« 2014年11月30日 - 2014年12月6日 | トップページ | 2014年12月14日 - 2014年12月20日 »

もっとやれるはずだったのに・・・2014反省会を観るbyアメトーク

本日は僕もそろそろ始めようかなと思うことが放送されたアメトークについて

今回の企画は「もっとやれるはずだったのに・・・2014反省会」。自身の反省もしつつ観ておりました

では観ていきましょう。

企画を発表した後に、今回は全国ネットのテレビ出演減少、コンビ格差があるコンビを各事務所にリサーチした結果。出演者の登場品川庄司&COWCOW&麒麟&板倉俊之&パンクブーブー&スリムクラブです

いつもテレビで観ている面々だが反省する点があるということで
品川:前室であれだけ盛り上がっていたのに本番では喋らなくなった
板倉:(相方の堤下さんがいないことに対して)コンビでアメトークに呼ばれるのは数年ぶりなのに海外旅行(マカオ)に行っているので欠席。出たかったら海外旅行辞めればいいだけの話しなのに、アメトーク断ったら芸人終わり!

コンビで原因を自己分析
品川庄司
・レギュラーが0本になる
・アメトークでがんばって身を削る
・アメトークにたくさん呼んでもらえる
・少し、成長マン、ロンハーにもよんでもらう。
・しかし、それ以外仕事減る一方
品川
:僕が呼ばれるのは好感度低い、ブス受け入れない、反省会みたいな突きつけらる企画ばっかり。ボケるというより魂で喋っている。手ごたえを感じるほど何か少し仕事が減っている気がする。フジテレビで言ったら今年2回ぐらい、日テレで4~5回。
板倉:昔はさんなんて付けていなかったのに、今どれだけ追い詰められているかわかります
川島:どうした品川以降ネットで何をやっても叩かれるようになった。いつもみたいに品川はそんなことないと言う人がいるが、それかばっているのは品川さんじゃないか?と

品川:どうした品川の後にコンビで熱くなって品川庄司会議を開いて今後の方向性を熱く話し方そもそもコンビのオファーが無い。庄司のフルスイングをテレビで観て家で「オォー!」と
庄司:まず会わない映画の撮影とか行っているから久しぶりにあったら緊張してしまった

麒麟
・「ホームレス中学生大ヒット」という大事故。印税2億稼いだがコンビとしての格差が、バラエティもその時期に田村くんばかり呼ばれたが
・川島ピンの仕事に呼ばれるようになったが田村くんが何をやっているんだ?
・週8でバスケ
最近、劇場でも田村くんを観なくなった。
田村:筋トレ行ったりとかバスケ皆上手いから負けたくないから体鍛えて、バスケなんすよ僕もう・・・。
川島:漫才中にも何年か1回スーツを新調するが、その際に肩周りの良いスーツを着てきた。
田村:肩が上がるやつでないとイヤ

パンクブーブー
・人気がバリバリにない
・東京からお呼びがない。人気が無い=東京でも響かない
・地方で頑張る。地方でお仕事を増やすと
・東京の千載一遇のチャンスを逃す
黒瀬
:今までもないと思っていたが今年は凄かった。地方で営業キャパ1000人。盛り上がるが楽屋口でバスに乗ろうとするとファンの人が列になるがなかなか握手の手が出て来ない。この間女の子が手を出してきたが違うということで「チョチョチョチョチョチョチョ」と、その後ろにピースの綾部がいた。聞いた事もない方言で「ちごんというとんがじゃ」と言われた。
佐藤:バスの周りの出待ちでいる際に僕の前にノンスタの井上が座っていたのでバスが見えない状態だが窓を開けて手を振るということを井上がやっていたので柄ではないがやってみようとチャレンジしたら木の枝がわさっと当たって来た。

