« 「ガンダム Gのレコンギスタ」先行上映を観てきました! | トップページ | SKE48の木下有希子の卒業が悲しすぎる »

いまだに「天使すぎる」という言葉が使われることについて考える!

本日はとある記事を読んでこの風潮っていつまで続くの?ということについて

それは
天使すぎるなど○○過ぎると言う言葉をバカみたいに使う事について
です

今回読んだのは記事抜粋
NEWS ZEROの塩川アナが東京・丸の内で開催された「大丸有打ち水プロジェクト」に出演。その際、彼女は浴衣姿を披露し、イベント会場で「天使すぎる」と話題になったのだ。
という記事Photoその時の写真が↑なんですけど塩川さんは可愛いですし僕もNEWS ZEROのお天気お姉さんに抜擢された時に取り上げましたけど天使すぎるなんて思った事はなかったhttp://app.cocolog-nifty.com/t/app/weblog/post?__mode=edit_entry&id=79115799&blog_id=255061

ある意味○○過ぎるという言葉を使われるとその子の評判を逆に落とす結果にしかならない。観る前からハードルが上がってしまい、いざ見ると思ったほどでもないと言われてしまう

天使過ぎるという言葉を使われなければただカワイイという感想が、天使すぎるというか「過ぎる」という言葉を使われるとカワイイという風にならない。テレビ・雑誌誰がこのフレーズを未だにウケると思っているのか疑問でしょうがない

そして以前読んだ記事の一つとしては天使すぎるということで一番最初に話題になったアイドルの橋本環奈さんがドラマの演技に挑戦した際の「天使すぎる演技」というバカな言葉の使い方

本人が本人役を演じる事が天使ってもう意味分からん。この言葉があまりに使われてしまうために上にも書いた通り本来は普通にカワイイということになるであろう橋本さんが対してカワイくないみたいな扱いになってしまう

なんだろうこのセンスの悪さはいったい。誰か注意をしたり、このフレーズは世間には飽きられているという見識を持った人は存在しないのだろうか

塩川さんや橋本さんよりも綺麗・可愛い人はイッパイいる芸能界で天使すぎるという言葉がいかに意味が無いかそろそろ考えて欲しい

ヤフコメにたまに書いてある「そもそも天使が可愛いとは限らない」「天使なんてみたことない」というコメント通りです

後は美人すぎるという言葉は減って来た印象ではありますがこの言葉は気軽に使っちゃダメ、世間は飽きているし対した事ない人が多いので

なんでしょうね誰が裏で糸を引いているのかホント気になってきました。「○○すぎる」という言葉を使う事のメリット

最初の導入にしか役に立たず、たいてい本人の評価を落とすような結果になるこの言葉を使う事のメリットを

まあマスコミ何ていい加減なものですからねウソのこともあたかも本当のことのように書くこともありますし、それを我々視聴者・読者が楽しんでいるというのもありますけどね。僕もゴシップ大好きですからウソとわかっていて乗せられることもありますし

やはり乗せられる人間がいるから使うのかな言葉の使い方と言うのは難しいものです

ということで塩川さんは可愛いが天使すぎるほどではないと思った今日この頃でした

終わり!

|

« 「ガンダム Gのレコンギスタ」先行上映を観てきました! | トップページ | SKE48の木下有希子の卒業が悲しすぎる »

映画・テレビ」カテゴリの記事