« 高校野球大大大好き芸人延長戦を観るbyアメトーク | トップページ | タモリ10月からフジで新レギュラーという記事を読んで »

AV女優の給与明細を観るby給与明細2

しくじった先週こんなネタが放送されていたとは

今回は「給与明細2」で放送されていたAV女優について取り上げたいと思います。前編はYOUTUBEにアップされていたので簡単なまとめも書いておきます

では観ていきましょう。

今回出演した女優は3名。

1人目は立花はるみ。単体AV女優で現役大学生、だがネットの書き込みでバレてしまったとのこと彼女がAVの世界に身を投じた理由とは
きっかけ?:スカウト
買い物をしていたら声を掛けられて、AVに抵抗はあるがといったのでまずはグラビアからだが際どい水着を着るグラビアを続けているうちに1回そこでも(AV)やってみようと思った。その後専属女優として契約
人前でのエッチは?:深く考えてなった
恥ずかしさは:最初はあったが撮影に入ったらそういうモードに入れた

2人目はみおり舞さん。企画単体女優として21年デビューで30本の作品に
きかっけ?:バレエをやっていてもっとイッパイ表現したくてちゃんとお金を貰えて認められたいと海外へ、ヨーロッパで文化の違いなどに触れて性に対して考え方が変わり日本に帰って来た時にもっと自分を表現できる世界が無いかと思いAVへ、さらに有名になってプロデュースをしてみたい。
入る前とイメージ違った事は?:あまりなかった。撮影自体にも抵抗もなかった
人前でのエッチは?:快感というかずっと舞台に立って来たから興奮した

3人目は芹野莉奈。企画単体女優として12年にデビュー約50本の作品に出演
AV出る前の仕事は?
キャバクラ嬢。実績はそれなりに成績をNo.1だったことも、3桁はいっていた最高月収は200万円。当時は完全にクレイジーだった、買い物に行ったら高級ブランドショップで大人買いや毎日パチンコ・スロット。飲みもホストクラブで豪遊したことも
きかっけ?
お金に凄く困ってしまったや有名になりたいというよりは完全にノリと勢い。何も考えずに面接に行ってフラッと入ってしまった。入る当時はAVの子がアイドルみたいにテレビにでたり曲をだしたりグレーな印象があまりなかった。恵比寿マスカッツのコンサートに言った事もあったのでそういうイメージがあったため

入る前とイメージ違った事は?:見えてないところでの完全な肉体労働感。精神的より体力の方を使う。次の日全身筋肉痛や声が枯れたことも

さて前編をまとめてなかったので簡単にまとめましたのでこれからは後編。ということで仕事現場に潜入ですがその前に
立花はるみ
元々エッチは好きだった?

そんなことない。

初体験は?
16歳。
エッチがすごく好きなわけではない「普通」

エッチが好きになったキッカケは?
おもちゃ。使った事なかったが男優さんがやってくれてそれが気持ちよくて、入る前はイッたこともなかったが撮影で始めてイッた時はわからなかったです気持ち良すぎて、とにかく気持ち良かった

みおり舞
初体験は?

16歳。

それからドップリハマった?
2人目の彼氏。デザイナーさん(海外展開する有名ブランド)の人。家とかに洋服の切れ端とかがあってその切れ端で腕を拘束されたり、デザイナーだけにデザインされた。

芹野莉奈
初体験は?

中学3年生。それからずっとエッチは好き。淫乱ぐらいまで入ってないが

経験人数は?
業界に入る前は両手で足りるぐらい。

お仕事で変わったエッチや変な事をし過ぎてどノーマルな普通なのがやりたくなってくる。私の職業を知って陥る人はみんな期待する「すごいことされるんじゃないか」と、仕事でする時は演技じゃない部分もあるけど、次の段どりとか頭に入れてしたりするので完全に演技じゃないとは言い切れない

続いては
私生活&仕事現場
立花はるみ

ファンとの写真撮影会。マネージャーの帰宅で会場へ秋葉原Area66にて、14時から撮影スタート。1部90分7000円、2部60分5000円。主に週末に行われる。3時間で撮影終了

