« 山本美月が連ドラ初ヒロインに抜擢について考える! | トップページ | ミス・アース・ジャパン2014永田怜奈について考える! »

ジャッキー・チェン芸人を観るbyアメトーク

本日は久々に一人の自分を取り上げたアメトークについて

今回のくくりは「ジャッキー・チェン芸人」。日本で一番馴染みのあるアジアの俳優と言っても過言ではないジャッキー今回はどのような話が繰り広げられるのか楽しみにしておりました

では観ていきましょう

ゲストは中川家&中川翔子&次長課長&ドランクドラゴン塚地&与座よしあき&品川庄司・品川さん。

唯一の女子しょこたんは芸能界に入るきっかけはジャッキーが大好きで香港に通い詰めていたら斜め前に偶然座っていて号泣していたら「日本から来たの?」と言われてご飯を奢ってもらった。そして芸能界に入った時はジャッキー・チェン事務所に所属していた今回は昨年CMで共演した際の衣装

そしてジャッキーをあまり詳しくないフル―ツポンチ村上&河北麻友子

村上さんは小学校の頃にやたら再放送をしていた。河北さんはニューヨークで生まれ育ったんですけどアメリカでは人気大好きです。小さい時から「ラッシュアワー」を

本人スタントのアクションシーン
「プロジェクトA」:時計台からの落下
「ポリス・ストーリー」:デパート内のポール滑降
「WHO AM I?」:ビル屋上から21回滑り降り

品川:ポリス・ストーリーはスタッフのミスで感電しながら降りている。
与座:ジャッキーは手の皮がズル剥けに
河本:合計3回やっている
品川:首を怪我したのに再挑戦。
礼二:「地球には引力があったんだ」と名言を言った
品川:ジャッキー映画を観終ってどうやって撮影していると思っていたら全部マジだったと、だから終わったらツッコんでしまう

品川:「サンダーアーム」で断崖絶壁のトンネルから飛び降りて気球の上に降りてそれから紐で降りるシーンがあったのでどうやっていたのかと思ったら「やってたんかいッ」
塚地:「プロジェクト・イーグル」で港から海に向かってバイクで飛び出して吊るされている網に掴んだのも「やってたんかいッ」
品川:「ポリス・ストーリー3」でヘリコプターからぶら下がって看板にぶつかってシーンも「やってたんかいっ」
礼二:「ポリス・ストーリー」は2、3、新と公開されたが今回は「ポリス・ストーリーレジェンド」。今年還暦

「ライジング・ドラゴン」で最後のアクション大作と公言していたがすぐにやった

ジャッキー・チェン大けがの歴史
・時計台の時は頸椎強打の重傷
・ポールから滑り落ちは脊髄損傷
・頭蓋骨骨折、右耳裏の骨が陥没、脳出血「サンダー・アーム」
中川:一生ふさがらない穴があいた

「レッド・ブロンクス」では水陸両用のホバークラフトに飛び降りた際に足首骨折。だが撮影を続けるためにギブスの上に靴下を履いてその靴下に靴の絵を描いて撮影を続けた。

腕は意外になく「プロテクター」で指を骨折
村上:過去にエアコンの室外機から飛び降りて忍者のように着地することをした際に指を骨折

ジャッキー・チェン映画作品
カンフースター期(1976~1979年)
少林寺木人拳
スネーキーモンキー/蛇拳
ドランクモンキー/酔拳
クレージーモンキー/笑拳
ヤングマスター/師弟出馬

品川:スピードが尋常じゃない
中川:香港スピン(きりもみ)アクションはこの映画から始まった
礼二:「ヤングマスター」の獅子舞のシーンが好き
礼二:「拳精」も良い。
与座:妖精が見切れる
宮迫:終わり方が斬新過ぎる
品川:「カンフースター期」はボスキャラたおしたらすぐに終わる
礼二:「笑拳」のエンディングでは子連れ狼で終わる
塚地:日本の子連れ狼が好きだったから

