« 今夜ハッキリさせてやる!顔だけガチランキングを観るbyロンドンハーツ | トップページ | 高校野球大大大好き芸人延長戦を観るbyアメトーク »

芸能人の平均年収を知るパート3yナカイの窓byナカイの窓

本日は僕の大好きな下世話な話について

以前から取り上げているナカイの窓で芸能人の年収が発表されるとのことで今回も取り上げていきたいと思います

では観ていきましょう

国民の平均年収:307万円
※平成25年「国民生活基礎調査」より推計。有業人員1人当たり平均稼働所得金額

芸能人の平均年収:1777万円
ジャンル別
文化人:4,895万円
アスリート:2,754万円
ミュージシャン:2,158万円
芸人:1,103万円
役者:979万円
モデル:714万円
アイドル:520万円

役者
梅沢富美男
:舞台1本1か月公演決まっただけで1億5000万円。お客さんが呼べる役者と呼べない役者で差がある
大鶴義丹:普通の役者で1千万はそうはいない
伊吹五郎:梅沢さんはトップだから行く
時代劇のギャラ
伊吹
:昔は1本100万くだらなかった

アイドル
倉持由香
:撮影会
小池美由:握手会
南明奈:印税はもらってない。給料制なんでずっと一緒、1年に1回ボーナスがある
熊田曜子:ボーナス無くなった
吉澤ひとみ:給料は全盛期からずーっと変わらない。
新田絵利:給料なので変わらなかったが歌唱印税はメンバー全員で頭割り

ここからは自分の年収を公開していい人の話
遠野なぎこ:女優業だけの約3倍貰っている。2時間ドラマで2週間で働いて頂くギャラはバラエティーだと1本分。
大鶴義丹:バラエティー1本30~50万円
遠野なぎこ:30~50万円

スポーツ選手
武田修弘
:1試合勝って試合全部出たら勝利給100万円。引き分けなら半分
高橋みゆき:アマ時代の月収は40万円。プロになったら契約金1000万円以上(バレーボール)
井岡弘樹:ボクシングは応援してもらっている人からご祝儀を貰ったりした時代があった。現役の時最高は1億円以上。
桧山進次郎:推定年収は1億越えると公表している年棒と差がある。少な目に言っている人もいる。自分の最高が1億円以上で03年の優勝した際の副収入で携帯電話の待ち受けの声を入れるだけで200万円。年棒とは別
永井大介:オートレースは下の選手は年収600万ぐらい。優勝賞金3000万円など、年収1億円越えするがタイヤや部品は自分で買わないといけない。トップクラスは部品代に1000万円はかけている。
内野洋平:BMXはショーなど、平らな地面があればどこでも披露できる

モデル
IVAN
:メンズモデルの時にパリコレに出た時は年収は2000万円ぐらい。ショーだけだと本当にもらっている人は1着来て一歩き300万円
てんちむ:子役の頃最高で年収500万円。最高は17歳の時に3000~4000万円。当時はモデルの他に本やプロデュース商品でつけまつげやダイエットサプリなど
モデルは7:3か洋服

文化人
美樹克彦
:作詞・作曲で18~23歳までは年収6000万円。
和泉元彌:紅白司会やって翌年は大河があってゼロのものは奉納狂言(神社仏閣の場合)。狂言師はそれぞれだと思う

ミュージシャン
DJ KOO:実際のお金は分からないが奥さんが港区の高額納税者の所に貼られてよく頑張ったねと言われた。一番多いボーナスはエイベックスの社長がエイベックスの大きな紙袋でそこに1万円札の束をすりきりで頂いた。数千万円のボーナス
高橋ジョージ:ライブが収入源

役者
梅沢富美男:紅白出た翌年から10年間ぐらい毎月2億は稼いでいた。当時の営業は700万ぐらいだったから年間20億円ぐらい稼いでいた。1回700万円入るわけでなく劇団に入って来るお金
役者は7:3

 

芸人
森脇健児:全盛期は夢がMORIMORIやCMなど含めて8000万円ぐらい。一番逆に低い時は600万円。営業を細々とやってキックベースの営業行ったり、前回出演時の850万円以上に現在はなっている。
ロバート:ぴったりで分ける。自分がやってもそれを分けるから腹が立ってしょうがない(秋山)。平均ぐらいだが梅宮ギャラがあるので1700万円以上?はある
ちゅうえい:浅井企画なので吉本と割合が違う。営業の場合も7:3で自分達が7。昔は9:1の時もあった。吉本は9:1の1

アイドル
わからない。
小池美由:教えてもらえない。お金貰っているのかな?と
KONAN:事務所にもよるが6:4

そのほか
浜田ブリトニー:会社起こして全部自分の事務所に入って来るが文化人枠はギャラが安い
家田荘子:色んな芸能プロダクションを渡り歩いてきたが7:3、6:4が多かったが印税もそういう事務所もあったが取材費は自費。本を書く場合は赤字。1冊に500万ぐらいかかり1、2年かかるので
ブランド王ロイヤル森田社長:年商は90年の頃は60億円ぐらい。不動産収入が主に今は財布に120万円ぐらいでコレが普通。

という感じで下世話なギャラの話が終わったのでここで終了します

今回集まっている100人の平均なので実際はもっと低くなるはずですしジャンルによって相当差が開くと思います

後は梅沢さんなどの時はバブルだったりいろいろな要素が関わるので今とは比べ物にならないのは当たり前の話ですね。

だが前回取り上げた時も思ったが芸能人になりたいわけですよねそれも爆発的に人気が出なくても、モデルのてんちむさんが良い例なのかなと17~18歳の時なんてほとんど知名度は無かったはずなのに数千万稼いでいるんですから、全国的に知名度が無くても一部の年代に爆発的に人気だけで考えるとホント恐ろしい。

モデルさんはテレビなどの露出がなくてもプロデュース業などあるから一発当てれば大きいですよね。一方アイドルに関しては給料制が多いのでちょっと悲しい部分はあるのかなと

芸人さんはホントピンキリですからね長者番付が発表されていた時は上位にとんねるずやダウンタウンは当たり前のようにいましたし、ミュージシャンの場合も桁が違い過ぎて

だが一番驚いたのは一度ブレイクして十数年表舞台で目立った活躍が無かった森脇さんの一番低い時で600万円って営業を細々とやったと言っているが細々とやった年収が国民の倍ってわけわからん

昨日、国民的美少女コンテストについて何で売れるか分からないのに娘を応募させるのか?と書きましたが、こういう話を聞くと細々とやって10代の娘が20歳までしか活動しなくても年収100万でも稼いで来たら家族としては楽になるか

てんちむさんが子役時代で500万円ですからそりゃ子役を目指す子達の親が熱心になるのもうなづける。5歳で1000万稼げる可能性があるなら宝くじよりも確率は高いですしね

こういう下世話な話は話半分で聞かないといけないと思っていますけどやっぱり芸能界は夢があるな。

ということでナカイの窓の芸能人の平均年収についてでした。

終わり!

|

« 今夜ハッキリさせてやる!顔だけガチランキングを観るbyロンドンハーツ | トップページ | 高校野球大大大好き芸人延長戦を観るbyアメトーク »

映画・テレビ」カテゴリの記事