スリムクラブ
・ネタが当日ギリギリまで出来ない。怠け癖があって当日も出来ない
・内間が極度の緊張
・内間アルコールに手を出す
・内間楽しくなる
・THE MANZAI2回戦落ち
真栄田
:お互いメンタルが弱くてどうしても緊張してしまう。上沼さんの番組に呼ばれた際にイジってもらった際に方言で怒っている。「やったーやったくるさりんどー(お前の子孫を根絶やしにする)」と
内間:お互い緊張するのでスリムクラブの良さは仲良くじゃれ合っている感じで、相方こんなに可愛いのに緊張したらただの巨人にしか見えなくなかなかじゃれあえない

COWCOW
・あたりまえ体操でテレビの仕事が増える
・あたりまえの事しか言わない
・普通の人になる
・テレビの仕事から遠ざかる
・あたりまえ体操がインドネシアでブレイク
・インドネシアでの仕事が増える
・日本での仕事が減るのはあたりまえ

多田:最近インドネシアでの活動が増えている。
インドネシアのテレビでの映像を観ると大人気のCOWCOW。待ちに出ると人だかり、JKT48のライブにもサプライズ出演。
多田:待遇が違う。僕らの楽屋にモヒカンの皮パン履いた男が机に脚を乗せていた。コーディネーターに聞いたら「インドネシアNo.1ロックスターです」と楽屋が一緒。日本で言えば矢沢永吉さんと同じくらい。だが日本では大西ライオンと一緒

インパルス
・よく呼んでくれていた番組がことごとく終了してしまった
・サバゲーにハマリすぎて時間を無駄にしてしまっている
・せっかくのチャンスに海外旅行に行ってやがる
・なんあんだあいつ
・帰ってきたらとっちめてやる
板倉
:呼ばれる番組が変わってきてしまった。堤下はロケや大喜利気味のモノ。だがこういう時があると言ってしまい空気がピリピリになるのがスタッフに伝わってしまう。
ここで旅行中の堤下さんの写真が
板倉:僕がヒドイみたいな感じになっているが、ネタも作ってそこそこ評価されるクオリティの物をつくってきてお笑い頑張って行こうと思っているのに、海外であんな顔をしている奴をどうやって好きになればいいんですか?思えます逆だったらコレで2人で出て面白い事やったら番組とか何かやってくれるかもしれないし、違う番組に呼んでくれるかもしれないのに、そんな時にマカオでギャンブルやっている奴どうやって好きになればイイ?

個人的な反省点は?
佐藤
:こういう場で一番盛り上がるのは暴露トークだが普段の生活がマジメすぎて何も暴露することがない。性格もマジメすぎるので漫才中に声援されてもマジメ過ぎて「何すか」と声援がわからない。真剣に答え過ぎようと思ってしまう
黒瀬:相方をイジるところがない。「嫁をめっちゃ抱く」ぐらいしかない。5年で3人ですよ。産んだらすぐに抱くので嫁の生理とか観たことないすぐ抱くから
内間:羨ましい最近ごぶさたなので嫁の生理めっちゃ見ている

山田:あたりまえ体操出ててでなくなって相方一人の仕事もちょこっと増えだして、相方の仕事の時はお休みになる。休みが怖いのでこの休みの日に頑張ろうと思って相方以外の人とあたりまえ体操できないかな?と、ふと気づいたら家で飼っているゴールデンレトリバーと去年の暮れから7ヶ月ぐらいかけて教えた。ただ出来たが仕事のオファーが0.YOUTUBEにも上げたが初日5件、僕2、嫁3

内間:僕が消極的なのが問題点とさっきみたいにみんなが盛り上がる際にどうやって接していいかわからない。仲間に入りたいが何を喋っていいか分からないのでその時は口パク。

