« 2015年1月11日 - 2015年1月17日 | トップページ | 2015年1月25日 - 2015年1月31日 »

小沢という変人を観るbyアメトーク

本日は久々にアメトークについて
Ametalk

今回は芸人フューチャー企画「小沢という変人」。スピードワゴンの小沢さんに迫ります

では観ていきましょう

チュートリアル徳井さんを筆頭に芸人達と大島麻衣ちゃん、マギーちゃんが登場!くくりを発表した際に油揚げ芸人同様の反応だった客席

今回は「SEKAI NO OZAWA」ということで「セカオザ」という事にしていくというもセカオワのファンからクレームが来ると宮迫さんが心配する中徳井さんは本家に近い世界観ですと

ここでいつもなら本人登場ですが今回の企画の事は秘密にしているということで玄関で伝える。だが宮迫さんはリアクションは期待しないでと

95年名古屋よしもとで芸人人生をスタート、同期はチュートリアル徳井、ブラックマヨネーズ、次長課長の黄金世代。事務所移籍後の98年にスピードワゴン結成。04年に「あま~い」でブレイクして時が経ち

ロンハーの「女子アナが選ぶ好きな芸人GP」にてテレビ朝日の竹内アナが小沢さんを選んだことで有吉先生が「小沢選ぶなんてロクでもないオンナ・・・」など小沢だけはダメと言ったことから4年後のアメトークの「自分大好き芸人」の隠し撮りで個性が爆発。ノリノリのポージングやコメント。そしてアメトーク大賞も受賞した事から人間性を検証することに

品川さん曰く「キモチ悪さを飲みこめば、楽しい生物」

午後17時、赤いオープンカーで来ることを予想しているが、スタッフ予想では入り時間より早めに来ると思っていたが情報と違い来なく待つ事10分

徳井:道に迷っている可能性がある。前も言いましたが小沢の車で送ってあげるよと言われて「オープンカーで帰ろうぜ」と言われて・・・と、車に乗るも「ココがどこか分からない」と言われた。

さらに時間が経ち
徳井:思い通りに行かない。すっと言ったためしがない
と言っていたら赤いオープンカーで登場!カメラに気付くもリアクション薄く、何故かオープンカーなのに窓を開ける謎の行動をした後に企画の主旨を伝えると「やった・・・」と

だが車を降りようとするもドアに手が届かず、何故かシートベルトを締めたままという意味不明な動きをしてテレビ朝日に入館。エレベーターに乗る際に「乗らない?」と矢沢永吉さんみたいに言う小沢さん。そしてメイクと着替えを待つ事10分。

小沢さんスタジオへ、なんかわからないけど嬉しいと
変人SEKAI NO OZAWA
徳井:今の所まででベースは分かったと思いますが、基本はスゴイ優しい誰に対しても、だがフレンドリーな面があるのに心を閉ざす時がある、誕生日会で誰かカラオケ歌いなよと誕生日の主役がリモコンを持って小沢さんに対して曲を入れようとするが人の前で歌いたくないため突然「やめてよ」と大声を出した。
小沢:今思うとそう思った事が恥ずかしい。

松田:旅行によくお正月に行くが、みんなでご飯を作ったりするので夜食を買いにスーパーへ行くと、何でも買っていいよと言われて色々買うが「このゼリーは誰が食べるの?」とキレだし「ゼリーなんて食い物じゃねえだろ」と

品川:これがセカオザ。何個か今までも出ていた「そこいる?」という場面。最初は正直今は仲良いが嫌だった。何の話をしていても話の腰を折りまくる。話を最後まで出来た事が無い。
宮迫:話し始めたら止めるよな
徳井:話の腰の折り方がスゴイ

磁石・永沢:Tシャツが床に散らばっていた。Tシャツともう一つわっかがあり、それを見るとTシャツの襟を全部切っていた。
小沢:昔のパンクロッカーたちがみんな切っていたから・・・
品川:定期的にヘンな空気になりますよ
小沢:トークに四季がある
徳井:今、冬です

徳井:情緒を大事にする。突然わけの分からないラインがくる。11月27日の夜に突然パッと見たら「信じられる来週には12月何だぜ」と
品川:この間財布を落としたので「クソ、財布落とした今度奢って下さい」と伝えたら「ウソ、俺も」と

小島:今変わっていると言われているが、小沢さんがよく「小学校4年生までケンカしている時に相手の拳が本当に止まって見えた。だからケンカに負けたことが無いと俺今時間止めれてると思った瞬間から動き出してそこからケンカに負けるようになっちゃった」という話を何回も聞いている
小沢:時間は止めれたんですよ。止めれてるんだと思ってから止めれなくなった。このジレンマをこの大舞台で言えてうれしい

