« うぬぼれ注意!オンナの自分番付2014パート3byロンドンハーツ | トップページ | 乃木坂46・伊藤寧々・米徳京花・矢田里沙子の卒業・活動辞退について考える! »

タッチ芸人を観るbyアメトーク

本日はとうとうあだち充先生の作品にまで手を広げたアメトークについて

今回のくくりは「タッチ芸人」。あだち充先生の名作でございます。僕はもちろん読んだ事はありますので楽しみにしておりました。

では観ていきましょう。

出演者は磯山さやか&土田晃之&キャイ~ン天野&ビビる大木&エレキコミックやつい&
ロザン菅&ペナルティ・ワッキーそして たんぽぽ白鳥です。

磯山さんが今回はリーダー、今回のコスプレは磯山さんは浅倉南。だがツッチーは浅倉南より20キロぐらい重いからと指摘されながらも他のメンバーの話を聞いていくと

ツッチーはジャイアント白田とイジられるが実際はボクシング部の原田と言いながらも弟・和也で天野くんは兄・達也。大木さんは和也、やついさんは和也、菅ちゃんは達也、脇田さんは左が達也で右が和也の半分マン。

ここでたんぽぽ白鳥さんが登場。ツッチーに何でコイツ呼んだんだよと、アゴの方向が南ということで

タッチとは
1981~1986年まで週刊少年サンデーで連載
累計売上7000万部

タッチ登場人物
上杉家:達也と和也
浅倉家:南
お隣さん&幼なじみ♡

和也は野球部のエースで勉強もできるモテモテ
南ちゃんは野球部のマネージャー
南を甲子園に連れて行くということが目標の和也に「めざせカッちゃん甲子園!」という色紙を送る南ちゃん。和也は南の夢を叶えるために頑張る

その頃達也は野球もしてなく勉強も出来ないが運動神経があると、そして黒木先輩の彼女西尾佐知子に運動神経の良さを見抜かれている。だが野球部に誘われるがボクシング部に入部する達也

物語を盛り上げる設定が・・・
上杉家と浅倉家の間に勉強部屋が3人が勉強する部屋だが色々な事が繰り広げられる。
土田:勉強部屋ではなく遊び部屋が歳を重ねて勉強部屋に
脇田:勉強部屋に親は入って来ない
ここでアニメのVTRが
南ちゃんがトランプで恋占いをしている場面で和也が後ろから抱きしめて「好きだよ南」と告白。

白鳥さん憧れると大興奮し同じシチュエーションをやってみる事に、だが相手役として誰も手を挙げずツッチーのムチャブリで宮迫さんが和也役を、険しい顔で近づきアゴを抑えて「好きだよ」と言い最終的に投げ飛ばして終了。

揺れ始めた3人の関係、達也と南にも展開が・・・
大木
:ボクシング部で達也は試合に負け、和也は野球で勝利。家の1回では和也を祝うパーティーをしている中
土田:南ちゃんはどっちにも勝ってと伝えていたが、勝てずにへこんでいる所に南ちゃんが訪れて話している中達也が「こんなときやさしい女の子なら、だまってやさしくキスするんじゃないか」と達也が言った後に南ちゃんがキス。その頃、和也は1階。
:和也はなんとなく南が達也の方が好きだと感じている。焦る和也は南に婚約したいとささらにキスをしようとするが南ちゃんが涙・・・そして南の気持ちを知った和也はオデコにキス。
脇田:実はその時2人の会話を達也は聞いていた。そして南が窓を開けると達也がいて話をするが、その話も和也が聞いていた。

突然、終わりを迎える3人の関係
磯山:和也が亡くなってしまう。
:あそこで終わりと思っている人もいる
宮迫:サンデーを呼んでいた際に嫌な予感がしたのでサンデーを閉じた。メインキャラの1人が死ぬってどういうこと?と
磯山:地方大会決勝の日に交通事故に
ここでアニメのVTRが

宮迫:達也が「死んでるんだぜそれで・・・」というセリフが余計に悲しい
土田:和也は何巻で亡くなる?
7巻
この後の達也と南の話の方が長いが和也の想いを背負って達也は野球部へ
:もともとタッチは「バトンタッチ」という意味
土田:連載が始まってここまでまったくわからない
天野:達也の名前かな?と
土田:なぜ達也はボクシング部に入ったのかというと原田に誘われたから
大木:原田はホットコーヒーが好き!
土田:女子新体操部を小窓から覗く