他のコンビに言いたい事は?
品川
:多田さんがスゴイネガティブ。全然浮かれてくれないというか、R-1で優勝した際にもネガティブすぎて1回浮かれて欲しい。褒めがいがない。
川島:多田さんが明るくてポジティブなイメージがあるが本当は陰湿で暗い。
品川:俺たちの間では有名な多田さんの「ええねんけど話」
川島:「ええねんけどなんかアイツのツイッター1回も笑ったことないな」と言って来たりする。芸人だったらどこか笑いを入れろとツイッターに厳しい。ただ取り締まりが厳しすぎて自分でつぶやけなくなった。
黒瀬:ノンスタの井上のツイッターにも厳しい
多田:普通だったらルミネ終わりにテレビ朝日に移動と言えばいいのに「ルミネ終わりました。さてとテレビ朝日に移動」。「さてと」いらんやん!
品川:ポップでほのぼのとしたイメージが先行しているから早めに黒い部分を吐き出さないと大変なことになるのと、早く仲間が欲しい。
多田:結局自分の話しやんか
ここで宮迫さんにイジられてギャグをするが客が笑わないことにイラつく多田さん。

品川:くろじゅんもネガティブ。愚痴がスゴイ。3秒あったら差し込んでくる「テレビ全然ない」みたいなエレベーターでパッと一緒になったら「大将(品川)仕事全然ない!」廊下で歩いていても「大将、全然仕事無い」と
川島:生活のパターンが漫才は九州で8本、四国で5本、大阪で3本、名古屋で2本、静岡で1本で東京で0になる。東京に来る前に勢力が弱まりすぎる。
黒瀬:キャリーケースの移動が多いので相方は今年だけで2回もタイヤを交換した。地方にたくさんいるので東京の千載一遇のチャンスを逃す。
板倉:仕事に上下付けているから行けないと思う。全部の仕事を大事にすればいいと思う。
品川:相方海外旅行に行ってる!

田村:パンブー佐藤さんがバスケを呼んでくれと言ってくるが、アディダスの誰も履かないコアなばっしゅを履いている。
佐藤:田村、アディダスじゃなくてアシックスだから
田村:こういうのすぐに間違えるんですよー。正直向いてないんですよ。バスケがやりたいんですよ。
川島:コイツ小さい声でスラムダンクでしか聞いた事が無い「バスケがしたいです」って

この際だから相方にハッキリ言いたい!
品川
:ずっと言っているがミキティーと庄司の子供と我が家で食事をしたいと言っているが、その時のエピソードを番組で話せるのに一向に食事会をしてくれない。
庄司:恥ずかしいと言う気持ちがある。本当に言っているのか?トークライブでも言ってくれたりするが、もっと来いよ!オレ押しに弱いだろ
品川:本番で消化してこの後に言ってくれればいいのに、自分はネタも書く、すり寄る、ネタも書いて来たよと「庄司くん庄司くん」やらないとダメなの?
蛍原:来週やれば
品川:来週?
ここで現実味が帯びて緊張する品川さん。

板倉:どうあれ居るだけイイ。堤下はいないですがイジられるタイプ。それはそれで頑張って返していいなと思うんですけど、同じスタジオにハリセンボンの春菜がいる時に春菜ばかりイジってウケると一緒に笑っているが目が嫉妬に満ちている。
黒瀬:仕方ないでしょ
板倉:いないところで言ったら欠席裁判になるけど、いないじゃねーか

田村:昔から言ってくれない。ここを直してとか僕が聞いても言ってくれない。言って欲しい出来ないかもしれないけど努力するから
川島:言わない方が僕に無い持ち前の明るさがあるから、最近暗くなった。
田村:年々暗くなってきてどうやって生きたらいいか分からなくなってきた。昔楽しかったな・・・

佐藤:僕の事がケチというエピソードを挟んでくるが特に具体的なエピソードが無い。
黒瀬:本当にケチなんですよ。みんな観たことあると思うんですけどいの一番に弁当を食べている
内間:だとしても
品川:黒瀬と飯を食うと相方についても言う。「相方暗いんですよ」と言うが「ネタ書いているの相方でしょ?」と言うと「大将・・・」と

山田:すぐキレるのを無くして欲しい。インドネシアでも、あたりまえ体操のリハーサルをお客さん入れた状態でやる。お客さんの前でやったらダメと言ってスゴイ空気の悪い状態で裏に行くと司会者の方が写真を撮ってと来てくれるが、その時に撮った写真がスゴイ怒った顔で撮っている。

