« 2014年4月13日 - 2014年4月19日 | トップページ | 2014年4月27日 - 2014年5月3日 »

笑福亭鶴瓶師匠の「鶴瓶噺2014」を観てきました!

本日は笑福亭鶴瓶師匠の「鶴瓶噺2014」を観に行って来たのでそのことについてFly_140422_tsurubebanashi_m_pm_img_鶴瓶師匠は東京国際映画祭のグリーンカーペットにて拝見しましたがその時もテレビの時の印象そのままでしたが今回はトークということで楽しみにしておりました。

今年はお笑い芸人さんなどのトークライブにも足を運んでみようと思っている第一弾として鶴瓶師匠に行って来ましたが面白かったなー

鶴瓶師匠のエピソードトークが全部実話だと思うとこんなにも笑いの神に愛された人はいるのだろうか!と思ってしまうほど

タクシーの話、家族に乾杯!の話、奥さんとの話、高校時代の話など面白すぎると言う表現はあまり使いたくないですが今回ばかりは本当に面白すぎました。

面白い話が多かったので覚えているものの多いのですが今回は書かないでおきます。気になる方は行ってほしいので、高校時代の同級生と修学旅行の話は秀逸でしたね。

それにしてもトークライブというものに初めて行ったからかなのかもしれないですけど、一番最初に行ったトークライブが鶴瓶師匠で本当に良かった。

はぁ~こんな面白いモノをスルーして生きてきた自分が悲しい。

鶴瓶師匠の落語も聴いてみたいので今度は落語会のチケットを手に入れようと思います。

そんな面白い鶴瓶師匠のトークも良かったのですが、僕は別の所にも意識を持って行かれそうになりました。

それは

最初席に着いて始まるのを待っていたら2階席にいたんですけど周りがヤケに中央をみているなーと思って目線をやるとそこにいたのはナインティナインの岡村さん。

うわっー!岡村さん来てる!プライベートだからメガネ掛けてるし!と鶴瓶師匠との付き合いは長いはずだしなーと思って暫くして

空いている席にまた2人やってきてそのうち一人がメガネ・マスクの完全装備だったのでコレは業界関係者かな?と思ってよく見たらSMAPの中居くん!

うわっ!今度は中居くんかよーっと、これまた鶴瓶師匠と番組共演も長いですしたまに番組でプライベートの話を聞いたりするので仲は良いとは思っていましたが

中居くんってこういうの観に来るんだ!と

ちなみに中居くんは話が終わった後に他の客が立ち上がる前に会場から出て行きました。

まさか中居くん観れるとは思わなかったですね。SMAPメンバー誰ひとり生で観たことなかったし、映画の舞台挨拶チケットも取れないし、コンサートチケットも取れないしで生で観る事はないかと思っていたら

まさか中居くんが観れるとは

岡村さんと中居くんに意識が半分持って行かれたので鶴瓶師匠が客席を爆笑させている時にその時どういう表情で観ているのかな?と何度かチラ見をしてしまいました。

そして今さらながら本当に岡村さんだったのかな?中居くんだったのかな?と思ってしまいもし違ったらご本人に迷惑をかけるかもしれないという思いもありますが

今回は記事として取り上げてみました。

ということで鶴瓶噺面白すぎました。また機会があったら観に行こうと思います

終わり!

|

木村拓哉・北川景子の新コンビでドラマ「HERO」復活について考える!

本日は復活するという噂は昨年から聞いていましたが本当に復活するとは思わなかったものについて

それは01年に最高36・8%、平均34・3%(関東地区)で驚異的な視聴率を記録した木村拓哉主演ドラマ「HERO」が7月クールから復活するということです

僕としては大好きなドラマだし、ヒロインが北川景子ちゃんと考えるだけでテンションが上がってしょうがない!