品川:小沢さんは奇跡の人かなと思う時がある。良く言っていた小沢芸人やりたいねと小沢さんにも言っていたんですけど、この企画が決まった時に「品川くんさ、徳井くんと品川くんが良く言ってくれるから小沢芸人あるような気がしてきた」。でも心苦しいなとこういう形だったから、だとしたらメンバー誰だと思うと「徳井くん、品川くん、ダイスケ、永沢、よしおかな」と全員当たった

松田:だが上手くいかない時もある。引っ越した時にベランダが広くてダイスケここに芝生を轢いてさビーチベットを轢いて星を観るんだということで買いに行った次の日「ダイスケ大変だ芝にウンコがあるんだ、これは人糞だ怖いよ」と、部屋に行くと犬か猫の糞だったので掃除をした、その1週間後に東京に台風が上陸して全部吹っ飛んだ。

マギー:ホッコリしますね!やさしい気持ちになれる
永沢:流れ星のちゅうえいの結婚式で奥さんの友達がスピーチをしていた。僕らはなんのゆかりもな人のエピソードだがそれを聞いて泣いている。
宮迫:人の結婚式で泣くの早すぎるやろ、超新塾のタイガーの結婚式で「知ってるやつばっか」と泣いていた
徳井:人をフルネームで呼びたがる。同期中で一番やさしい奴それが徳井義実と
永沢:形のないものに気を遣う。時間はどうやって潰していく、こんなこと言ったら時間に失礼か。音楽にもそう。音楽大好き歌はヘタだから音楽には片思い
品川:焼肉で肉を焦がした時「肉にかわいそうなことしちゃった。あっそれは俺のエゴか」
松田:小沢さん青春とか好きなんですよ
小沢:好き!※話の腰を折る
松田:1年中夏の話をしている。1年中海行きたいな!と、宮迫さんと飲む時にタクシーで向っている時に「今年海に行ってないな今から海行こう」とだが宮迫さんが待っていると言ったら「俺たち大人になっちまったな」と「チェ」と言った
宮迫:冬場とか海にいってもしゃーない
小沢:冬の海もいいんですよ。僕、海の街で生まれ育ったんで
宮迫:知らんし
小沢:でも、ホント海は好き♡

松田:後輩によくひざまくらしてくれと言う。
小沢:みんなと飲んでいるとすぐ眠くなっちゃう。肉とか2枚ぐらいでも海苔は5枚ぐらい。
品川:5枚もそんなに多くない

ここからは名言VTR
だが小沢さんこの事を知らず「マジ、ピーンチ」
①:後輩の相談。トークの仕方に困っている後輩に対して
1つ目は正しいやり方、2つ目は間違ったやり方、そして3つ目はオマエのやり方。
②:漫才とは・・・。ザ・MANZAIの優勝の仕方を聞くと
漫才ってさジャズなんだよね
③:合コンで女の子に。口座番号を教えてよと出演料振り込んでおくからさ。と言った際に困惑する女性に向かって
今晩、俺の夢に出てくると思うから

徳井:とにかくカサカサを再現するのになんの液体かわからないが塗ったら水分を全部持って行かれる物を塗られた

ここで再現VTRにあった漫才について
ジャズと自由は手をつないで行く。僕が好きな漫才師は練習している感じの漫才じゃない方がいいんじゃないかな。とジャズはその場でやっているから

続いては大好きなBAN×KARAでの姿を隠し撮りした映像を
バンドが生演奏をしてくれるこのカラオケ店。夜10時に入店し1曲目を歌う小沢さん。だがまったく声が聞こえず。2曲目はブルーハーツの「青空」ギターを弾き始め、3曲目は仕掛人の品川さんが唄い始め、自分たちの世界に入り込む2人。さらに踊り始める小沢さん。バンドのボーカルになりきり、最終的に計6曲。歌うが声は聞き取れなかった