超アクションスター期(1980~1994年)
プロジェクトA
スパルタンX
ポリス・ストーリー/香港国際警察
サンダーアーム/龍兄虎弟
奇蹟/ミラクル

ハリウッドスター期(1995年~現在)
レッド・ブロンクス
ラッシュアワー
WHO AM I?
ベスト・キッド
ライジング・ドラゴン

ジャッキー映画あるある
礼二:代表的なあるある「エンドロールにNGシーン」
中川:子どもたちがマネしないように教えるために
品川:映画の中で憎しみ合っている敵同士なのにNGシーンではすぐに仲良くなる
礼二:誰か倒れていて仰いでいる
礼二:主題歌を日本語で歌っている時がある
礼二「アクション&コミカル」緊迫した中にコミカルが
塚地:コミカルなシーンには木琴の音
井上:あるあるで言うなら気に入ってサントラを買うが聞くと誰コレ?
:少林寺木人拳はわけわからない奴を買うと「ミラクル・ガイ」が普通の歌になっていて誰コレ?となる
礼二:食堂のシーンでは出っ歯な奴が出てくる。
品川:ジャッキーが食い逃げしようとする
塚地:食い逃げしようとした言い訳が嘘だとばれる
礼二:用心棒がムキムキ
与座:修行から抜け出して師匠に見つかり二度見する
礼二:映画が終わる時にものすごい大ルーズで映像が終わる
塚地:道場見学に来た御曹司がまんじゅうを食べている
河本:ジャッキーのグループはみんな歩くのが早い
:食堂で何を食っているか分からない

俺たちの好きなジャッキー映画名シーン
与座
:魅力の1つとして手近にあるモノを使ったアクション。特に椅子のアクション!「WHO AM I?」など
中川:ガラスクラッシュ&複数と同時に戦う「ポリス・ストーリー」より。
品川:その映画の中でマギー・チャンがヒドイ目にあっているが自分でやっている

塚地:修行のシーン。なかでも「蛇拳」の竹の上に卵が乗っかっていてそれを蛇の動きで取る
ここで村上さんが修行シーンにチャレンジ

井上:修行の延長「少林寺木人拳」で秘伝書を敵から守るため奥義を伝授する修行の内容がマジか?という内容。修行の内容の7割が腕立て
:尼さんが出てきて木の人形の急所を狙う時に石が飛んできて「急所を狙うのは止めなさい」と言う
井上:「酔拳」のコウ・キエイの持っている土地を売ってくれとなるシーン
河本:この話が井上が好き過ぎてネタにムリヤリ入れた。
井上:オープニングで靴ひもを結ぶシーンは劇中にあるコウ・キエイをおびき寄せる時のシーン
:コウ・キエイ「金の問題ではない」というセリフをネタにいれようとして原型が無くなった
宮迫:皆さんに魅力は伝わっているの?

河本:「ヤングマスター」で鉢にいる金魚を驚かそうとして金魚が飛び出してしまいそれを助けて手の上で人工呼吸をする。「ヤングマスター」でオッサンをどろどろの沼に落とした際に、ジャッキーは風呂に入っていたら泥だらけのオッサンが入ってきてお風呂目が見えない状態なので手探りで桶などを探していたらジャッキーのお尻を触ってしまったシーン

礼二:「木人拳」のラストシーン。敵が死ぬ歳にこんなんで死ぬわけない死に方。自分で自分の技を受けて死ぬことはない

自主制作ジャッキー映画
ジャッキー風映画をメンバーで撮影してきた。カンフー時代の作品のオマージュ
中川拳
殺し屋シン(礼二)、コウ・キエイ(塚地)、フェイ(剛)、酔拳の達人ソウ・ハッイー(河本)

VTR終わり超大作だがアクションシーンはスタントを使った事がバレ、礼二さんのニセ広東語も通じるのではないかと思うほどイントネーションが似ている

そしてエンディングはホントにNGシーンを公開することに

という感じで終わった今回ですが

僕はジャッキー・チェンの好きですがどちらかと言うとジェット・リーの方が好きですね。特に昔の作品の動きと来たら人間離れしすぎてますし90年代の「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ」シリーズや「レジェンド・オブ・フラッシュ・ファイター」シリーズだったり「マスター・オブ・リアル・カンフー」など

ジャッキーはコミカル要素があるがジェット・リーはコミカル要素なしで超人過ぎる動きだからそっちの方が好きだったというのも理由ですかね。ジャッキー映画も大好きですけど

今回は面白かったなー、知らない人にとっては全く分からない話ばかりだったが特に女性にとって今回のくくりは分からなかった気がします

僕もあまりにマニアック過ぎてわからないことが多かった。礼二・剛・河本・井上の4人はダメ好きすぎるせいかほぼシーン覚えているため観客置き去り

だが今回のアメトークでジャッキー映画見たくなりましたね。特に80年代はあまり記憶にないので今回の「木人拳」だったり「蛇拳」だったり

それにしても今回は面白かったなー観客を置き去りにして自分たちが楽しみ過ぎな出演者。だがコレがアメトークの良い所ですね。本来だったらマニアックな事を言える人達も世間に分かりやすいように抑えて話している事が多いので

特にアニメや漫画の回なんて特に今回ぐらいぶっ飛んでいる方が逆に面白いです

ということで今回のジャッキーチェンに続き他のアクションスターなど誰か取り上げて欲しいものです

終わり!

|

« 山本美月が連ドラ初ヒロインに抜擢について考える! | トップページ | ミス・アース・ジャパン2014永田怜奈について考える! »

映画・テレビ」カテゴリの記事