和也の死後、達也はエースに!高3の夏、地方大会決勝へ
:買ったら甲子園という試合で須見工との決勝。2アウトランナー2塁でスラッガー新田と対戦することに
新田が切望する「和也との再戦」。自分の気持ちを抑えて敬遠をしようとチームメイトに提案。だがチームメイトは新田との対戦を達也に託す
:達也が投げたいという気持ちをチームが理解
磯山:みんなが言われた際に嬉しそうに守備につくのが本当に良いシーン。磯山さん号泣
土田:新田は甲子園に出て決勝でエラーで負けている。甲子園にでっかい忘れ物があるという新田の想いも
:ラスト1球。「今から嫌煙したくても次の打者に投げる力は残ってねえ、南ゴメンな」そして投げる時に和也が乗り移り空振りで打ち取り甲子園出場

甲子園出場を果たした達也。最終回に名シーンが
磯山
:達也が南へ告白。試合前に熱が出たとウソをついて宿舎を抜けだし南の元へ「上杉達也は浅倉南を愛しています。世界中のだれよりも」。南「もう一度」と言うが達也が「10年後にまたいってやるよ」「・・・ケチ。」そして帰ろうとした際に熱があるんだよねとオデコを近づけてきて2人の足元が
土田:これがあだち先生のマジック
宮迫:演出がにくい
土田:エッチなシーンやパンチラシーンもあるがそれどまり、青春時代の10代の男が見てもワクワクするしトキメク
脇田:パンチラがめっちゃ多い。多すぎて読むのがめっちゃ遅かった。1話につき1パンチラぐらい。2話ぐらい連続でパンチラが出てこなかった時があったら次の回に溜めうちしてきた。

達也から学んだテクニック!
脇田
:勉強部屋で達也が1人寝ているがそれに気づかずに南が着替え初めてブラ姿になった時に達也が咳払いをして気づかせると、南「みたなぁ!」達也「バーカ。ほんとのすけべなら息をひそめて最後までみてらあ」南「ふむ。」と、だがオチは達也が外で「くそ!おしかった」と悔しがる

私生活でもメッチャ使っている。よくパンツ見えている娘を見た際にすぐに言って、その後にこのセリフを言うと女性が南みたいなリアクションをしてくれる。

浅倉南を愛しています!
磯山:みんなの憧れ南ちゃんは外せないので南ちゃんの可愛すぎるシーンを発表
見出し:ええ!?南ちゃん、どっち?
:ある日南ちゃんが勉強部屋に日記を忘れて行ってしまう。それを気づいた達也は日記を見ないが持っている時に南ちゃんに見た?と言われるが達也に「読まれても困るもんだったらちゃんとしまっとけ!」と言って次の日。南ちゃんはまだ疑っているがお昼休みに屋上に達也を呼び出して「日記に書いてあった事・・・・好きだったのずっと、タッちゃんのこと本当に好きだったのタッちゃんのこと」と言って達也を動揺させて最後に「読んでない。タッちゃんのことなんて悪口しか書いてないわよーだ!」と
宮迫:でも本当は書いてあるかも知れなよね

やつい:雨降りの日に傘を和也と南は持って行くが、南は達也は傘を持って行ってないとボクシング部が終わるまで待っていて帰りに一緒に帰っている途中に、南の肩が濡れている事に気付いて南の方に傘を寄せて、その後に南「お礼言ってよ。わざわざボクシング部終わるの待っててやったんだぞ」と達也に言うが「ウソ、ウソ、ぜーんぶウソ」と去っていく。
宮迫:傘意味なかったよね。
土田:家に帰った後に和也にビチョビチョのことを言われて勉強部屋で南に和也が兄貴はびしょ濡れだったよと伝える
やつい:僕は今もずっと心掛けているシーンです。傘を忘れた理由もパンチ(犬)が天気をよめるが達也が来た際に今日は雨が降らないのか?と聞くと鳴き傘を持って行かなかった。これはパンチは南の話をよく聞いていているのでワザと言ったのではないかと思う