小沢:僕もビックリです。
宮迫:いつもやで
品川:俺の歌いらなくないですか?
蛍原:品川も本気で歌う必要なかったんじゃない?
品川:徳井くーん

徳井:青空は絶対に入れる。
品川:ギターをブルーハーツぽっくしたいからギターの人に頼むも届かない

小沢よよく知る2人からの証言
相方・井戸田
ライブの打ち上げの時に自分のお気に入りの女の子やライブとは関係のない友達などを呼んで「気にしないでドンドン食べて」とカッコつける。僕はいづらくなり、先に帰るのだが次の日、半額分請求してくる
小沢
:潤も楽しんだ帰った時は潤にも出してもらう。潤とは対で痛いから
蛍原:潤は楽しんでないんじゃないの?
小沢:それは潤が悪い
ここでホトちゃんが責め立てると調子を崩しそうになる小沢さん

元彼女のAさん
・基本的に寝ている時も含めて1日中、音楽を流している。たまに、音に負けて何を言ってるか聞き取れない。

徳井:店とか行っても店のスピーカーとかアイポッドにつないでいると自分のアイポッドにつないで曲を流すも、それに対してうるさいと

・2人でゴハンを食べに行っても絶対に本を読んでいる。初デートでも読み始めてビックリした
永沢
:渡される、ご飯を食べながら一言もしゃべらず本を読んで帰ったことがある。
小沢:仲が良いと本を渡す。彼女として付き合うと言う事はそういう関係になっていきたいということだから最初から無理はしない
大島:女子会に参加したい!と言われるので呼ぶが来てもずーっとゲームをやっていて、終わったら「でっ?」という感じになる。
小沢:なんなの?と聞かれても俺にも分からない。俺にとってコレハ普通だから、こんな感じになってホントすいませんでした。だけどワカラナイ

・キスが苦手らしく、その理由が「異物が入って来るのが耐えられない」。「異物」呼ばわりされたのが悲しかった。
小沢:わからないです未だにわからない※こういいながら急に元彼女を探す小沢さん
小沢:キスは苦手難しい。
徳井:その先は出来るの?
小沢:その先は好き!

続いては普段女性に対してどんな感じでいるか合コン現場に潜入
開始から45分遅れて登場した小沢さん。恒例の挨拶をした後に彼女のことを聞かれると「オレは皆が恋人」。毎日誰かといるイメージがあると言われ「1人でいたくない。夜に押しつぶされそうになる。」

厄年の話になると「忘れちゃった。俺、基本忘れちゃうからさ、でも、良い事も忘れちゃうから善し悪し」。良い事を言ったコトカちゃんに対して「コトカちゃんに8ポイント」

支払いのタイミングで30分前に支払いを済ますスマートな小沢さんでした。

こういう合コンに行ってみたい?
マギー
:大変そう相手するのが
何ポイントたまったら何かあるんですか?
小沢
:でもそれを何ポイントがゴールとやっちゃうとそれを目指しちゃう。自然にポイント溜まった方が幸せじゃない?

続いてはツイッターのアイコンがヤバいということから
ツイッターの写真を本家の曲に載せてみることに

宮迫:小沢、楽しんでみていたな。恥ずかしいとも思わず「これいい写真」ということも言っていたし
大島:この番組で母性本能をくすぐられたと言うか、小沢さんは年下ですけど守ってあげたくなる男性
小沢:ごめんね。本当は守らないとダメなのにね

最後は今日紹介した写真と名言を配信することに

最後は
今日、皆さんにこういう会を開いて頂いて、素敵なメンバー集まってくれて、僕は今後悔している。だってこんな素敵なパーティーやっちゃったらもう他のパーティーで楽しめなくなるから

という感じで終わった今回ですが

不思議な人だ小沢さん。小沢さんがこういう人だと思わなかったんですよね昔はでもホントロンハーで有吉先生に言われてからおかしな感じになった印象はありますね。久々に観てみるかな当時の映像を

今回はなんかもう一度見直して小沢さんという人物を改めて研究しよう。今回は優しい人ということはハッキリわかるが不思議さが前回過ぎてそのほかの要素がまったく、仲良くしている芸人友達もわからないんだから我々はまったくわからないですかね。

今回を観てスピードワゴンって個性強すぎるな。相方は未だに離婚を引きづり、小沢さんは変人だし

ということで小沢という変人。本当に変人だった小沢さんのこれからの活躍楽しみです

終わり!

|

ヨルタモリを観る!パート10

本日は2015年初のヨルタモリについてPhoto

今回のゲストはマツコ・デラックスさん。ディープな東京の話が話されるのか楽しみにしておりました

では観てきましょう

「デラックスなお客様、来店」の巻き
お供は能町みね子さん、大友良英さん

お休み中は舞台の稽古だったというママ、そこに現れたのはマツコ・デラックスさん。

着物姿のマツコさん、笑われながら素敵ですと言われてツッコミを入れる中、さらに迫力があるとも言われると「アナタの方が素敵じゃないのよ」とマツコさん。「顔をイジラないで年相応にやっていることは評判がいいのよ」と、りえちゃんがクソババアの役をやっていくのを観てみたいものと