真栄田:もっと感情を出してほしい。怒らな過ぎる優しすぎて、昨日もルミネの下で高校生に絡まれて叩かれたのにニコニコしている。叩かれてどう思ったの?聞いたら「叩かれたなと思いました」と
内間:なかなか出ない。徐々に出ている感じがするのでしばしお待ちを
内間:こう見えても気が弱い。先輩方と一緒にいると萎縮して自分を出せない時があるので、申し訳ないですけど先輩方会場の皆さん含めても委縮しなければ一番面白い!1位タイはイッパイいるかもしれませんが
ここでも優しさが出てしま内間さん

本音を叫ぼう!
水中に思いっきり叫ぶ
品川:品川家、庄司家、蛍原家でご飯に行きたい!吉本の中で一番ほのぼのとしている先輩と
多田:相方になんやかんや言ってもお前がおっての俺や。
宮迫:嘘やで顔水に浸けるのが嫌だからすぐにあげたから
田村:俺はバスケットボールだ
川島:この世からバスケが無くなれ
真栄田:1位タイの所ウケてたよ
佐藤:友達が欲しい。暗くて誰ともつるまないと思われがちだが僕だってみんなと遊びたい
板倉:11月に旅行行ってんじゃねーぞ

という感じで終わった今回ですが

今回の企画どうなるかと思ったら本当にあまりテレビで観なくなった面々で驚きです

実力が無いわけではないがテレビで急に観なくなる芸人さんは多いですよね確かに、今回んの面々はピンでは観る事があってもコンビで観たの久しぶりというのが数組いましたし

コンビ間の格差は芸人にはつきものではありますが今回の場合は目立っているのは麒麟ぐらいかな?田村さんがまさかバスケットばかりしているとは、2億円の印税も使い果たし芸人として稼がないといけないのにバスケにハマるとは、まあ川島さんがいるから大丈夫のか分かりませんが今まで明るいイメージが強かったのに急に暗くなったので驚きです

COWCOWも海外であたりまえ体操が人気がある事は知っていましたがインドネシアで人気者になっているとは!日本とインドネシアのギャラがどこまで違うのかわかりませんけど世界に打って出れるだけ幸せのような気がします

まあ一番はこんな大事な時に旅行に言っている堤下さんですけどね。仕方ないんでしょうけどね元々休みが決まっていたらアメトークで今回の企画をやる事になりリサーチされて選ばれてしまったんでしょうから、ただ堤下さんのキレッキレのツッコミは見たかったな

今回出演した芸人さん達はなんだかんだで仕事があるだけまだましですよ。実力が無いわけでもないし番組に呼ばれれば結果は残すでしょうしただ世間は冷たいですからね少しでもテレビに出ない機会があったら忘れてしまう

世の中って難しい

ということで自信の反省も今月中にして来年素晴らしい1年になるようにしたいと思います

終わり!

|

ヨルタモリを観る!パート8

本日はヨルタモリ8回目です
Photo

今回のゲストは女優の観月ありささん、タモリさんといったいどのような話をするのか楽しみにしておりました。

では観ていきましょう

今年も「すったもんだがありました」の巻き
今週のお供は大友良英、能町ミネ子さん

ちゃんと話をするのは初めてという観月さんとママ
宮沢さんと観月さんは昔からのお知り合いですか?
ママ
:ちゃんと話すのは初めて
観月:色んな所であったりすれ違ったり
ママ:メイクさんが共通。何を書くそう3M(牧瀬里穂、宮沢りえ、観月ありさ)です
観月:宮沢さんがちょっとお姉さん的なんですけど、デビューしたら3Mなっちゃった
ママ:3Mが揃った事が無い

