« 海街diaryの初日舞台挨拶に行ってきました! | トップページ | 池田エライザとは何者だby人生が変わる1分間の深イイ話 »

ヨルタモリを観る!パート30

本日はヨルタモリの30回目の放送についてPhoto

今回のゲストは甲本ヒロトさん、先週の沢尻さん以上にタモリさんとどんな話になるのかまったく想像つかないので楽しみにしておりました。

では観ていきましょう

「日曜日よりの使者」の巻き
今夜のお供は能町ミネ子さん、沖仁さん

甲本さんが来店して大興奮のママ!ママが居るとそして面白いおじさんが後で来ると聞いて来店したと

湯島などの下町に来ることは?
一番近くで秋葉原、オーディオショップやハンダを購入してラジオを作っていると

そんな話を聞いた後に一同で「ジンギスカン」と乾杯。ママは今回の着物のデザインがバラで良かったと、そしてママが熱い思いを語り出す

私の青春全てです。音楽の力ってすごいなと思っています。
だが甲本さんは長い間世間の過大評価に悩まされていると、ガッカリさせてやろうか!と

そんな話をしていると面白いおじさん吉原さんが来店。そして俺も長い間過大評価に悩まされていると

ロック以外は聞くんですか?
何でもいいんです。ちょいちょい、自分が気持ちよければ何でもいい。オナラの音でも
一番気持ちいのはオナラをした本人ですがその心が伝わる。
ママ:は出ちゃった!となっちゃう
吉原:女性の人はどこで?
ママ:トイレでやりますね
吉原:だったらトイレの前で脅かしたら、最高だったのはオナラの匂いがコンソメに似ていたことが1回あった。そういうのないですか?いい香りだなコンソメっぽいなと
ママ:あんまりオナラ臭くないなということはありますね。
甲本:オナラってなんであんなニオイか自分なりに考えたことがある。腸の中に個体がある、だが満員電車でギュウギュウ詰めになって反対側のドアから出ようとするサラリーマンみたいな、その際にちょっと降ろしてくださいという時に触れる個体の匂い。オナラ自体はもともと臭くない
吉原:純粋オナラがあったとしたらそれは空気なんだ
甲本:それがコンソメなんです
ママ:サラリーマンが乗ってなかったんですね

ここからはオナラが出るシチュエーションの話し
甲本:豆。豆食うと出ますよオナラ。
ここで豆が大好きということで豆を食べる事に、甲本さんは一番好きな二大豆がある丹波篠山の黒大豆と荘内のだだちゃ豆。もともとは井上ひさしさんの「吉里吉里人」を面白い話だと思って読んでいた際にツアーで山形に行って農家の人から直接貰った豆を食べて美味しいと感じた
ママ:だだっちゃはお父さんという意味なんですよね。元々は山形の人しか食べてなかった
吉原
:枝豆は獲ってすぐに食べないと味が落ちる。本当は獲ってすぐに食べるのが美味い。焼いても美味い

次はそら豆の話に
甲本:そら豆は大きな鞘に入っていますがその鞘食べます?僕は半分食べて半分出す。これは食べるモノじゃないよと思っているから半分だと丁度いい

吉原さんが金柑がダメな話に
吉原:俺の頭の構造の中で皮だと思っている。それが頑固にある、自分の頭の中で折り合いがつかない

折り合いのつかない食べ物の話に
能町:春になると桜味のモノが出るがそんなの無いのに、桜を食べないのにやたら出る。なんでこれを納得した感じで飲んでいるのかな?と
:バーベキュー味というのはソースの味ですよね。折り合い突かないですよね
吉原:日本料理のお店で金粉乗っているお店は絶対に行かない。金削って食べている人います?
甲本:オニギリで周りに全部黒い海苔を巻いたものがあるがアレが全部金だと凄くないですか?
ママ:金は味ないですしね
吉原:金は消化しない。お尻から出てくる
ママ:そのオニギリを食べたら
甲本:金の匂いがするオナラがでるのか?スゲー
吉原:10gも金を飲む実験でそのまま10gの金が便として出てきた。トイレで攫っていると砂金みたいに
甲本:よくトイレに行くとこのトイレットペーパーは再生紙ですとありますが再生金ですと
ママ:再生紙ってニオイしますもんね。有名なお店のボックスを買って顔を中にツッコんで臭いを嗅ぐとトイレットペーパーの匂いがする。
:トイレットペーパーを使用したモノから作っているわけではないですよね?
ママ:再生紙って何?
吉原:再生紙ってトイレからとったと思うの?
ママ:私はずっとトイレから獲ったものだと・・・
吉原:このママはとんでもないね

