« 第14回IPPONグランプリ2015を観る | トップページ | 新川優愛さんの握手会に行ってきました! »

だから嫌いなんだ発表会!! を観るbyアメトーク

本日は3ヶ月振りにアメトークについて

今回のくくりは「だから嫌いなんだ発表会!! 」。クセのある出演陣が多い中どういう発表がされるのか楽しみにしておりました。

では観ていきましょう

博多大吉
嫌いな物:バイキング
1:自由すぎる
※ある程度決めないと動けない人もいる
金持ち:余裕のある取り方
貧乏:取り過ぎる
2:メニューが多すぎる
悩んだ挙句に色んなトラップに引っ掛かる
3:炒飯トラップ
白ご飯より元を取れると思うが選んでいるとカレーがあったり、おかゆがあったり
4:納豆のり生卵トラップ
冷静に考えたらおかずがいらない
5:寿司→ウインナー→ウインナー→寿司トラップ
6:シェフが目の前でオムレツを作ってくれる

何十年も修行した人に寝起きの自分が卵を焼いてもらう資格はないと思ってしまう。

苦手になった理由は相方の華丸さんがバイキングマスターだから
提案:バイキングを出すお店は入口に盛り付けの見本を置いてほしい!

中川家・礼二
スムージー
言い方が納得いかない!私はいつもスムージーを飲んでいますやかましい!
簡単なレシピ
ほうれん草、バナナ、オレンジ、キウイ、水or氷をミキサーで混ぜるのは大変。
色んな効果
ダイエット効果を期待するがあると言われるがスムージーを飲んだだけでは痩せられない基本は運動、手助けとしてスムージー
デトックス効果
老廃物を出す、便秘解消にいいと言われるががっつりウンコ出ると思う?
同じようにキライなもの:美魔女
美魔女と言うが若い時から綺麗、旦那も金持ちの男を捕まえる。余裕があるから美容対策が出来る。
美魔女の人も朝はスムージーと言っているが夜はわけのわからんパーティーでシャンパン飲んでる写真を撮る。この間は旦那は安い社員食堂でAランチかBランチを選んでいる。

運動して体を動かして手助けにスムージー。だが激しい運動が一番だからラグビーをすればいい

ナイツ土屋
ファッション
オシャレが嫌いなわけではなくオシャレな人にはなりたいが術が分からず。無難で良いのにファッションセンスが無いねと言われてファッション全体を憎むことに
自分の服
奥さん&スタイルストが選んだもの
だがそれを僕のセンスで選ぶと・・・と「上下デニムにするなら同じ色」にと言われた。それは知らないルールを言われても困る
「色を使いすぎ」
そんなファッションセンスが無い僕が妻にプロポーズをした言葉は「僕の服を毎日選んで下さい」
ただ子供が産まれて朝忙しくなると選んでくれなくなり路頭に迷う。
・服の組み合わせがおかしい
・ファッションが分からない

だがファッションが分かる人からはバカにした言い方をしてくるそれには納得いかない

ファッションに関わる言葉
「カワイイ」。この単語は赤ちゃんだったり子猫だったり愛おしい物などに使う言葉だと思うがおじさんの使っているバッグとかに言う人がいる。自分の持っているモノも可愛いと言われた事があるが「ダース・ベイダースリッポン」は本来シスの暗黒卿なのに

バカリズム
サッカー
世界中で愛されているスポーツで人気No.1。だが昔から納得がいかない疑問点がある
・ルール
90分かけて勝敗が決まらない場合はPK合戦。散々走り回って決まらなければPK合戦だともう別の競技をやっているので最初からPK合戦をすればいい
他のスポーツに当てはめると
相撲:一定時間経っても勝敗が決まらない→腕相撲
野球:9回までやって勝敗が決まらない→野球拳
・謎の風習
子供を連れて登場。イマイチよくわからない何の血縁関係もない子供を
試合前に肩を組んで写真撮影。終わってからやればイイ
点を入れた後ウロウロさらに味方も追いかけてウロウロ。
W杯の時期に必要以上熱狂する人
自分も日本代表を応援しますしスポーツ選手にリスペクトの気持ちはあるはW杯を理由にして泥酔し街中で「ニッポン」を連呼する人。通行の妨げ、散乱するゴミ。彼らに言いたい「ニッポンを連呼してニッポンを汚すな」
ただこれだけは言わせてほしい「がんばれニッポン」

実はサッカー自体は好きですが・・・と
そして
色々言いましたけど本当に申し訳ありませんでした

ケンドーコバヤシ
浅倉南(タッチ)
大人気漫画タッチのヒロイン。アメトークのオファーを頂いた際に拒否したタッチが大好きで語りたかったが出演者とベクトルが合わなかったみんな南が好きだから
・浅倉南は鬼
達也と和也の双子の兄弟と三角関係を描いている作品だが、よく男性が選ぶ理想の女性キャラで1位になる存在だが、自分の尊敬している明石家さんまさんの唯一ダメな所が南ちゃんが好きな所
・どういう所が嫌いか
女のダメな部分を集めた存在
「南を甲子園に連れてって!」という言葉。甲子園はそんな所ではない全国の球児たちが同級生が恋愛にかまけているのに、それを幼き頃から命令している。
さらに実は南は達也が好き和也に甲子園に言ってと言っているのに
・魔性の女
新田という最大のライバル。だが新田は南に片思いをしている全国の高校野球ファンから人気がある新田のバイクにニケツしたことがある。