だが悲しいかな木村くんと北川さん以外の出演者ですが
城西支部のほかの検事役には杉本哲太(48)、濱田岳(25)、松重豊(51)、吉田羊(よう、年齢非公表)ら実力派俳優がそろう。事務官コンビの小日向文世(60)と八嶋智人(43)は続投し、11年に死去した児玉清さん(享年77歳)が前作まで演じていた次席検事の役職には、これまで検事部長だった角野卓造(65)が昇格する。オリジナルのキャストと新レギュラーの融合で、再び「HERO」がスタートを切る
とのこと

松たか子さんと阿部寛さんの名前が・・・

まあオリジナルキャストでなければダメというわけでも無いですからね。

さらに悲しいのはドラマの復活でなくフジテレビがここまで追い詰められているのか・・・という所ですかね。

13年前のドラマを復活させないとダメと感じるほど追いつめられているのか?「ショムニ」で失敗した事をまた繰り返してしまうのでは?と

当時のように30%を超える事は難しいがフジテレビとしてはここ数年月9の平均視聴率が20%を超える事がほぼ無い事を考えると最低ラインを20%として定めているような気がします。

まあ僕個人としては恋愛ものの話が好きではないので今回のような「HERO」などの方が月9は見やすくてあり難いです。

それと「HERO」が復活することで気になっていた点が解決するかも!と思っている部分があります。

それは映画版で出演したタモリさんとの決着が描かれるのでは?と勝手に想像しております。あの時は最後に挨拶ぐらいしかしてなかったですがタモリさんが笑っていいとも!が終わってから出演するドラマとしてはこれ程面白いタイミングはないのではないかなと

映画版から7年という月日でさらに権力を持っている可能性も考えられるのでホント楽しみですね。というかこれぐらいしてくれないと視聴率なんて取れないです

僕の個人的身勝手な考え方ですけどね

まあ北川景子ちゃんが今回を機に番宣でバラエティ番組に多数出演してくれると思うのでそこの部分を楽しみにしたいと思います。

ということでフジテレビの賭けは成功するのか7月の放送が楽しみです。

終わり!

|

ビートたけし×ダウンタウンの共演を観るby水曜日のダウンタウン

本日は短いですが非常に驚きの展開を見せたことについて

今回取り上げるのは「水曜日のダウンタウン」にてビートたけしさんとダウンタウンが共演を果たしたことについて

浜ちゃんがプレゼンターを呼び込んだところそこに現れたのは佐村河内守の紛争をしたたけしさん。

ダウンタウンの2人が驚くたけし×ダウンタウンのやりとりですが
松本:何をしているんですか?
たけし:呼んだ?
浜田:呼んでないっすよ
松本:本物よりビックリしたわ!
たけし:楽屋にいたらやってるから
松本:フットワーク軽すぎるでしょ
浜田:俺この角度だからマジか?と
松本:あの人散髪したし、ちょっともう何してるんですか
浜田:帰りなはれ早く!

そして颯爽と帰って行くたけしさん。

たったこれだけのやりとり時間にして1~2分ですがたまたま録画していたモノを見ていたら驚きの展開にテンションが上がっております。

たけしさんとダウンタウンの3人の共演は23年振りとのこと。

たけしさんの後に出演したロンブーの淳さんが気の毒でしょうがなかった。あの格好で来てよちよち歩いて来たんでと事情を説明。芸能界20年間いてたけしさんと初めて会ったとのこと

それにしてもここ最近はあまり記事を書く時間がない中久しぶりに早く帰ってきて見ればこんなサプライズが見れるとは

ということでたけしさんとダウンタウンの貴重な共演についてでした。

終わり!

|

松本人志が視聴率報道を批判という記事を読んで

本日はフジテレビの『ワイドナショー』でダウンタウンの松本さんが話したことについて思う所を

とりあえず元ネタは番組中の発言でした。記事抜粋
この日は、オダギリジョーがテレビ東京系ドラマ『リバースエッジ 大川端探偵社』(毎週金曜24:12~24:52)の完成披露会見で「民放のドラマですごい低視聴率を取って、もうゴールデン嫌だなと」と語った話題が取り上げられ、松本は「昔は高視聴率がニュースになっていたんですが、低視聴率がニュースになるようになった」と分析した。