2人とも歌手デビューが最初?
ママ
:モデルさんですね。なんでこんなところに?と
ママのデビューシングルが、さらに観月さんのデビューシングルまで
観月:懐かしいCDが縦長だもん
ママ:人生初めて生で観た8頭身だったの。本当に顔が小さくて、私の前の聖子さんやキョンキョンさんはフリをつけていたが、私の時に新しい事をしようと何の振り付けも無かった。
観月:振り付いている物だと思ってました

連ドラ1年に何本もね?
観月
:14歳からやっているので

もうすぐ芸能生活何年?
観月
:24年
ママ:私もそうだけど演歌の人見たい
観月:モデル時代とか含めちゃうと34年。気持ちは新人時代の気持ちでいるけどだんだんキャリアが、最近共演する若い子が「小さいころ観てました」と言われる

ここで吉原さんが登場。髭と髪の色を元に戻した状態で
観月さん知ってます?
吉原
:もちろん、綺麗な方でね
ママ:この間新潟の温泉に行って来たんですけど岩手近いでしょ?
吉原:全然違うけど乗る汽車も違うし

吉原:女性はね地理にまったく興味が無い。男はここはどこにいるんだと分からずに酒を飲むことが出来ない。脳の出来が違うんだろうな男は仮に出ていて方向音痴だったら帰って来れない。
ママ:一度行ったお店によって次の日に行けますか?
吉原:酔った時は話は別
観月:あれは何処だったんだろうという瞬間がある。銀座とか
吉原:銀座は碁盤の目のようになりビルも同じだから全然わからない
ママ:銀座の道をタクシーで説明できる人スゴイカッコいいと思う

銀座行かれない?
吉原
:飲みに行かないね。クラブもダメ。あのねスケベ過ぎるからかな。下心隠すのが大変

お好みの子を指定したり?
吉原
:いかないね。いらっしゃいませと言われた瞬間に仕事で俺に愛想よくしているのが分かって醒めちゃう。それを含めて分かったうえでクラブで楽しめるようになってこそ男。ああいう所での男の話を聞くとバカ。利口な振りをしてもホステスは御見通し

音楽を聞いてバカになることあります?
吉原
:マッコイ・タイナーというピアニストがいる。この人の大ファンが黙って酒飲んでる。こっちもわかるからビール飲んでウイスキー飲んでちょうどいいと思いマッコイをかけると、カウンターの一部の端から端までマッコイと同じになって弾きまくり終わった瞬間に寝る。この人は音楽でバカになって没頭するジャズだな

吉原:女の人に自分がオバサンになった瞬間を教えてください?と聞いたらスーパーで買い物をしていて早く割り込もうとした人に「ダメよ」と言えた自分がオバサンになったと言った人がいた。それから禿げた人に良く言うが「あなたは自分がどの瞬間ハゲだと思ったと」聞くと「冬通勤していて後ろのガラスの頭がついて冷たい」と思った時と言った人がいた
ママ:私は年とってもモサッっと毛が生えた人が苦手。全然セクシーさを感じないと言うか多少ハゲたり薄くなったりする人にセクシーさを感じる
能町:ハゲ方が下手な人がいる
観月:前からハゲる人と頭頂からハゲているタイプがいる
吉原:頭頂からハゲて背が190位の人がいる。その人にアダ名を付けてくれた言われたから「航空灯台」と付けた
ママ:前からにしても後ろからにしても絶対に左右対称。片方からだんだんハゲル人がいない
吉原:そういう人がいたら面白いよな。あるいはハゲというのは髪の毛がたくさんあって徐々に薄くなるからおかしくなる。巨大な1本だったらいい。1本抜けたら諦めがつくハゲるかハゲないか

ここでWorld Shopping Show放送スタート
今回紹介する商品はセロハンテープを切る所を使ったたい焼きにさしてピラニア焼きにする道具。さらに上半身裸の女性の人形をさんまの乗せて人魚にする道具。これでお子さんも大丈夫!ピラニア焼き、人魚焼きセットで6,900円(税込)
ママ:人魚イイね。
観月:あれだけのテンションでやられるとなんとなくいいように感じちゃう

