« ヨルタモリを観る!パート14 | トップページ | 石川恋とは何者だ?by有吉反省会 »

ストリートファイターⅡ芸人を観るbyアメトーク

本日は一部の人にしかわからない内容を放送したアメトークについてAmetalk

今回のくくりは「ストリートファイターⅡ芸人」。まさかスト2で1時間やることになるとは、今日は思いっきり分からない人には?の回でしょう

では観ていきましょう

ゲーム企画第2弾の今回取り上げるのはストリートファイターⅡ

出演者は
リュウ:麒麟・川島、ザンギエフ:よゐこ有野、春麗:佐藤かよ、エドモンド本田:ドランクドラゴン鈴木、ガイル:インパルス板倉、ダルシム:ロバート山本、ケン:スリムクラブ真栄田、ブランカ:アルコ&ピース平子

初登場の佐藤かよちゃんはハマっているし今も週3~4でゲームセンターに行くとのこと。
まったく知らないゲストは蛭子能収、 武藤敬司&ボビー&武蔵

ストリートファイターⅡの紹介
・対戦相手をパンチやキックで攻撃し相手の体力をゼロにすれば勝ち
・三回戦のうち2勝すれば次のステージ
・最大の魅力は登場キャラクター

自分で選んだキャラ以外を倒すとボスキャラと対戦。ラスボスのベガの強さは圧倒的。だが勝てばエンディング

1991年にゲームセンターに登場し大ヒット!
今はウルトラストリートファイターⅣやストリートファイターV。世界大会も開催されるゲーム

川島:社会現象になったゲーム。学校終わりにゲームセンターに行くが30~40人並んでいるので他人のプレイを観る事が楽しかった
山本:ダルシムは手足が伸びるキャラ
板倉:手が伸びるのはルフィでも寄生獣でもなくダルシムが走り

当時は珍しいゲームセンターのシステム
・対戦形式が珍しい。対戦格闘ゲームの金字塔。プレイしていると対戦を申し込まれることもある。
山本:怖そうな相手だとワザと負ける事に
川島:バレないようにギリ負ける
真栄田:沖縄の那覇のゲームセンターでガイルと呼ばれる米兵が良く来ていた。コイツが見た目意識しているが使うキャラクターは春麗。対戦台でガイルが勝ち続けて40代のおっちゃんが勝負を挑むもボコボコに負けて誰が相手なんだと覗いたらガイルがいておっちゃんはテンパって「ガイルやしが!!(ガイルじゃねーか)」と言った。
佐藤:勝った時の快感が忘れられない。ゲームを始めた時は女子高生の格好をしていたがギャルでゲーセンに言っていたら私のいる台に男の子たちが並んでいて対戦が止まらなかった。だがゲームをやっていると熱中するとどんどん口が悪くなり男の部分が出てしまう事もある。

蛭子:ゲームしながら友達同士でどっちが強いか賭けようよ?ということはないの?
一同:ない
板倉:本当に金以外興味ないんだな

家庭でも楽しめるようになった
1992年にスーパーファミコンに移植。そこから火が付き世界売上630万本以上。ゲームにもなりアニメ、漫画、映画化にも。篠原涼子さんが歌った映画の主題歌も大ヒット
山本:ゲームセンターでお金をつかわないといけなかったが家で出来るようになり、家でずっとやっていたら母親が「もー限界」と言いながら怒鳴り込んできた。

ここで有野課長VS佐藤かよの対戦
かよちゃん勝利
佐藤:男が出ると言うよりは真剣な顔になっちゃう
蛭子:女性が強く見えました
川島:ザンギエフは扱いにくい十字キー1回転させるスクリューパイルドライバーを練習しすぎて指紋が消えた
鈴木:親指が痛すぎて爪側で押すと激痛だった
ここで鈴木さんの操作方法はこすり型、指を動かす型があると説明。指紋が無くなるのがいいのか?爪がいたくなるのか?
真栄田:キャラクターごとにストーリーがある。キャラクター同士で折り重なりそこも楽しくなる。

特徴&人物背景
リュウ:ストⅡの主人公。波動拳、昇竜拳など。大会で優勝したエンディングでは表彰式に出ずに滝に向かって昇竜拳をする
ケン:リュウと同門のライバル。ケンが先にアメリカに武者修行しケンを追ってリュウも世界へ

波動拳について
強さで威力やスピードが変化。強を連続で出した後に弱で出すとスピードが遅くて野球のチェンジアップみたいにタイミングがとれなくなることもある
板倉:蛍原さんは波動拳をしている人だと思っていた
ここでホトちゃんの髪型が波動拳似ているということで何故か波動拳の役をやらされるホトやん

春麗
今でこそ格闘ゲームで女性キャラクターは当たり前だが、このキャラクターが元祖。68年3月1日生まれ※ホトちゃんと一緒。普段は警察官だが突然失踪したお父さんを捜しながらベガの捜査を行っている。衣装がカワイイ!
山本:コスプレなど結構あるがコスプレ率が高い人気キャラ

