背負い
ウーマン中川:巴投げ
武藤:腕返し
高橋:小内刈り

高橋:色んな投げ方があるが自分のはねばっこい。宮迫さんにしがみつきひっ掛けと那輸される中

アン:YAWARAちゃんの一本背負いぐらいしかわからない。
:一本背負いに行く流れの前に小内刈りは多い
ここで村上さんが試しに投げられることになるが肩がびゅんびゅん動く気持ち悪さとヒザが曲がらないためおかしなことに

だが高橋さんが技を掛けるということでなめてかかる村上さん、高橋さんが技をかけようとしたら反撃され掛けられない高橋さん最終的にはグダグダになりながら高橋さんの抑え込みをするが逆に返されてしまうがなんとか返して終了。

俺たちの練習法!!
:高校で初めてやった時にその動きなに?と思った動き・エビ。抑え込みから逃げる練習。肘で支点を作り動く。村上さんがやるとヌメっとした感じに

やす逆エビ。抑え込まれたのを投げる動き。村上さんがやるとビクッとするだけ
高橋:自分は苦手なので後から普通にズルをしていた。さらにほとんどの練習をさぼっていたがちゃんとやっていたのは畳の端から端まで柔道の技を反復しながら歩く。ここで高橋さんと八木さんがコンビでやると調子に乗る高橋さん

太田横跳び。何の練習なのかわからない・・・。合宿で100人ぐらいでやると凄く滑稽に見える

中川前受身。畳に着く直前で手を付ける。ここで膝が曲がらない村上さんが挑戦すると普通に倒れる自分の肘がろっ骨に

武藤:木村政彦さんの本に書かれていた木に打ち込み。庭に直径2mぐらいの大木を置いてもらったが虫に刺されて1回で辞めた。ここで木の役を村上さんがやることになり武藤さんに捕まれてビビりまくる村上さん。

柔道部あるある
太田:初歩的な事だが勝手に身につくのは柔道家はハプニングの時に転んだり倒れたりすると自然に受け身がとれる。アスファルトだと手がメチャクチャに

浜谷:足を刈りたくなる。友達の足を刈ったり、ゴミがあったらはらったり
やす:掛け布団を巴投げでかぶる

:絶対に掃除してからやるのに陰毛が絶対に落ちている。

太田:ノーパン。今はアンダーウェアを履いているが自分たちの時代は高校の時はノーパンで掃除をするとバフンウニみたいな塊が出来る。
:僕らの所の柔道部もそこまでパンツ履いている方もいたが履いてない方が本格的と思われるので履いてなかった

高橋:ずっと白帯だったが、黒帯をとったらイキリ出す。
:黒帯をもって道場に行くのが目標だった
武藤:試合などで新しい黒帯を付けると弱そうに見えるから、ワザと古くしていた。

高橋:柔道をやっていたらピラミッドの頂点がどれだけ強いかがわかる。大会出て1回戦で瞬殺される。いろんな場所で試合をしているが僕の試合にみんな間に合った事が無い。僕を瞬殺した奴が次の試合で瞬殺される。優勝者はそれだけ強い

あいすけ:勝てる時は見える。
武藤:女子プロレスラーとして紹介した

あいすけ:テーピングをしているがテーピングへの信頼度がスゴイ。中学の全国大会で試合中にヒビが入ったが手を先生にテーピングで固めてもらって全国3位になった。
浜谷:ちょっとしたことでテーピングを巻いてかっこつける
あいすけ:男子はテーピングがあれば2~3時間遊んでいる
太田:すね毛何本とれたか選手権で1時間30ぐらい遊んだ
八木:部費を管理する係だったが1万円ぐらい部費が出たら全部テーピングに充てていた。その時は学校で2番目に部費が少なかったが一番したが将棋部の電池を買う1000円。

:柔道部に行ったらどこにも「柔道部物語」の漫画がある。主人公・三五十五が高校から初めて全国大会で優勝する話だから始めた人たちからしたら憧れの人
高橋:三五十五の同級生で名古屋という奴がいるがコイツが練習抜くの天才。最初は三五十五に憧れていたが途中から名古屋の動向が気になりだした。

浜谷:接待柔道を練習の合間に遊んでいた。先輩などを気分よくさせるために投げられていた。

ここで村上さんに接待して気持ち良くさせるが最後は普通に投げて終わり

中川:柔道部員たちで流行っていた遊びがあってみんな力が強いので「パラダイスロック」が流行っていた。腕を脇にはさみ5秒以内に抜けなかったら罰ゲーム、罰ゲームは手を舐められるという最悪の罰

あまりの臭さに武藤さんに嗅がせようとするも叩かれて終了

柔道部の密かな楽しみ
:年に1回新入部員が入って来るのが楽しみ。同級生でやっているとみんなうまくなってくるので大技が掛けれないが、新入部員が入ってきたら自分がやりたい技を掛けれる
高橋:後輩が入って来た時に中学の時に柔道をやっていてもとから強い奴が入って来た際に「そういう奴いらんねん」と思っていた