散々行って来たがタッチが大好きだからこそ南が許せなかったが、新田の妹が一番可愛い!脱色している事だけが気になるが、達也を一途に好きなのに恋の邪魔者見たいな役になっている

ブラックマヨネーズ吉田
若者が見るドラマ
月9であるとか若い子が出ているドラマ。基本は主役が男前必ず美人がいる、必ず美人と良い感じになる。だが成れなくても新規のエエ女が出てくる
この展開は冴えないブ男が一切感情移入できない。そもそもブ男は緊張して美人とマトモに話せないし壁ドンなど出来るわけない。

最近仮面ライダーも主人公が男前だらけでそれがライダーに変身するのは男前なのにもったいない。だからついつい悪者を応援してしまうその思いがありすぎて男前が嫌い

世の中男前が有利すぎる
ダルビッシュさんや魔裟斗さんや本田圭佑さんなどスーパースターは男前が多い。
男前は夢に向かいう時間を多く取れるから有利
我々は服を選ぶ時に4時間ぐらいかかるが男前はパッと選んでそれが似合うから練習に時間がさける。朝の髪のセットもすぐにおわるし
AVも男前は自分のタイプの女性の作品を選べばそれでいいが我々ブ男はタイプの女性しかも男優が男前すぎないのを選ぶからより時間がかかる。
モテたいというプレッシャーが無いから男前は結果が出る
サッカーだったらゴール前に男前がいて絶妙なセンタリングが来た際に男前は決めたいという一新だがブ男は決めたいプラス決めるとモテるというよけいな考えがよぎりタイミングを合わず変なシュートになる。そのミスに苦笑いをしたら何、笑ってんねんとよけいに叩かれる

それを観て男前がフォローすると失敗した人にやさしくする姿で男前の評価があがるので
やってられない
やってられない
やってられない
てられな

男前は有利な生活をしているにも関わらず男前ランキングがあり逆にブサイクライキングもあるがそれは必要か?頑張っているのに年に1回ブスと言われるそれは
やってられない
やってられない
やってられない
てられな

でもみんなが男前を良しとする日本にしたがそれが社会問題になっている
少子化問題
ドラマの主演を美男美女にし過ぎたのでみんなの美のハードルが上がってしまった。松坂桃李・向井理を見て育つといざ自分の彼氏が近づいてくると全然違うと思い興奮しなくなる。この社会をいい加減に替えないとダメ顔だけで選び過ぎているので一旦、リセットする必要がある。

なので
「顔に点数を付け、足して10点以下じゃないと結婚できない法」
例えば9点の男前は1点の女性としか結婚出来ない。
男前は充分幸せだった、だがそうすれば相手の中身を見ると思う
宮迫さんは7点として光浦さんや大久保さんとかしか選べない
蛍原さんは2点なので逆に美人を選べる
こうすれば
ブ男でもいずれ美人と結婚できる
人生のモチベーションを下げずに生きて行ける

だがこのままだと9点の男女が生まれなくなると宮迫さんが言うも吉田さんはみんなの顔を一旦、整えたい中身だけで勝負が出来るように、だがそれは無理であればこれだけは聞いてほしい
男前は5キロの重りを付けて生きろ!
毎日なんかしんどいという人生を歩んでほしい。外したらダメお風呂は鉄球を抱きながら

これは僕の日本改革論でした!

ここで吉田さんが大吉先生は5点だと思っていると言うが全然理解されないため抜本的な見直しが必要だな・・・と反省して終了

という感じで終わった今回ですが

箇条書き程度にまとめてみましたが1つずつ見ていきますと僕はバイキングはねもう肉とそれにあう米を取るのみなので問題なし。

スムージーは飲むことが無いと思うので別にいいが礼二さんの話しには妙に納得してしまった。

土屋さんのファッションはね確かに難しい側面もありますしオシャレと言われている人の格好に?と思う事もしばしば。サッカーに関しては僕も20年近く好きなスポーツですがバカリズムさん言い過ぎだよ~

ケンコバさんの南ちゃんはケンコバさんの闇の深さを久々に堪能させてもらった感じです

そして吉田さんですが相変わらずぶっ飛んでいますが非常に面白い内容でした。凄い視点で物事見ているなと

でも吉田さんの意見に1つだけ思ったのが「美女と野獣」という言葉があるように女性の方が10点満点とも言える人でも3点ぐらいの男性を選んでいることもありますよ

逆に男性の方は美男と野獣というカップルがいない気がしているので男性に問題があるような気がするなーとも

ということで久々のアメトークでしたが面白かったです

終わり!

|

« 第14回IPPONグランプリ2015を観る | トップページ | 新川優愛さんの握手会に行ってきました! »

映画・テレビ」カテゴリの記事