« FNS27時間テレビ2015の視聴率について考える! | トップページ | 「NARUTO -ナルト-」ハリウッドで映画化の動きという記事を読んで »

今コレを伝えたい!!ピンポイントアカデミー大賞を観るbyアメトーク

本日は非常に気になる企画が放送されたアメトークについて

今回のくくりは「ピンポイントアカデミー大賞」。いったいどういうプレゼンになるのか楽しみにしておりました。

では観ていきましょう

出演者はココリコ田中&笑い飯・哲夫&たんぽぽ白鳥&ハライチ澤部&出川哲朗
ゲスト審査員:宮川大輔&おのののか

ココリコ田中:サメの誤解を解きたい
サメのイメージ:コワイ・危険・人を襲う
だがサメは
約500種類
その中で人を襲う種類はオオメジロ、イタチ、ホオジロなどの一握り
種類の幅も凄いがサイズの幅も凄い
ツラナガコビトザメ:手のひらサイズ
ジンベイザメ:12~13m。プランクトン食で人は襲わない
サメの特徴:歯
前歯が無くなると後ろの歯が前に来る・一生で約2万本生え変わる種も
サメの特徴:ロレンチーニ器官
動いた生き物から発生された電流を感知する
サメの特徴:生殖器
2つ。メスの子宮も2つある。普通の魚はメスの卵に押すが放精だがサメは交尾する。だから鮫(魚へんに交わる)
交わる時は?
オスがメスを噛みながら
鮫の性質:臆病
なぜ人を襲うのかは?サーフィンをしていて襲われる事故が悲しいが多いがサメの勘違いから怒ってしまう。サメの視力は悪いためカメやアザラシに見えてしまう、勘違いで悪意はない。だから乱獲などは良くないのでサメの事を理解し共存出来ていけばいい。

だが襲う種もいるので気を付けつつ、全部がそうじゃないと理解すること

サメの鼻を叩くと効果ある?
来た時にやるべきだと思う。ロレンチーニ器官があるから鼻は敏感なので万が一来ても諦めないで?

笑い飯・哲夫:花火を2倍楽しむ方法
①花火の大きさ

3~10号玉(尺玉)
尺玉は横幅280mほど。隅田川花火など有名な花火大会でも上がらないレアなもの。世界最大が4尺(直径120㎝、重さ420キロ)。※新潟県片貝まつり奉納大煙火のVTR
②花火の種類
菊、牡丹、椰子、冠菊、柳、千輪、
③花火の構造
導火線の周りに星そして割り火薬と芯(花火が2色になる)。芯が2つあるものが八重芯。壁が2つの場合は色が3色。だがこれ以上の物が三重芯で色が4色。だが八重芯(二重)難しい技術のため八重にしたが三重が出来てしまった
④珍しい花火が見られるイベント
・熊野大花火大会(三重県熊野市):海上自爆
※火をつけた後に船で逃亡する。遠隔操作ではなく人が着けに行く

たんぽぽ白鳥:シルバニアファミリー
シルバニアファミリーとは

・1985年から愛され続けるドールハウス
シルバニア村を舞台にした
・大人も驚くクオリティーと種類。
扉や引き出しなどもきちんと開くようになっている。お店もパン屋さん、ポップコーンワゴン、ブティック、レストラン、スーパーマーケット、ホットドックワゴン等
・キャラクターには名前が無い
キャラクターの名前は自分で決める。主人公も自分で決める
キャラクターの種類
ショコラウサギ、くるみリス、シルクネコ、クマ、シマネコ、みるくウサギ、わたウサギ、シカ、チワワ、グレイッシュネコ、ハムスター、ラブラドール、チャコールネコ、ヤギ、シロクマ、サル、コアラ、ヒツジ、カンガルー、ラッコ、ダルメシアン、ビーバー等

実践編
白鳥久美子妄想名作劇場
ホトちゃんは一度娘に買ってあげる事に、普段はゴルフで遊んでいるからと

ハライチ・澤部:夏フェス
フジロック・フェスティバル
フジロックに行くために仕事をしている10年間毎年通っている。
①毎年7月下旬に新潟の苗場スキー場で3日間開催(97年から始まる今年で19回目)
初回は山梨県のスキー場だったがその時にスゴイ台風でとんでもないことになったので2回目は豊洲へ3回目から苗場スキー場
②国内外200組以上のアーティストが演奏
③来場者数・・・10万人を超える事も

