« 乃木坂46・伊藤寧々・米徳京花・矢田里沙子の卒業・活動辞退について考える! | トップページ | 柴田阿弥のカメラ目線に迫るby有吉反省会 »

菅野美穂の素顔に迫るパート2byウーマンオン・ザ・プラネット

本日は久々に先週に引き続き女優の菅野美穂さんが出演した番組についてhttp://www.ken-on.co.jp/kanno/top.htmlImgactf_kanno_l_2今回出演した番組はウーマン・オン・ザ・プラネットにてアルプスの世界遺産へ行く旅後篇です

では観ていきましょう。

スイス名物の鉄道を乗り継ぎアルプスの麓のグリンデンワルトで現地に住むハイキングガイドの西村さんと待ち合わせ

ガイドの西村さんは「素晴らしい天気で雲もないしアイガーの稜線も左から右に向かって白い雪の頂上に見える」こんなシチュエーションの場所でチーズ農家でチーズ作り体験をすることに

チーズ小屋へ到着すると中にはハイジでみたことのあるような大きな銅の鍋が、家族経営のチーズ農家でチーズ作りに挑戦!

チーズ作りの隣の部屋には牛が何頭もいるという場所で乳搾りにも挑戦。乳搾りに興奮する菅野さん。「やっぱり見るのとやるのは全然違う」と

搾りたての牛乳の味の優しさに感動していると道を歩く2人の少年を見つけて「ペーター」と興奮する菅野さん。牛追いをしている少年を何故か追いかける菅野さん。ハイジ気分で頑張るも追い付けず

チーズ料理に挑戦。定番の家庭料理カットしたチーズに好きな野菜を乗せて専用の機械でグリルしそれをパンにたっぷりかけて完成。スイス名物ラクレット!その味に菅野さんは「おじいさーん!」と一言。

さらにどうしてもやりたいこととして干し草のベットの上にシーツをひいて寝る。青い良い香りでしたと

スタジオでは干し草はチクチクすると思いきや全然しない。フワフワでアニメの感じ歳は37歳ですけど・・・

そしてスイスならではのアルプホルンの演奏を堪能した後はフィルストへ、雄大なアルプスの絶景が楽しめるハイキングに大人気の場所。

ここでは景色を眺めながらハイキングをしているとアイガー、ユングフラウの絶景を見た後はオススメのアトラクションのフィルスト・フライヤーというワイヤーにぶら下がって800mを降下するアトラクションに挑戦※最高時速80キロ、1回3,050円

最高!気持ち良かった!と興奮冷めやらぬ菅野さん、ここでウーマンと別れてゴールデンパス・ラインという鉄道で楽しみにしていた。樽の形をした車両でスイス製のスパークリングワインを堪能。品質維持のためスイス国外では滅多に出回らないワインを堪能しながら運ばれてきたスイス製チーズとハムの盛り合わせ(約2,050円)で至福のひと時を

すると車窓から見えてきたのはレマン湖が、そんなレマン湖での目的はワイン農家へ行く事、ラヴォー地区の葡萄畑はスイスの世界遺産。貯蔵庫へ行くと伝統的なワインセラーが、そして去年出来たばかりのワインを味見。「飲みやすい!ちょっと甘口でスッキリ」と

年代物のワイン貯蔵庫では君にボトルをあげるよとワイン農家のオーナーから生まれ年のワインをプレゼントされ大興奮。

続いてはレマン湖畔のモルジュへ移動ショコラトリー・マイアーへ、内にはオードリー・ヘプバーンの写真がずらり。オードリーが通っていたショコラトリー。店員さんにオードリーとの思い出話を聞きながら、オードリーのお気に入りのチョコレートを味見することに、マラカイボ産のカカオ・バター・生クリームと最高品質の材料で作ったこのチョコレート。

最後はローザンヌで街を歩きながらお土産探し

ローザンヌ旧市街でまずは黒猫に遭遇。プスプスプスプスと言いながら猫を呼ぶ菅野さん。そして黒猫をなでながら「ウシともふれあい、イヌともふれあい、ネコともふれあい」と言いながら

さらに街を歩いていると坂道をダッシュ。そしておもちゃ屋さんを発見し迷わず入店「ル・マレッル」という手作り玩具専門店。店内を観ているとスイス製の鳩のオルゴールやカスケードの塔などの昔懐かしの玩具にはしゃぎながら「有吉さんパンダ好きなんですかね?」と

そしてスタジオで菅野さんのお土産を

大島さんにはスイス製鳩のオルゴール。VTRを観ながら可愛いと言っていた品に大島さん大興奮。有吉さんにはオシッコをするポーズをする木彫りの熊。値段は34,000円。値段に驚く有吉さんを見て爆笑する菅野さんでした。

という感じで終わった今回ですが

スイス素晴らしい!こういう番組を観ると行きたくなるんですけど、やはり日本から出る事に対して興味がそれほどない僕には無理なんだろうなーとつくづく

見聞を広めた方がいいのは分かっているんですけどね。海外に行くのはいつになる事やら

さて今回のスイスですがレマン湖のチョコレート屋さんはチョコ好きの僕は知っていました。オードリーが通っていたと言う事も、以前別の番組で見たんですけどね。オードリーん写真が出た瞬間に思い出しましたよ

日本から出ないのに色々な旅番組を観ているせいで大抵の場所は行った気分を味わっている現状が悲しいがまあそれもいいだろう

それにしてもハイジ気分になるでしょうあの風景を見たら、ワイヤーで降るアトラクションは体験してみたいですね。シンプルにチーズをバゲッドに乗せているだけなのにあんなに美味しそうに見えるのはやはりシチュエーションなのかな

2週に渡っての菅野美穂さんのスイス旅は面白かったので次回があれば別の国を巡ってもらいたいですね。

ということで菅野さんの37歳と自分で言っていましたけど、いつまでも可愛い菅野さんのでいて欲しいものです

終わり!

|

« 乃木坂46・伊藤寧々・米徳京花・矢田里沙子の卒業・活動辞退について考える! | トップページ | 柴田阿弥のカメラ目線に迫るby有吉反省会 »

映画・テレビ」カテゴリの記事