コンプレックスないんじゃないですか?
観月
:けっこうあります。
吉原:2人とも国民の反感かってるよね?
ママ:コンプレックスがエネルギーになるんだもんね

吉原美人とは個性的な存在。整形で美人が出来ないのは理想とした目、理想とした鼻、理想とした口を作る。それは美人じゃない。美人は誰だってすぐにわかる。宮沢さんだ観月さんだすぐにわかる。なぜだというと個性的だからわかる。だが美人本人にとってはその個性が嫌いということがあるのでどんな美人でも不満があると思うんだよね

吉原さんは?
吉原
:コンプレックスだらけさ。一番は訛りがとれない。
観月:訛りは羨ましくないですか?東京にいると訛りがないから
吉原:頭に来るんだよねそういうこと言われると

北国の人口をこもり気味に喋りますよね?
吉原
:寒いからね。口の周りの筋肉が動かなくなり言葉が短くなる。世界で一番短い会話はお風呂に行くと言う意味の「湯さ」という言葉がある。だが博多の人は口を大きく開けて話す

続いては新番組「日暮里特別(G1)」東京12R鉄馬場10km
開設はG150勝・元騎手:岡山田豊
出場メンバー、距離10キロに対して
常磐線、高崎線、東北新幹線、山手線、京浜東北線。
東北新幹線が圧倒的1番人気だがあえて外したと岡山田さん。常磐線のフレッシュひたちの馬体がなかなかいい出来

1着:京浜東北線、2着:東北新幹線、3着:高崎線。
絶好のコンディションだった。フレッシュひたち来ませんでしたが相変わらず強い京浜東北。逆走する今がいなかったので影響が無かったので固いレース運びになりつまらないレースになった。

メロンパン頂きました
観月:メロンパンを食べすぎていてナースのお仕事でメロンパンを食べるシーンが増えた。その時はコンビニで売っていたメロンパンにハマった。
ママ:皮だけ食べたいくらい

パンはお好きですか?
吉原
:トーストにバターを塗るカサッと言う音がイヤ。

カステラの皮めくった所のザラメ美味しくないですか?
吉原
:我々の事は貧乏だからカステラを一度腹いっぱい食べたいと思った。金持ちの友達の家に行くと桐の箱に入っていて喰いたいだけ食べていいと言われても、食べれなかった。

今でも食べてないけどお腹いっぱい食べたいものは?
吉原
:メロンだな。果物屋の一番上にあるやつ。病気してメロンが出て来た時は俺たちの間では死ぬと言われていた。後は近所の農園に枇杷を取りに行って親父に鎌を振り回されて追っかけられたことがあった。親父は農園を管理する人で鎌を持ってくる、小学生に対して、目が本気だったからね。あの時にちょっと逃げ遅れていたら俺はここに居なかった

一番好きな食べ物は?
吉原
:サバだな。トルコの番組観ていて街頭でサバサンド売っているんだよ。最高に美味い。今度持ってくる。マヨネーズに醤油を入れて牛臭くない食パンを焼いてレタスを乗せてマヨネーズをかけて、サバサンド美味かった。ノルウェーのサバ美味いね!ノルウェーのサバという小説家高価な。村上カズヨシという名前で、あっ俺カズヨシという名前じゃない

観月さん一番好きな食べ物は?
観月
:お鍋とか好きですね。チゲとか全然作らないですけど
吉原:サバのすき焼き知ってる?しゃぶに近いんだけどお湯じゃなくてすきやきのタレ。アレにちょこっとくぐらせて卵をつけて食べる。ギンダラ好き?ギンダラの鍋が美味いポン酢に付けて食べる。
ママ:今度鍋やりますか?
吉原:調理場もあるの?いつかここでやろうかね
ママ:1日マスターやって下さいよ

忘れていると思うが自然はいつも君に敵意を抱いている
リウマチス(B.C.189-B.C.102)

