« ヨルタモリを観る!パート25 | トップページ | モデル・市川紗椰さんの握手会に行って来ました! »

駆込み女と駆出し男の初日舞台挨拶を観てきました!

本日は久しぶりに映画の舞台挨拶を観て来たことについて

今回観た映画は「駈込み女と駆出し男」です。http://kakekomi-movie.jp/Poster2北海道のスーパースターである大泉洋さん。同郷としてデビュー当時から観ている大泉さんですが実際生で観るのは初めてなので楽しみにしておりました。

本日の舞台挨拶は上映前ということでこの記事も上映後に書いているため正確に覚えていないのが残念でなりませんが

今回舞台挨拶に登壇したのは
大泉洋さん、戸田恵梨香さん、満島ひかりさん、内山里名さん、キムラ緑子さん、武田真治さん、原田眞人監督です。

映画のストーリーはサイトで確かめてもらえればなんですが江戸時代の離婚調停人の話しですかね。簡略化しすぎかもしれませんが昨今の日本の離婚率が30%ぐらいと最近見たテレビで言っていたので驚いたのですが

さて今回の舞台挨拶で原田監督は原作を読んだときから大泉さんを主役にすることを決めていたそうです。

そんな大泉さんは挨拶をしようとしたら客席から話しかけられる始末なんとか落ち着かせて話を始めると、この作品は女性の評判がイイと聞いていたのですが思ったより男が多いですねと残念感じになってはいたものの、、今回の台本を読んだときに台詞が多いなと思ったが話すことが好きなのでスラスラ覚えることが出来たそうです。

戸田さんも大泉さん同様に話しかけられたため挨拶を忘れてしまいました。その後に満島さん、内山さん、武田さんと挨拶をしたのですが武田さんの前に大泉さんや戸田さんに話しかけたお客さんが話しかけ武田さん冗談交じりで語気を強めて注意する場面も、そして挨拶が終わり撮影時の話に。

大泉さんとキムラさんは掛け合いのシーンの際に監督から早口でと言われたそうで、そのことをスッカリ忘れているキムラさん。大泉さんに呆れられながら稽古しましたよね?と言われると思い出したように2時間ぐらいやりましたと、だが余りに大泉さんが稽古好きなので呆れたと、大泉さんは所属するチームNACSでは稽古大好きで朝から晩までやってますけどねと

戸田さんと満島さんは台車のシーンの際に戸田さんは肩が外れと思ったそうです。満島さんは台車に乗っていただけと口にしていましたが監督からはスタントなしでやっていましたと一言。満島さんはこのシーンをの撮影を終えた際に涙がとまらなかっててとも

こんな感じで20分ほどの舞台挨拶がおわりました。あまり挨拶を覚えてないのですが思い出したら更新します。大泉さんがしゃべり倒すと思ったのですが時間制限もあり面白いトークは聞けず、1時間ぐらい話されても困りますからね

作品は面白かったですね。江戸時代などの話になると時代背景など調べて観に行くことなどはないため事前に情報などもありませんし、今回の作品は井上ひさしさんの「東慶寺花だより」という作品を原案にしているみたいですが、僕は原作・原案があるような作品でもそれを読まないで行くので単純に評価して面白かったと

まあ大泉さんが好きなので主観が入ってますが舞台挨拶付きで観に行くことがある時代物作品は総じて好きです。今作品も二時間半ほどの作品ですがもっと見ていたいと思いました。テンポも良く今までにない時代劇という感想がピッタリ。笑えるシーン、泣けるシーンありで、まさかあの役の存在があんな重要なシーンに繋がるとは、そこが僕のウルっと来たシーンのひとつ。最後のシーンもこのあとどうなるんだ!とハラハラしながら見てました。戸田さんと満島さんの最後のシーンもね涙なしには見れません

ということで来週は関根勤監督「騒音」の舞台挨拶を観てきます。先月「寄生獣」の舞台挨拶に仕事で行くことが出来なかったショックがあったので5月からは色々行く予定です

非常にマニアックなキャストですがさんま師匠やタモリさんなどが劇中に登場するみたいなのであと登壇する岩井ジョニ男さんに期待しています

終わり!

|

« ヨルタモリを観る!パート25 | トップページ | モデル・市川紗椰さんの握手会に行って来ました! »

映画・テレビ」カテゴリの記事