« 2015年8月23日 - 2015年8月29日 | トップページ | 2015年9月6日 - 2015年9月12日 »

「映画みんな!エスパーだよ!」の初日舞台挨拶を観てきました!

本日は漫画の実写映画化に辟易している記事を書いたにも関わらず漫画が実写化された映画を観てきたのでそのことについて

今回観たのは「映画みんな!エスパーだよ!」ですhttp://esper-movie.gaga.ne.jp/Poster2漫画原作の作品ではありますが原作を読んでいませんし、ドラマ版も観ていないので初見ということで観させて頂きましたが

感想ですが

スゴイ!なんてくだらない映画なんだ!とこのくだらなさと脱力感は2010年に公開された「さらば愛しの大統領」以来ですね。

だからこそ思う

この作品は賛否両論あるんだろうなと、ハッキリ言って全編通して下ネタばかり、ここまで下ネタを全面的に押してくる映画も久々にみました。だからこそ好き嫌いがはっきり分かれると思いますが昨今のテレビ番組の刺激の無さに対して色々思う所があるため僕には最高でしたね。

今やテレビでは水着姿のグラドルを観る事すらほぼなくなったにも関わらず、映画ではパンチラ当たり前、下着姿当たり前、水着祭りとありがたい事ばかり、惜しむらくは1人ぐらいトップが見えていても・・・イカンイカンそういう作品ではないですが、そう思ってしまうぐらい

ちょっと話変わりますが僕の中学高校時代は深夜にヘア以外見えているのは当たり前でしたからね「トゥナイト2」や「ギルガメッシュナイト」など、なんで今そういう番組を放送しないんだ!とネットで観放題なのにテレビでは規制というホント意味の分からない状態に怒りが

このままでは全く関係ない話を書いてしまいそうなので話を戻して

今回の舞台挨拶は上映前の2回目の舞台挨拶ということでマスコミが入っていなかったことからキャストも下ネタ混じりというかマキタスポーツさん最高でした

登壇したのは染谷翔太さん、池田エライザさん、真野絵里菜さん、マキタスポーツさん、深水元基さん、柾木玲弥さん、高橋メアリージュンさん、神楽坂恵さん、園子温監督です。

個人的には池田エライザさんを観たいがために観に行った作品だったので池田さんの可愛さを堪能しました。舞台挨拶でも作品でも、映画のCMでもパンチラしているのでどこまで見せてくれるのか!と観ていたら完全に下着姿になっていたりということでね。ありがたい作品ですよ本当に

CanCamモデルですよ池田さん、映画という事で女優さんがヌードになることなどは当たり前ではありますけど19歳のモデルさんでここまでやるとは、女性って水着は良くても下着姿はダメみたいな所がありますからね正直あそこまで見せているのは意外でもありました。

そういえば舞台挨拶でマキタスポーツさんが監督は女性を撮る時は気合が入っていて、男性の時はあまり気合が入ってなかった的な事を言っていましたが、その監督の熱もあってかかなり女性は可愛く撮れていて監督ありがとう!と言いたいです

ちなみに舞台挨拶はですね正直、作品のぶっ飛び感が凄くて覚えてないです。

なんか力が抜けて良かったですこの作品はたまにテーマが重すぎる・・・という作品もありますけど、この作品は下ネタ全開なので観ていて気持ち良かったです。

ということで「映画みんな!エスパーだよ!」についてでした

終わり!

|

最近の漫画作品の実写映画化について考える

本日は最近の漫画作品の実写映画の多さに辟易しているのでそのことについて

なんでこんなに実写映画が多いのだろうか・・・

本日もまた1つ実写映画化が発表されました今年の3月でしたかね悲しく儚い最後を迎えた『四月は君の嘘』の実写映画化です

そのヒロインを演じるのは広瀬すずさん、そして山崎賢人さん

僕個人の想いとして広瀬すずちゃんは嫌いではないですけど『ちはやふる』に続いてまたコミック原作の実写化に携わると知り正直・・・

『ちはやふる』は単行本をすべて持っていますし、深夜に放送されていたアニメも観てきたほど好きな作品なので、正直、広瀬すずちゃんが主人公の千早を演じると知った時の絶望感といったら無かったです