そして、「意地が悪いなぁというかあんまりよくないなぁと思うんですよ。もちろん高視聴率にこしたことはないんですが、みんながみんな高視聴率だけを狙って番組を作っているわけじゃない」と訴え、「みんな、それぞれ思いがあってやってるのに、視聴率が悪いだけでどうこう言われるのは、本当にまた悪い方向にテレビが向かっているのでは」と数字に縛られることによって番組制作に影響が出ることを危惧。「視聴率は一般の人が知らなくていいことやと思うんですけど」と語った。

番組を見てましたけど松ちゃんの発言に納得する所もありますけど、コレばかりは難しい気がするんですよね。

「視聴率は一般の人が知らなくていいこと」なのは確かなんですけど、その視聴率が一般の人にとっては面白い番組を見る指標になってしまっていますからね。

特にドラマなんかは視聴率報道によって「半沢直樹」みたいな番組が生まれた気がしています。悲しいかな視聴率ネタってネットなどで非常に話題になりやすしんですよね僕もブログで取り上げますけど

今回の放送では鳥越俊太郎さんや松ちゃんがドラマの視聴率については「今は録画機器もいいし、若い人なんてリアルタイムに見ないでしょ。見ているのはご高齢の方や録画機器が無い人ぐらい」のような感じの発言も

僕は昔から録画率も計測しないと今の時代に視聴率なんて意味がないと思っております。特にドラマは録画率も加味しないと判断は出来ないと

ドラマなんて好きな時間帯にCMを飛ばしてみるもんですからね。特にジャニーズファンの方々にとっては自身の応援しているタレントの番組は必ず録画していると思いますし、何せジャニーズの関わるドラマの再放送なんてほぼないのでね。ジャニーズ事務所が放送しないようにさせているのか肖像権の問題なのかわかりませんけど

ドラマに関しては「低視聴率=支持されてない」とは思えない。

だが今回はもう1つ取り上げられたのが「笑っていいとも!」終了後に放送された「バイキング」についても言及されました。記事抜粋

「この局の『バイキング』も毎日視聴率のことが言われているでしょ」と、今月1日から『笑っていいとも!』の後番組としてスタートし、視聴率の低迷が続いている『バイキング』(毎週月~金11:55~13:00)の話題に。松本は、「『笑っていいとも!』かて悪い時あったんですよ。現に、悪い時もあって、結局終わることにもなったわけじゃないですか。その時は『いいとも』を叩いてたくせに、終わったら終わったで過去のものは叩かないんですね」と指摘し、「今を叩くために、過去の『いいとも』をめちゃくちゃよかったと持ち上げだす。この気持ち悪さは、本当に嫌なんですよね」と嘆いた。

この発言には同感です

僕もいいとも終了が決まってからラスト1週間ぐらいになった際の持ち上げ方は本当に気持ち悪かったです。ここ3~4年は毎日いいともを録画してその日放送をチェックしてましたから本当にいいともが終わる時は悲しくなりましたけど、多分「いいともなんて面白くない」と言っていたような人が終わりに近づくにつれて褒めていると思うと苛立ちと言うか「お前らがちゃんと見なかったから終わる事になったんだろ!」と

だが「バイキング」に関しては笑っていいとも!の後番組だから偉大な番組を2~3週間で抜けるわけがないとホラン千秋さんが言っていましたけど「バイキング」に関しては視聴者はいいともを終わらしてまでやりたかった番組が「ヒルナンデス」とかのようなどこの局もやっているような番組を制作するためだったの?と思っているからこそ視聴率だったり番組の批判をしているわけです。

別にコレが他の局がやっていないようは独自の番組であればこうはならなかったと思っています。まあ独自色が強すぎても叩かれると思いますが今のような状態にはならなかったのかな?と

だから言うのもなんですが「ワイドナショー」みたいな番組は視聴率が低くても固定ファンがつくんです。

ここ最近はフジテレビ批判というかフジテレビ大好きっ子だったからこそ色々思う所を書いていますが視聴率という呪縛から解放されない限り面白い番組は作れないんでしょうね。テレビ局にとっては大変な時代になったものです

ということでスポンサーなどがいる以上は視聴率至上主義にならざるおえない放送業界は一体どうなる事やら

終わり!

|

« 2014年4月13日 - 2014年4月19日 | トップページ | 2014年4月27日 - 2014年5月3日 »