« ヨルタモリを観る!パート11 | トップページ | ヨルタモリを観る!パート12 »

中谷美紀主演「繕い裁つ人」の初日舞台挨拶を観てきました!

本日は今年最初の栄華の舞台挨拶観賞について

今回観てきた映画は中谷美紀さん主演
繕い裁つ人
ですhttp://tsukuroi.gaga.ne.jp/Tsukuroi_1_poster_large今年最初だったのでどの映画にしようかと思いましたが中谷美紀さん主演ということで観に行きましたが

面白かったです。

なんかこういう映画を面白いと感じれるようになった自分が大人になったなと感じる次第です。トゲがある良い方ですけどアクションやハラハラする要素などなく、日常生活であるような話を素直に楽しめるようになったのは自分でも驚きです

この映画は原作がある作品で原作は最近でしたかね最終巻が発売されたのは、今作は三島有紀子監督が構想8年かけて制作した映画ということで三島監督は感動していた様子でしたが

舞台挨拶には主演の中谷美紀さん、三浦貴大さん、黒木華さん、三島有紀子監督の4人。

中谷さんはこの映画で仕立て屋さんの役ということで1か月の練習を重ねたそうですが、監督と相思相愛でやれて非常に楽しかったとのこと。

この映画、監督曰く撮影資金を集めるのが大変で本当に撮影できるの?というほどの作品だったそうで撮影期間も16日しかなく大変だったとのこと。

中谷さんも予算が足りない映画ということで豚汁や鴨汁などを作って中谷料理長として腕を振る舞ったそうです。中谷さん曰く予算が少ない映画で削られやすいのはご飯、冬の寒い中自分も温かい物を食べたかったからと

三島監督も忙しくお弁当を食べる時間が無かったので中谷さんが作った汁物を食べたそうで、忙しくて毎日の徹夜でスタッフの士気が下がりそうになる中で中谷さんの心遣いには非常に感謝していた模様です。監督曰く中谷さんは「戦友」だと

撮影するにあたって中谷さんに断られたらどうしよう?と思ったが、よい返事を頂けで良かった事や中谷さんとの思い出としてクランクアップの際に中谷さんが作ってくれたケープをプレゼントされたそうです。

さてこの作品ですが仕立て屋さんの話だけあって洋服は普段では観る事の出来ない感じの物が多かったのですが、この作品の衣装の方が非常に素晴らしい方だったそうで、黒木さんも素敵な衣装を着れて良かったと

ココの部分は事細かく書きたいところではあるのですがネタバレになってしまうのでとりあえずは書かないでおきます。このシーンはホント素敵なシーンで監督が映画を撮影する際に色々な仕立て屋さんにインタビューした際に印象に残った話の1つを再現したのかな?と挨拶の後に感じました

このシーンは是非とも劇中で観てもらいたいですね。このシーンが流れ始めた際に素敵だなと感じれると思います。

本当に心温まる映画でしたね。

派手なアクションがある映画も大好きですがこういう映画も観ないとダメですねホント

ということで中谷美紀さん主演「繕い裁つ人」。心温まる映画を見たい方は是非観てもらいたいものです

終わり!

|

« ヨルタモリを観る!パート11 | トップページ | ヨルタモリを観る!パート12 »

映画・テレビ」カテゴリの記事