スラっとしてスタイル抜群でロングヘアーの千早を何で広瀬すずが演じるの?と、日本の映画界が本当にダメになってきている気がしてならない

今回の実写化に対して分かってはいるんですよ。俳優さん達が役をやらせてほしいと言ったわけでなく選ばれただけであり日本の映画界やテレビ局などに巻き込まれているだけということは

分かっているからこそ悲しいですし自分も情けないと思う部分も出てしまう

こんな記事を書いているにも関わらず映画が完成したら観に行ってしまう可能性がある自分が非常に情けない

嫌なら見るなというのが正しいんですが、でも原作も読んでいるし観てみたい!という気持ちが出てしまうこのジレンマ

我々視聴者は否定的な意見がありながらも僕と同じような感覚の人が多いのかなと思っているのですが

そんなことよりも今回一番言いたいのは日本の映画関係者もうちょっとオリジナル作品を作ってよ!ということですかね

漫画原作の場合はファンもすでにいるしある程度の集客など見込めるからだと思うんですけど、もうちょっと生みの苦しみを味わってもいいのでは?と

漫画の作者はどういうストーリーにすればいいのか?と常に考えながら締切りに追われ読者に飽きられることのないように寝る間を惜しんで考えて作った作品を

日本の映画産業は簡単に使い過ぎです。それはドラマにも言えること

そしてキャストがまったく主人公とは違う雰囲気にも関わらず今人気だからという理由だけで選ぶ。ここ数年このような事が繰り返されている現状に対してどう思っているのだろうか?

横着しすぎなのでは?とも

まあこんな記事を書いた所でその現状が変わるわけではないが、僕個人としては最低限作品を作るうえでキャストはなるべく漫画の原作に近い雰囲気を持っている人を選んで、そういう人がいないのであれば作品は映画にしないというルールを決めて欲しいものです

ということで今後も続くであろう漫画の実写化、日本の映画産業はどうなっていくことやら

終わり!

|

ヨルタモリを観る!パート41

本日はヨルタモリの41回目の放送についてPhoto

今回は総集編という未公開トーク放送ということで楽しみにしておりました

では観ていきましょう

吾輩だけが知るこぼれ話の巻き

マツコ・デラックス
地図を観ると興奮するというマツコさん、上野について熱く語る中で湯島は面白い東のど真ん中は錦糸町や亀戸が土地で言うと中央。墨田区は考え深い街というマツコさん、さらに向島も良い!と一級じゃないのがイイ

マツコさんは最近は行けてないが昔は行っていた。アーケードが取り壊されて無くなっちゃたたりするが趣のあるカフェもある。吉原さんはいかがわしい店が無い所はつまらないと、新小岩・小岩もイイとマツコさん

不謹慎な話かもしれないがチンチン。チンチンがデカい男は自身がある対して顔・頭もよくないがアレがでかいだけで堂々としてる。横柄な男はデカいと思わない?と、マツコさんは最近はご無沙汰だけど数百本は見てきていると、昔チンコ当てコンテストで風俗のベテランのおねえさんなどエキスパートの中に選ばれて10~20人ぐらいで顔の写真とチンコを合わせる神経衰弱をやった際に最後の2人に残った相手は吉原の20年やってるソープ嬢。だが2人とも最後に間違えたあれは手術をしているだろうと思うぐらい難しかった

黒柳徹子
猫と会話が出来るという徹子さん。61年ほど前にテレビが出来ましてその時からテレビに出ている。「私はあなたをテレビで観てました」が無い人。

最初の番組は有名なアナウンサーがNHKを始めますと言った。最初にテレビに出た時は通行人として出た、ラジオは全盛だった時期。ラジオがダメだった奴がテレビに行かされたような時だったと吉原さん

当時はカサギシヅコさん全盛期でその後ろを通る街の娘などをやったがそんな人が歌っていたら面白いから歩きながら見たら「スーッと歩いて」と言われた。そういう風にスーッと歩いたらゆっくり前を向いて目立たないようにだけど邪魔にならないようにと指示されて歩いたら「忍者じゃない」と

甲本ヒロト
「リンダリンダ」のセッションから真空管アンプの話しへ、最初に購入する時に何かっていいのか分からなかった。自分のゴール地点に行くまでに試したいと思って3万円ぐらいのキッドを購入しメインアンプの素晴らしさが調整が簡単だった。ここで吉原さんが真空管の型番の話し