ここで
京急神奈川駅記念(G1)
東京10R鉄馬場9km
が開幕。解説は岡山田豊さん
東海道線、横須賀線、京浜東北線、京急線、貨物列車
岡山田さんは順当に行けば京浜東北・京急ですが貨物が来ると史上最高の配当
1位:京浜急行(1/2車両差)、2位:東海道線
順当だが東海道線が絡んでくるとは自分としては分からなかったイマイチ詰め切れなかった。判定まで行きますかね?
能町:初めてハラハラしましたよ
甲本:高速道路の走っている車でやっても面白いかもしれないですね
吉原:ETCが空いた瞬間に

パソコンとかやるんですか?
やるよ。あまり音楽には使わないけれど、お絵かきや一時期はバッジをよく作ったので、キットや電気好きです。ハンダ大好き。あまりいいハンダ使い過ぎると高い温度でないと溶けないのでそこそこのやつを、面白いのは台でクリップで基盤を掴ませて手伝ってくれる道具がある
吉原:それは知らなかった。俺たちは抑えていた、この位置でやりたいのになかなかうまくいかなかった。観たかったな
甲本:何年か前にタモリさんという方がやっている笑っていいともにそこに行くゲストがプレゼントを渡すシーンがあり今度あれ渡そうと思っていた
吉原:それは喜ぶと思う後輩だから、ハンダ付けが綺麗に電気的にも見た目でも綺麗に行かないと不満。わからないだろうけど綺麗に電気的、機械的にハンダが溶けるとイヤ。綺麗に丸くなっているのはダメ
甲本:ボッタリしている奴
ママ:どんなのがいいんですか?
甲本:凹ってなってると獲れちゃう

ここで
世界音楽旅行~サルサ~
カルロス・カズヨシ・ロドリゲスとORQUESTA DE LA LUZ
の演奏
ママ:いいわね乾いた感じで
甲本:演奏が本物すぎますね。

吉原さんから観たらヒロトさんはジャズな人ですか?
吉原
:ジャズだね、歌詞の作り方を観ると「ドブネズミみたいに美しくなりたい」は美しさとキレイさが分かっている人でないとかけない
:中学生の時に衝撃的でコピーにいそしんだあの曲を聞いてもらっていいですか?

ここで沖さんと甲本さん(ハーモニカ)のコラボ演奏が実現。ママは感動しすぎて涙が

甲本さんは最後に
恐縮です、過大評価ありがとうございます

森田式占い。今日の一位
乙未 昭和三十年、平成二十七年生まれの貴方
関東ローム層のようにフラットな感覚でいけば吉

 

という感じで終わった今回ですが

甲本ヒロトというミュージシャンをテレビで観るのって僕の記憶では何年振り?というぐらい久々に観た感じなのだがもっと話聞きたかったなー

ハンダ付けの話しでこれだけ盛り上がるなんて以外過ぎです。甲本さんタモリ倶楽部出演すればいいのに、ハンダ付けは中学生の時にやった覚えがありますが、あれはたしかに面白かったな。

綺麗にくっつくとですね嬉しいんですよね。でも今回、吉原さんが言っていたように丸くつけていたかな確か、あれはダメだったのか・・・

さて今回は「リンダリンダ」のフラメンコバージョンとも呼べる演奏が聞けました。やっぱり名曲だ!ママが泣くのも頷ける。

それにしても甲本さん面白い。豆の話し、ハンダの話し、やっぱり甲本さんと一緒に秋葉原回るロケをタモリ倶楽部でしてもらいたいです。

来週のゲストは田原俊彦さん。タモリさんとの関係も長そうなのでオモシロ話が聞けそうです

ということでヨルタモリ来週も楽しみです

終わり!

|

« 海街diaryの初日舞台挨拶に行ってきました! | トップページ | 池田エライザとは何者だby人生が変わる1分間の深イイ話 »

映画・テレビ」カテゴリの記事