太田:室内練習なので他の部活と関わる事がほとんどない。だが雨の時は外で練習している人達が室内練習をする。その時にドアを開けて女子に見てもらう。

あいすけ:女子柔道であるある井上康生派VS鈴木桂治派かわかれる。他がキンキキッズでやっているのに、時々、棟田康幸派もいて憧れの柔道家なのでジャニーズの下敷きを見な使っている時位ALSOKの下敷きを使っていた

八木:女子と触れ合うのは高校柔道部だったが大学の柔道部の先輩が来た際にホステスみたいな彼女を連れてくる。その時に彼女の前では喜ぶような試合をしないとダメ。最初にライターが入ってきて先輩が登場、ホステスみたいな先輩はワンレン

ここで「OBとホステス」を宮迫さんとアンちゃんで再現し、当時は高橋さんは飲み物を買いに行くと言って出て行き戻ってこなかった

高橋:八木も先輩の憧れていたのか高校時代に付き合っていた彼女にミニスカートを履かせて試合を見に来させていた

中川:女子柔道部と練習中に一緒に寝技をすることがあったが、その時にドキドキするが最終的には上四方固めを掛けたいがいきなり掛けるとエロイ奴だと思われるので袈裟固め→横四方→上四方の流れをしていた。

やす:小学校6年生の時に隣町に女三四郎と言われる強い子がいた。その事試合した時調子が良かったのか払い腰で投げた際に頭が当たりそして口が当たってキスかな?と思っていたら普通に投げられて負けた。

高橋:女子と交流なかったが唯一良かったのが顧問の先生がいないので制約する大人がいない。八木が王様で部室の鍵を持っているので部室を有効に使いませんか?と話かけエロ本を大量に用意してレンタル店を始めよう。会員になるには500円で好きなエロ本を3冊借りれるようにしたが、品ぞろえが薄かった。1回八木と同級生の先輩が入ってきてラインナップを見た際に「デラべっぴんばっかりやないか」と言われ店じまい

あいすけ:柔道部同士の合コンをやった際に5対5でやることになり軽い順から座って行ったら相手も同じことをしてきてただの団体戦になった。凄く盛り上がって山手線ゲームで技の名前をテーマにやったら8周してしまった。

太田:毎日練習ばかりだったので恋愛なんてあまりなかったが1回だけ高校の時に合同練習で知り合った他県の48キロ級の子と付き合った。相手は強い高校だったのでたまたまの休みが合うこともなく、次に会えるのが1年後の夏合宿のみ。彦星と織姫の関係性みたいでちょっとの自由時間に話すことも互いに練習ばかりしてきたので会話が柔道の技の話やサプリメントの話をしていた。

武藤:女子部があまりなく女性に対する飢えがあった。だが男であんこ体型の後輩がいたので四つんばいにさせてしたから揉んでいた。こういう感じなんだろうなーと

あいすけの母校リポート
実際の練習風景をリポート。3年間在学しインターハイ常連校。

訪れたのは横須賀学院高校。午前9時に訪れ顧問の現役時代にお世話になった濱名先生に挨拶。エビ→逆エビ→横移動のトレーニング、その後にオリジナルメニューくノ一にて体感を鍛えるトレーニング(ヘッドスプリング、レスラーブリッジ、レスラーブリッジ裏、倒立前後転)。打ち込み。

つらい時こそ笑顔で練習がもっとうのため笑顔を作りながら練習をする生徒たち、5分の休憩後は乱取り(4分間×連続10本)。疲れてきたあいすけに先生から檄が飛ぶが相手はインターハイベスト57キロ級ベスト8。厳しさから泣いてしまうあいすけ、48キロ級インターハイ3位、78キロ級インターハイベスト16など相手に練習をしたあいすけ。最後の10本目をやることなく逃げようとしたら先生と最後は乱取りをすることに「聞いてない」と言いながらも力を振り絞り先生を投げてようやく終了。

武藤さんは近代的なトレーニングをしていると

村上が投げてみよう
VS太田
:投げられそうになり太田さんに捕まる村上さん。
VS武藤:絞め技に挑戦するが子供のように簡単に〆られ村上さん。タップをするもタップを空振りする悲しさ
VS中川:思いっきり投げようと頑張るがパラダイスロックをくらう村上さん。

最後は中川さんがなめた手を高橋さんが嗅いで終了

という感じで終わって今回

どんな話をするかと思って見てましたがなかなか面白かったですね。まあ柔道に関しては知っている事ばかりだったので柔道部あるあると密かな楽しみは面白かったかな

普通に面白かったが盛り上がる箇所はさほどないというか中川パラダイスのパラダイスロックの罰ゲームが最低だったということだけが印象的でした

高橋さんは中学の時イケてない芸人の時にも八木さんの太鼓持ちだったということを話していましたが今回はどのような太鼓を叩いていたのかわかりました。宮迫さんが言っていましたが柔道部をダメにするタイプ

部室でエロ本のレンタルするって最低だが、高校時代そういうのがあったと考えると最高だなと感じる男の悲しさ

あいすけの母校の生徒たちの運動神経が凄すぎてビックリしました

ということで柔道部芸人についてでした

終わり!

|

« うぬぼれ注意!オンナの自分番付2014byロンドンハーツ | トップページ | 2014年1~3月クールのドラマ視聴率について考える! »

映画・テレビ」カテゴリの記事