2日目:AV撮影の現場へ
月に1回しかないので緊張していると立花さん。8時20分メイク&朝食。9:30パッケージ撮影。いよいよAV撮影本番し深夜1時撮影終了。

撮影を終えて?
死ぬかと思いました。大変でした激しかったです。翌日は午前中から大学の授業

みおり舞
朝5時。現場は戦隊モノっていうか特撮で正義のヒロインとして悪の組織と戦うが反撃され辱しめを受けるという内容。準備を済ませ6時に自宅を出発。この日の現場は撮影NGのため、終了後会う事にだが翌朝6時に帰宅。

体力ある方だと言われたが一睡もしていないです。と言えに帰り一息と思いきや朝9時に仕事へ、6時30就寝。

芹野莉奈
複数のAV作品を同時に撮影する現場へ、朝8時都内某スタジオでスケジュール&台本確認。午前中は人妻風の作品ともう1つは王様ゲーム、午後がレズビアン。衣装に着替えて9時30撮影開始、屋外でドラマのシーン。

11時30分昼休憩。食事をしながら台本を確認しメイクを直して撮影へ、撮影後バスローブスタがで出来を聞くと満足のいく演技が出来たと思いますと、深夜1時撮影終了。

大変じゃないですか?
樽直管とか疲れたかなとはあるが大丈夫!

2日目
夜22時六本木で待ち合わせをすると「Red Dragon」へ出勤。ここは全員AV女優がキャストのキャバクラ。週1~2回出勤し

そしていよいよ給与明細公開へ
みおり舞
月収:62万3250円(5月)。2枚目48万6900円(6月)
5月:AV出演6現場約約50万、その他取材・撮影会等約10万
6月:AV出演4現場約約40万、その他取材・撮影会等約10万

最近やっと安定してきた。普段は6月ぐらい

芹野莉奈
月収:75万円。税金差引後673,425円

この時はAV出演7現場(1現場平均約10万円)

立花はるみ
月収:180万円(差し引き支給額)
AV出演1現場約160万円
その他取材・撮影会等約20万円

将来について
立花はるみ

今後は続けようと思っているが就職活動も普通にして大学も卒業して普通に働きたいと思っている

みおり舞
最終的には監督とかにもなりたいです

芹野莉奈
とりあえず続けたいけど長く続けれる仕事じゃないので今は本当に目標とかなくてですね。来た仕事を日々やってるんですけど・・・・

という感じで終わった今回ですが

僕の長年気になっている何故あなたはそんなに美人なのにAV女優になったの?という個人的な興味。

今回出演した3人ですがメーカー専属、企画単体など給与の差は元々あるためがやはり相場はあまり変わっていない模様ですAV女優。企画女優が5~6本やるギャラよりも専属女優が月1で撮影するギャラが1本あたり10倍以上違うという現実は

長くできる仕事じゃないからこそですがいかに専属がスゴイと言う事ですよね。立花さんは大学生で1年間12本リリースしたら1000万越えの収入ですよ。普通の企業に入ったら今の給料の10分の1になる可能性だったありますからね。

今の仕事で稼いだお金を彼女がどのように使うか次第ですね、AVを引退してもソープ嬢など風俗関係の仕事に行く人が多いと話も聞きますから

後編は撮影現場もありましたが中心でしたが芹野さんが言っていた通り肉体労働ですね。確かに体力は使っていると思いますね作品によっては何人もの男優を相手にしなくてはいけないですし、まさかの翌日帰宅には驚きました。企画もの女優さんならではなのかなと

専属女優は月1でリリースの為、残りの日は撮影会。同じ撮影会でも今回の場合で既に培地がいますからね

たしかにコレだけもらえればAV女優になりたいという人が増えているのも分かります。ただメーカー専属に慣れるのは一握りなのでそれ以外はほぼ企画もの。結局は数をこなす必要がある

いやー今回の立花さんはまだ始めたばかりでこれですからね世間にも名が知られている専属女優たちは一体どれだけギャラをもらっているのか興味は尽きません。

ということで久々に給与明細でAV女優を取り上げていたのでまとめてみましたが、やはりまだまだ色々知りたくなる業界です

終わり!

|

« 高校野球大大大好き芸人延長戦を観るbyアメトーク | トップページ | タモリ10月からフジで新レギュラーという記事を読んで »

映画・テレビ」カテゴリの記事