という感じで終わった今回ですが

今回は新番組で日暮里特別が放送されましたが、これってやろうと思えば都内で色々できるじゃないですか!ですが今回みたいに5路線走っている区間じゃないと面白くないか

さて今回観月さんがゲストで3Mの話になりましたが、たしかに牧瀬里穂、宮沢りえ、観月ありさの3人が揃ったの観たことないですね。そっか3Mと呼ばれていた時期ありましたね確かに

そして2人のデビューシングルが登場しましたが観月さんの「伝説の少女」好きですね僕は、あの頃の観月さんは可愛かったなー。YOUTUBEで観れるので気になる方は是非

そういえば好物の話になった時タモリさんがサバと言っていましたけど、サバ食べたくなりましたね。刺身でもいいし、焼いても良い。来週久々に美味しいサバでも食べに行こうかな美味しいお店知っている事ですし

そんなヨルタモリ来週のゲストは桃井かおりさん。予告からろくでもない感じになっていたので本編楽しみです

ということでヨルタモリ8回目終了。次回も楽しみです

終わり!

|

ヴァイオリニスト宮本笑里のリサイタルに行ってきました2014!

本日はヴァイオリニスト宮本笑里さんのリサイタルに行って来たことについてhttp://emirimiyamoto.com/
Ph1302_01

今回のリサイタルは
宮本笑里バースデーリサイタル2014「奏音」
です

出演者はヴァイオリン:宮本笑里、ピアノ:加藤昌則、チェロ:金子鈴太郎。場所は上野学園石橋メモリアルホールです

披露された曲目は
1部
エルガー:愛のあいさつ
パッヘルベル:カノン
カッチーニ:アヴェ・マリア
モリコーネ:ニュー・シネマ・パラダイス

2部
ヘンデル=ハルヴォルセン:パッサカリア
宮本笑里:SOLA
宮本笑里:オリジナルメドレー
リムスキー=コルサコフ:熊蜂の飛行
ゲーゼ:ジェラシー サラサーテ:ツィゴイネルワイゼン

en1
宮本笑里:birth※新曲のため表記は不明

ここで本日誕生日の笑里ちゃんに加藤さんの演奏でお祝いの歌をプレゼント

そして最後の曲を披露して終了

今回のリサイタルは出産してから初になるのかな?でもまったく変わらぬ姿で相変わらず可愛い。31歳ですよ今日で見えないなー

やっぱりですねー可愛い人を見ないとテンションが上がらないんですよホント、ダメな男です。

さて今回のリサイタルでは。笑里ちゃんが加藤さんの名前を間違えることもなく無事終えて良かったです。鈴太郎さんのソロはカッコよかったです。加藤さん編曲の熊蜂の飛行もオーケストラでなくピアノとチェロ編成ように熊蜂ではなくハエをテーマにしたのは演出も面白かっです。だが、なにより所々で笑里ちゃんの緊張からくるあたふたした動きが可愛かった!

ですがクラシックというのは僕の天敵なので必ず睡魔との戦いが、たぶん笑里様のリサイタルに行って寝なかったことはないです。まあそれだけリラックスできると言う事なんでしょう。

前日には上原ひろみさんの迫力あるジャズの演奏を聞いて次の日にクラシックですから、とりあえず今年の目標だった上原ひろみさん、宮本笑里さん、そしてアリス=紗良・オットさんも観る事が出来ました。

上原ひろみ、アリス=紗良・オットの2人に関しては来年日本でコンサートが開催されるか分かりませんが宮本笑里様に関しては開催されたら行くでしょう。そしてまた自分の気になる可愛い・綺麗な奏者を観つけてコンサートに行ってやります

ちなみに恒例のサインも今回もゲットコレで部屋にあるCDは全部サイン入り、考えようによっては通常発売される奴は買ってなくリサイタルの度に買っているということで反省ではあります

ということで宮本笑里さんのリサイタル、来年も開催されたら観に行きたいと思います

終わり!

|

« 2014年11月30日 - 2014年12月6日 | トップページ | 2014年12月14日 - 2014年12月20日 »