ダルシム
ヨガの達人。手足が伸びたり、ヨガフレイム、ヨガファイヤーなどのトリッキーな動き。ヨガをこのキャラで初めて知った。
川島:納得いかないのが相手を捕まえて頭を叩き続ける技

ガイル
アメリカの空軍の少佐。軍隊格闘術とプロレス技をミックスした格闘スタイル。ストーリー上では親友がベガに殺されて家族がいるがそれを捨てて復讐する。
板倉:ここで問題。このガイルの必殺技がどんな技か名前を言うのでイラストで書いてください。近い方に5万
ソニックブーム
蛭子
:頭から気を出して相手をくるくるきりきり舞いにさせる
蛍原:泡

エドモンド本田
相撲を世界に広めるために大会に参加
ザンギエフ
ソビエト出身。動きは鈍いがつからが強い。だが動きが遅いのでやられやすくエンディング出すのが難しい。ベガを倒したらそれぞれのエンディングがおそらくあの有名人でないかな?という人が出ている。それはゴルバチョフとコサックダンス
ここで運動神経悪い芸人の川島・有野の2人がコサックダンスに挑戦するもグダグダに

ブランカ
ジャングルで育った野生児。小さい時に飛行機事故にあい両親と生き別れに、アマゾンの奥地の厳しい環境で耐え抜いて生きて行く。エレクトリックサンダーという電気を放出する技がある。エンディングで母と再会するが何故母親が分かったのかはブレスレットが付いていたから

ここでホトちゃんVS蛭子さん
まずは川島さんから操作方法を教わり対戦スタート
だが一向に波動拳が出ずイライラする出演者一同。
川島:我々もやりだした時は技が出なかった
蛭子:技が出なくてもオモシロい

ストⅡあるある
川島:男子が全員やったであろう技。春麗に足払いをかけるとパンチラが見えるのでその瞬間にストップをかけた
スタジオでは一発成功
鈴木:職人技だよ!

真栄田:春麗を連続で殴ると気絶するので、クラクラしている時にセクハラをする
佐藤:休み時間とか帰りの下校中にストⅡごっこをしていた。波動拳を出したいので小さい消しゴムの削りかすを使ってはじいてだす
有野:プールでソニックブームをしていた
川島:電気のヒモに昇竜拳。だがリアルな世界でいないがはなまるマーケットで斉藤アナがはなまるボックスを呼ぶ際にリアル昇竜拳をやっていた。
山本:体育の授業でバスケットボール中に波動拳パスをして誰もシュートをしなかった。もう1つは学校の先生のキャスター椅子で竜巻旋風脚をしていた。

鈴木:僕だけかもしれないが親指が異常にデカい。だからボタンが全部隠れてしまいスタートボタンをひかかって押してしまう。ボーリングのあるあるでは
板倉:勝ち負けが決まった際に負けた方のグラフィックがスゴイことになる。こんなにリアルなケガをするんだとケンは心までやられたような顔をするが、ブランカがやられた時はもっとヒドイ。
平子:学生時代の先輩がブランカ好きでやりこんでいて、しゃがんでの強キックを街中でケンカすることになった際に実践してボコボコにされていた。

アイツらボコボコにしてやろうぜ
運動神経が悪くてもケンカが弱くてもボコボコに出来るぞと、現実世界で到底勝てない人を呼んでストⅡでボコボコにしようと
武藤敬司、武蔵、ボビー・オロゴンの3人が登場

川島VS武藤
リュウとダルシム。川島さん圧倒

鈴木VS武蔵
エドモンド本田とリュウ。鈴木さん圧倒

ボビーVS蛭子
ガイルとブランカ。大接戦の末、蛭子さんの勝利

という感じで終わった今回ですが

懐かしいなホント。小学校の高学年の時に流行っていて今回話していた通りに学校が終わった後にみんなで集まってやってましたね。当時は学校でゲームセンターなどの出入りが禁止されていたのでハラハラしながらやった思い出があります

今回はあくまで初期の話しなので付いていけましたけど、改めて最新作のサイトを覗いてみると8人→44人ってhttp://www.capcom.co.jp/sf4/chunli.html#character_btn
グラフィックは違い過ぎるし驚きです

対戦ゲームをやり過ぎるとホント親指が痛くなって生活に支障をきたすこともありました。今回は小学校の頃を思い出しましたよホント

さてゲーム企画はドラクエ、スト2と来たので次はFFあたりですかね。もしくは野球関連のゲーム特にパワプロあたりだったら面白いことになりそうな予感

ということでまさかのストⅡ芸人でしたが、なかなか楽しめる事ができました

終わり!

|

« ヨルタモリを観る!パート14 | トップページ | 石川恋とは何者だ?by有吉反省会 »

映画・テレビ」カテゴリの記事