たまに秋葉原のお店に行くという甲本さん。音楽の歴史は増幅の歴史。レコードなんてレコード針が置かれて目に見えない振動を増幅して音にしている。その前の蓄音機は電気ではなく振動をラッパに伝えて音を聞かせていた。吉原さんはタモリさんと俺たちは何を一体やって来たんだろうなと一切電気も使ってない音を聞いて思ったと

甲本さんは初めて蓄音機で聞く前のSP盤の音は三丁目の夕日のようなセピア色のような音がすると思ったが全然違った。吉原さんも良いもので聞くと違う風に演者のやりたい意思が伝わった。

福山雅治
福山さんやリリーさんも九州男児。九州男児にはイメージがあると能町さん、福山さんは井上陽水さんに会った際に九州で先輩と後輩と言えば親と同然だからと言われたと、それにリリーさんも同じことを言われた。精神的にマッチョの人が少ないとリリーさん、吉原さんも大体女々しい。博多の同級生がケンカしているのを観たら「お前は高校の時からそうだった」と50年以上も引きずっていた。

福岡の人はがさつな人がいないという話では、リリーさんは筋を通さないといけないと思う。吉原さんはカッコを付けてはいけないというのがあるショートがナイスプレイをしてもホメない。福山さんも長崎でも嫉妬なんですかね?というと、九州男児は複雑と吉原さん。

「長崎は今日も雨だった」を弾き語る福山さん。吉原さんは前川清さんと話した時にカラオケとかで一切歌った事が無い、歌は仕事だからと、福山さんも前川さんに歌好きじゃないんだからと、上手くいった話とか幸せな状態の精神状態にある事とかっていうのを歌詞に書こうとは思わない。なんか嫌な気分の時を思い出して書いちゃう、悔しさ・悲しさなど、クリエイティブは負のエネルギーの時がたくましいとリリーさん。

日本古典文学講座
「百人一首」国文学者・李澤京平教授
このコーナーを担当してしっかりとお伝えしてきましたが一向に流行る様子が無く困っていると
八 筑筑法師
わがいぼは うなじの横に しかとあり それじじ山と 人はいふなり
有名な歌い手だが確実に作った歌というのは一句しかない。わがいぼは「いぼ」がうなじの横にある、それをみた子供たちがそのいぼをイジる。年を取ると不思議な所にいぼができる。医者に行ったら老人性いぼと言われた。ドライアイス見たいので冷やして摂った。この自分は年を取ったなと思うがそれを客観的に観て笑っているすぐれた歌。

ユザーンさんはこの歌のオリジナルを知っていると喜撰法師の歌ですよねと
元歌:わが庵は都のたつみしかぞすむ世をうぢ山と人はいふなり

携帯が出てきて恋愛は変わったと吉原さん。福山さんは何処にいるのと聞かれたくない、リリーさんもその時に「地球の片隅」と言っても通じない

最近、浮気がばれた人がいると能町さん。女性の方と友達で携帯の暗証番号が0000だったから見放題だった。リリーさんの友達は8ケタの暗証番号が見破られたと、福山さんも指紋認証は寝ている時にやられるからダメと

森田式占い 今日の一位
己巳 昭和四年、平成元年生まれの貴方
シベリア高気圧のように高望みしなければ吉

という感じで終わった今回ですが

ヨルタモリの放送が残りわずかと思うと悲しいばかりですが、この番組はタモリさんファンにとっては最高の番組なんですけどね。なんで終わらすのか1年契約だったという話があるがそこはしょうがないとして

さて今回はマツコさん、黒柳さん、甲本さん、福山さんの4人でしたが、他にも未公開トークあると思うので気になりますね。

さて9月20日閉店のこの番組、来週のゲストはSMAPの香取慎吾くん。豪華だホント豪華だこの番組は何でこんな普段はゲスト出演しない人がゲスト出演してくれる番組が無くなってしまうのか?

まあ上にも書いた通り当初から1年という話だったみたいですからしょうがない。

ということで残り3回となったヨルタモリ。最後のゲストはいったい誰になる事やら

終わり!

|

« 2015年8月23日 - 2015年8月29日 | トップページ | 2015年9月6日 - 2015年9月12日 »