有名人
浅野忠信さんがいたので急に挨拶に行ったら地獄の空気になった

澤部流の過ごし方
初日

とりあえずLIVEではなくタイムテーブルを観て大小さまざまなステージがあるので全部見るのは不可能。入ってから一番奥のステージまで歩いていたら1時間半かかる。まずは到着後はビールで乾杯。
12:30:昼ゴハン
オアシスエリアの屋台のジャスミンタイのグリーンカレーが美味しい。苗場食堂のとろろめしも
4:00:雨が降り出す※毎年雨が降り出す
雨も含めてフジロック、去年か一昨年は隣のおじさんが「今年の苗場はよく泣くね」と言っていた。
9:00:ヘッドライナーライブ
グリーンステージに4万人集まる事もある。
06年のレッドホッドチリペッパーズには感動した、その時は最前列にいたがその時は横から行った中央は混んでるのに空いている時も
07年のイギー・ポップ(イギー&ザ・ストゥージズ)
テンション上がるの客をステージに上げだす。こんな上がるの?という時もある。その時も最前列にいたが当時20歳で行こうかなと悩んで柵を乗り越えた瞬間にアナウンスがかかり一人柵の上で・・・

出川哲朗:猛獣と闘ってきた男
今イメージする人はそう武井壮。彼は妄想の中で戦っているが俺はリアルガチ。今回はどんなみょう獣(猛獣)と闘ってきたかそれを紹介する
今まで闘ってきた猛獣たち
ライオン、ワニ、アナコンダ、ゾウ、ラマ、アルパカ、ダチョウ、カンガルー、ジンベイザメ、ウツボ、電気うなぎ+α
①クマ
闘うテーマがクマとチュウ。まずはレスリングその際にクマに引っ掛かれてキズが出来る、だが勝てないと思ったので体中に蜜を塗って舐めてもらう作戦を立てたらクマにお腹を押さえつけられ動けなくなり結果キス成功。クマの調教師が鞭で叩いたら逃げるからと言っているが離れた所で観ていた
②ピラニア
アマゾン川で鶏肉を付けた状態でクレーンにつられ川の中へ、そして上がったら鶏肉がズタボロ。
③サメ(ホオジロザメ)
普通はシャークケージの中に入るが自分は肉のついた竿を投げてサメにボートの端を噛ませてキスをする。今までで一番怖かったリアルガチより上過ぎてわからないぐらい
④サイ
サイとキスをする企画だが、コーディネーターの方が際は両足挙げれないからトラックの荷台に上がれないからギリギリ近づけてキスということだがサイの当たりが強すぎて、なおかつサイがトラックの荷台に上がってきた。コーディーネーターの話は信用するな信用できるのは自分だけ!

全員のプレゼンを終えて大賞を発表、大賞は田中さんの「サメの誤解を解きたい」でした。ビリはもちろん出川さん

いう感じで終わった今回ですが

勉強になりましたね、田中さんの話はサメもね前から言われてますからね襲うのは一部の種だけだと、だがそれを知らない人も多いんですよね。サメの歯が生え変わるという事を知ったのってよく考えたらワンピースのアーロン編だったな

哲夫さんの花火に関してはこち亀で両さんが色々講釈する回があったことを思い出しました。でもなー花火って観に行こうと思わないのがね、たまたま行った場所で上がっているなら観ますけど、隅田川花火大会が先週ありましたが流石に観に行こうとは思わないだって人多すぎるんですもの

白鳥さんのシルバニアファミリーって85年からなのか小学校の頃よくCM観たなーと思っていたら、当時からクオリティーが高いなと思っていましたが今改めて観ても精巧に作られてますね。

澤部さんの夏フェスはビックリするぐらい自分が興味がもてない分野の為行く事は多分無いでしょう。だが毎年誰が出演するかは気になるんですよねどんな海外の大物が来るのかは気になるわけですね。フジロック、サマソニ、ライジングサンなどなど

出川さんがまさか自分のプレゼンをするとは、だが改めて凄いロケをしてきた人なんだなと分かりましたね。プレゼンは案の定カミカミでしたが出川さんらしさ全開のプレゼンでした。

ということでこの企画は2回目は無いかな?田中さんとか哲夫さんとか面白かったから別の人のプレゼンも観たいものです

終わり!

|

« FNS27時間テレビ2015の視聴率について考える! | トップページ | 「NARUTO -ナルト-」ハリウッドで映画化の動きという記事を読んで »

映画・テレビ」カテゴリの記事