« ヨルタモリを観る!パート42 | トップページ | ヨルタモリを観る!パート43 »

連ドラ『エンジェル・ハート』の配役について思う所

本日は一体誰になるのかな?と思っていた役柄が決まったのでそのことについて

今回取り上げるのは10月11日スタートの日本テレビ系連続ドラマ
『エンジェル・ハート』
http://www.ntv.co.jp/angelheart/ですTop01昨今の実写化に対して辟易している僕ではありますが『エンジェル・ハート』に関しては期待しておりました。原作もバカみたいに読んでますのでそして読むたびに特定の話しで毎回泣くということを繰り返すほどの作品です

それほどの作品だが今回期待する理由として冴羽リョウを演じるのが上川隆也さんであり、ヒロイン・香瑩(シャンイン)役が女優・三吉彩花さんということで、あまりイメージが離れていない・崩れていない昨今では珍しいきちんとした配役になったということもあり

珍しく「期待できる!」と感じたから

だがしかーし

もう1人のリョウにとっても香瑩とっても重要な役割を果たす槇村香が誰になるかと思っていたら、まさかの相武紗季・・・

コレは言っちゃ悪いが香のイメージではない。一応皆さん理解していると思いますが相武さんが自分からやらせてほしいと言ったわけではなくドラマのプロデューサーたちが相武さんを選んだことを理解したうえで書いていきますが

ここまで順調だったに・・・と思っている人はたくさんいると思います。

僕個人としては吉瀬美智子さんあたりが似合うかな?と思っていたので

こうなると嫌な予感がしてならないですね。シティーハンターから通じる今作ですが名物キャラは他にもいて主要キャラで考えると海坊主野上冴子

香が微妙な感じになってしまった今、2人のキャスティングをミスると嫌な予感しかしないです。せっかく実写化しやすい作品で笑える話、泣ける話など満載の漫画ですから残り2人のキャスティング次第では・・・

ただ相武さんがどこまで香に近づけられるか!にもかかっているかもです。正直、髪型を香のようなショートカットに近づけてくれれば問題ないかと、髪型ってホント重要ですから

今でも思い出します月9「ビブリア古書堂の事件手帖」で主人公は黒髪の長髪に透き通るような肌をした美人という設定があるにも関わらずショートカットの剛力彩芽さんが主演になるという最悪の展開に、カツラでも被るのかなと思いきやそのままの姿で演じ結局、視聴率も伸びず最終回が一番最低の視聴率を獲得するという最悪の事態になりました

原作があり主人公などの主要キャラの設定が事細かく決まっている作品をやる以上は容姿含めなるべく原作に近い設定を守って欲しいものです。

いかに原作に忠実に制作するという部分がドラマ制作陣なのか誰が悪いのかわかりませんが崩しても問題ないと思っている制作陣が多すぎる気がします。それは俳優が決まっているうえで作品を当てるという現在のドラマ制作の手法の1つにも問題があると思いますが、そこの業界の慣習は簡単に変わるものではないので諦めています

個人的には適役がいない場合は制作しなくてもイイと思っているぐらいなので、無理な実写化は失敗する方が多い気がしますし

ということで『エンジェル・ハート』残りのキャストが一体誰になるのか?期待です

終わり!

|

« ヨルタモリを観る!パート42 | トップページ | ヨルタモリを観る!パート43 »

映画・テレビ」カテゴリの記事