見出し:男を虜にしちゃう仕草
磯山
:達也の試合中。エースの達也は疲れている中で客席の南を見つけて元気になる。達也くんの疲労回復剤と言われた際に「ミナミは小さな巨人です」と

土田:南は子供の頃から凄い。壁に丸を描きボールを投げると達也が見事命中させてご褒美でキス。魔性の女小学校の頃から自分のキスをプレゼントに男同士を競わせる
土田:和也とデートをした際に喫茶店で喋っている後にストローをくわえる場面が、こんな子は見たことない

天野:ぬいぐるみをよく使う。達也は南のこと好きなんだよという話をした後に、みなみがぬいぐるみを使って「で、そうすっと?おまえはいったい南のなんなんだ」と自分の気持ちを言えないからぬいぐるみを使う姿が可愛い
天野:和也が積極的に出て南と空気がぎくしゃくした時にぬいぐるみを使って「ガオ!んなことありませんよーだ」

見出し:南ちゃん不用心すぎない
脇田
:朝起きてベランダに出てベランダでパジャマを脱ごうとしたが気付いてカーテンを閉める
脇田:朝、ベランダで腕を伸ばした後に上半身素っ裸になる。
脇田:お風呂場の外で達也が覗きに行こうとした際にパンチが吠えて南が窓を開けてしまう。 

こんなセリフなかなか言えない
天野
:勉強部屋でポーカーを楽しんでいる際に何かを掛けようということになり、勝った方が南を嫁さんに出来ると和也が言った後にトランプを配り終えそうになった時に南が「ミナミはポーカーチップじゃないぞ」

大木:2階建てベットでキスをした後に達也が動揺して食事がのどを通らなくなる。それで体調を崩し倒れてしまい学校の保健室へ、保健室でラーメンを食べている際に心配で見舞いに来た南の箸と丼の使い方がスゴイ。
ここでVTRでキスのことを南に問い詰める達也、南の回答は「タッちゃんだから、南のファーストキッスなんだぞありがたく思え・・・」そして「あいてがタッちゃんだったから」と丼を箸で叩きちゃん「相手がタッちゃんだからいつもと変わらない南でいられるのですよ」

土田:あだち先生の作品はスゴイいい作品が多いが、かなりどの漫画を観ても登場キャラが似ている
ということであだち充クイズ
達也はどれでしょうか?と三択を出すがタッチ芸人も困惑する始末。
土田:あだち充先生は「同じ劇団が色んな出し物をやっていると思ってください」と、同じ人が色んな役をやっている

 

という感じで終わった今回ですが

僕は「タッチ」よりも「ラフ」「H2」の方が好きなんですけど、番組を観ていて久しぶりにタッチが読みたくなってきましたね。

こうなると「らんま1/2」芸人もあってもおかしくないな、いや「めぞん一刻」「犬夜叉」など高橋留美子先生芸人とかでも。もしくは週刊少年サンデーを愛し続ける芸人とかでも、それでジャンプ、マガジンとやってもイイのではないかなと

なんかサンデーを支えてきたのはあだち充先生と高橋留美子先生という印象が強いんですよね。

さてタッチ芸人ですが、もう南ちゃんが可愛すぎる。それにしてもタッチは名シーンが多いですよね。今回なんてタッチの中ではさわりの話ばかりですよ

そして何度見ても泣ける霊安室での南と達也のシーン。

あだち先生の作品ってそういえば最終回で決勝のシーンとかあると何故か最後まで書かずに終わる場面が多いんですよね。狙ってやっていると思うんですけどその締め方も好きなんですよね

読者の想像にお任せします的な、だが恋愛に部分に関しては決着をつける場面は多いのかな?と

やっぱりあだち充先生は凄い人だ

ということでタッチ芸人。次はいったいどの漫画が取り上げられるのか楽しみです

終わり!

|

« うぬぼれ注意!オンナの自分番付2014パート3byロンドンハーツ | トップページ | 乃木坂46・伊藤寧々・米徳京花・矢田里沙子の卒業・活動辞退について考える! »

映画・テレビ」カテゴリの記事