« 札幌にSPR48来春にも誕生?とうい秋元康発言について考える | トップページ | 西内まりやの素顔に迫るby新堂本兄弟 »

菅野美穂の素顔に迫るbyウーマンオン・ザ・プラネット

本日は久々に女優の菅野美穂さんが出演した番組についてhttp://www.ken-on.co.jp/kanno/top.htmlImgactf_kanno_l_2今回出演した番組はウーマン・オン・ザ・プラネットにてアルプスの世界遺産へ行く旅です。2年ぶりに取り上げるので楽しみにしておりました

では観ていきましょう

スタジオで話をするとちゃんとした人が来てくれたと有吉先生。芸能界きっての女旅人として紹介された菅野さん。今回はスイスで世界遺産やチーズなど目的がいっぱいの旅へ

日本からスイスへは飛行機で13時間。直行便が毎日運行されているとのこと

機内でまずはスイス料理を満喫。タダだと思うともったいないと思ってと、空港でもおそばを食べ既に食べ過ぎが始まっていると

そしてついたスイスは家族と行くのもいいけど1人旅は1人旅の良い所もあるので楽しみと電車乗り場へ、スイスパスを変えた鉄道・湖船・バスなどが乗り放題のチケットも購入してグリンデルワルト

チューリッヒから3時間到着したグリンデルワルト。標高1034mにある小さな村。アルプスの山々に囲まれた登山・観光の拠点

ここに来た目的は?
ヨーロッパで1番高い所にある駅。ユングフラウヨッホ駅へ、3454mにあるヨーロッパでもっとも高い場所にある駅で人気の観光スポット。

登山鉄道に乗り換えて外の景色を観ると「絵本みたい」菅野さん。そしてアイガー(標高3970m)を眺めに「アイガー、アイヤー」と上機嫌。ウシの放牧をみて結構な傾斜に驚きながらクライネ・シャイデック駅(標高2061m)

この駅からはアイガーの雄大な絶壁が、そして歩いていると首から樽をぶら下げたセントバーナード。犬と戯れる菅野さんテンション高めに「有吉~!優子~!」と叫んだ後に次の電車の出発時刻に

急いできたためか息が切れる菅野さん。列車でさらに登っていくと切符を見せて下さいと言われたが犬と戯れて無くしちゃったと言いながら探すこと数分。なんとか見つかったが今年37歳になったんだけど・・・と

さらに高地へ向う車内から牛越しの雲越しの山を眺めながら1千万年以上前の氷河を眺めて「かっこいい!」と大興奮。列車に揺られ40分ユングフラウヨッホ駅へ

まず目に飛び込んできたのは日本の郵便ポスト。日本とスイスの有効の証として1993年に日本から贈られたものとのことで、せっかくなので日本に絵はがきを送る事に

そのはがきがスタジオに到着。スイス良いとこ!一度はおいでと書かれたメッセージ。JAPANと郵便番号だけで届くことに驚く3人。

まだまだ登り100m上の展望台スフィンクス展望台(標高3571m)へ

展望台からの眺めに圧倒される菅野さん。メンヒ(標高4107m)、世界遺産アレッチ氷河(全長24km)を眺めていると登山をしている人を発見。8月の雪景色にテンション上がった菅野さんは「弘行~、大島~!」と叫び「人生で大切なことは山が教えてくれる。アルプスが教えてくれる」

絶景の後はもう1つの目的「レストラン・クリスタル」で一流のスイス料理を味わう事に、そこに運ばれてきたのはチーズ・フォンデュ。一口食べた菅野さんはその味に満足した表情を浮かべ、コショウを付けて食べるスイス風の食べ方をしながらこのチーズそのまま飲めちゃうよと

スタジオで話を聞くと
観光地のご飯ってマズイと思うんですが?
美味しくて思い出に残りました。

続いては首都ベルンへ。旧市街自体が世界遺産に登録される美しい街で目指すはアン噴水。アンナ・アイラーの噴水、パイプ吹きの噴水、シムソンの噴水・子喰い鬼の噴水などを観てその後もツェーリンガーの噴水、モーゼの噴水、伝令の噴水なども※150ぐらい噴水はあるとのこと

街を散策していると人だかりがあるので行ってみるとそこにはクマが、ここはクマ公園と言われる場所でクマはベルンのシンボル。

スタジオで菅野さんは街のシンボルだから触れあると思ったが結構遠かったと菅野さん

再びスイスで突然走り出した菅野さんが向かった先には巨大な仕掛け時計。「時計塔」56分になると仕掛けが動き出す時計台。今回は特別に中を見せてもらう事に1530年に作られたスイスで一番古い時計で今もぜんまいで動き毎日手作業で調整しているとのこと

さらに突然上から水が降って来たと思いきやどこから降ってきているかわからないが、道に落ちているコインを拾おうとすると水が降ってくるアート作品。アートを見た後に一番楽しみにしていたゴシック建築のベルン大聖堂

中に入ってみるとゴシック調の建築と昨年修復されたステンドグラスが、344段の階段を登りてっぺんを目指す菅野さん。カメラマンに早いと言われながらも到着した頂上で見た景色を眺めて「ヨーロッパは見晴らしがイイね。なんとかと私は高い所が好き」とこの教会はオススメと

という感じで終わった今回ですが

2年前に取り上げてからそれほど気にしていなかったんですが、CM以外で観る機会が極端に無かったなーと

あくまで僕が見ている番組の範囲ではですけど2年経っても変わらないなーこの人は今年37歳と言っていましたけどずーっと可愛いなこの人は、菅野さんは映画の舞台挨拶で拝見した事がありますがそのその時から変わってない

恐るべし芸能人

さて今回の旅は前編ということで後編も取り上げますが、スイスね。僕の中でスイスと言えばゴルゴ13がスイスの銀行を使っているということが真っ先に頭に浮かんでしまうが

今回は観光地ということでスイスは良いとこですな。菅野さんがはしゃぐのは分かりますね。あの景色を見たら興奮せざるおえない。

スイスと言えば時計で有名ですが1530年に作られた時計が未だに動いているとは職人さんの凄さを感じますね。時計で有名なブレゲもスイス出身ですしね

ということで後編も非常に楽しみな菅野美穂さんのスイスの旅。次回も楽しみです

終わり!

|

« 札幌にSPR48来春にも誕生?とうい秋元康発言について考える | トップページ | 西内まりやの素顔に迫るby新堂本兄弟 »

映画・テレビ」カテゴリの記事