« 録画視聴率を初公表、ドラマ上位が鮮明という記事を読んで | トップページ | フジテレビ「若者たち2014」の視聴率が・・・ »

「HERO」と「若者たち2014」の初回視聴率について考える!

本日はフジテレビで放送されたドラマの初回視聴率について思う所を

今回比べるのは昨日放送された木村拓哉主演「HERO」ともう1つは水曜22時放送の豪華キャストで話題の「若者たち2014」です。

この2つフジテレビが社運をかけて制作した印象があるが両者でとんでもない差が生まれた見たいです

まずは「HERO」ですが初回視聴率26.5%というここ数年のドラマ事情を考えるととんでもない数値を出しました。13年前に観ていた人も初めて見る人も楽しめたと言う事でしょう

僕は13年前リアルタイムで観て、映画も観て、今作が撮影されると知った時は正直怖さがあった。ドラマの製作スタッフでもないが何故か恐怖があったんです。たぶん木村くんが作った物が崩れ去ってしまうのではないかと

だが杞憂だったようです2回目以降は視聴率は下がると思います。これは世間でも思っているでしょう初回はご祝儀だと2回目以降からの勝負ですが20%以上はキープしてくれるかなと思います。

フジテレビとしては一安心、月9復活!大々的に言ってもいいぐらいの成果をはじき出しましたが、僕的に心配なのは現在の日本の俳優・女優のドラマ・映画の主演クラスが一堂に会した作品にも関わらず視聴率が12.7%という結果に

フジテレビとしてはコチラの方が問題のような気がします。何と言ってもキャストが妻夫木聡、瑛太、満島ひかり、柄本佑、野村周平、蒼井優、長澤まさみ、橋本愛、吉岡秀隆

この面子を揃えてこの視聴率はフジテレビは納得していないでしょう。まあしょうがないのかな話のテイスト的に好きな人と嫌いな人が分かれそうな内容ですし

だが今回と言うか昔から世間はそう言っていたんですけどテレビ局も分かったことでしょう。ドラマは出演者で観るモノではなく脚本が面白い作品を視聴者は望んでいると言う事を

いくら木村拓哉と言えどハマリ役でなければ視聴率なんて取れない。「安堂ロイド」がいい例です。13年前の作品を復活させただけですよ

キャストも一部の人だけを残しただけで他は一新。だが13年前に放送されていた時と同じようなカメラワークだったり話の展開だったり木村くん演じる変わらぬ久利生公平の姿。変わらないというのが今の時代正しいのかわかりませんけど、変わらぬ姿勢を貫いたからこその結果なのかなと

ちょっと持ち上げすぎかもしれないですが僕「HERO」めっちゃ好きなドラマなので、初回でこの視聴率2話目以降下がったとしても「HERO」には松たか子さん、阿部寛さんだったりをワンポイントで出演させることさえ匂わせれば当時のファンは観てしまう。さらに映画には綾瀬はるかちゃんだったりも出演していたし、フジテレビだったらトンデモナイ隠し玉を用意する可能性があります。もしかしたらTBSの中居くん主演「ATARU」にタモリさんが出演したように、映画版に出演したタモリさんとの対決ももしかしたら・・・

考えるだけでワクワクします本当に、フジテレビとしては2話目は20%を切らないようにというのが理想でしょう。

なんか「HERO」ばかりを中心に書いてしまいますがホント嬉しかったんですよね25%を超えてくれたことに

ということでフジテレビ55周年記念ドラマ「HERO」「若者たち2014」今後どのような展開を見せてくれるのか楽しみです

終わり!

|

« 録画視聴率を初公表、ドラマ上位が鮮明という記事を読んで | トップページ | フジテレビ「若者たち2014」の視聴率が・・・ »

映画・テレビ」カテゴリの記事