そして能町さんはパンチがあるとイジりだすと、ただの客をやろうとしている人がそんな髪型をしないと、さらにすべてが自己主張の塊とイジりながら、能町さんは観ていて勇気づけられる。近いものを感じると、幸せを自ら拒否している感じが・・・と

乾杯をすると一気に飲み干すマツコさんに爆笑のママ。そしてお母さんに似ていると言われた事があると伝えると「ブッタ顔と言うか凄い好きな顔です」とママ。幸せを招くね!とも

そこに吉原さんが来店。岩手出身と伝えると
昔、ラグビーをやっていた北上出身の男がいてねと話し始めるマツコさん、まさかその人の名前を言うが案の定ピー音。そしてピー入れないとフジテレビで喋らないとヒートアップ。

着物が若干乱れたマツコさんの着付けを皆で直して仕切り直してトークスタート。

マツコさんはママの1個年齢が上、私たち世代にとっては別格なのよ!とサンタフェだもの!と熱く語ると
ママ:売れたと言う意味では凄かった。
マツコ:回し読みしていたモノ
ママ:学級文庫にもなったりしていたみたい。クラスでお金を出し合って教室の後ろのロッカーなどに並べていたと手紙を頂いた。
吉原:あそこまで脱ぐ予定が無かったのにお母さんが脱がしたって聞いたけど
ママ:篠山さんですよ
マツコ:色んな人が脱いだけどなんかあなたはスゴイね。まったくキズになってない。
能町:何年経っても色あせない
ママ:10代特有のキラキラしたものってみんなあるじゃないですか!
一同:ない
吉原:朝8時ごろ渋谷から女学生が来るのを網掛けて1000人ぐらい引っ掛けても1人もいない。こんな美人なんていないって

どんな10代ですか?
マツコ
:くすぶっていたわよ。こうな仕上がりになるとは10代の頃想像つかない。こうなるって分かっていれば楽だったけど、こうなるとことも想像できないけど、丸ノ内を歩いているサラリーマンも想像つかないのよ、どう生きたいか分からないと思っていた時期にテレビであなたみたいなキラキラした人が出てきて、圧倒的な物を見せつけられたらなんかあたしダメなんだな・・・と思っていた
吉原:俺だって身長175の仕上がりだったモノ、中3で止まっちゃったもんな。163で
ママ:背の低い人ってセクシーですよね。背の低い人って高くないことを補おうと何か持っていますよね
吉原:昔は背が高かった代わりに顔が悪い。顔が悪い割には頭が良い。今は顔が良い、背が高い、勉強が出来るという奴がますますダメな奴は卑屈になっていく。
マツコ:昔は頭の良い奴は救いようのない顔をしていた、良い男はほとんどバカだった。
吉原:イイ男はホントバカなの、一日中笑っていたり
マツコ:バカだけど女に不自由しない
吉原:格差が激しい
マツコ:1個だけ秀でていた人の方がモテていた気がする。テレビ局にもそこそこ顔が良くて、そこそこ背が高くて、そこそこ学歴が良くて、そこそこ家柄、そこそこ年収が良くてでもちょっと仕事が出来ない
吉原:ひどいスタッフだね
マツコ:タモリさん紹介してよ
吉原:私タモリじゃないからね
マツコ:難しい!こっちは宮沢りえでこっちはタモリじゃないって

吉原:たしかにモテない男は工夫する。ドキュメンタリーの鮭の産卵を観ていてそう思った。鮭は川に上ってきてメスが産卵する際にオスが寄ってきて1ミリでもデカいのを選ぶ、メスがイクラを出してオスが射精する。だが小さい鮭はメスに行っても相手にされないそれが分かっているデカいオスよりも素早いのは知っているからメスが産卵をするデカいオスが射精する直前にかけていく。その時にデカい時のオスの顔がすごかった「何?」というような顔。
マツコ:それわかる気がする。チンチンのでかい男は不必要に自信がある。たいして頭も、顔も、体も良くない。取り立てて立派じゃないのにアレがデカいだけで堂々している。世間と一緒

それも詳しいですけど東京の地理にも詳しいんですよね?
能町
:私も詳しいですよ
ここで地図を見ながら話をすることに

昔の地図と今の地図は違いますか?
マツコ
:全然違います
吉原:江戸の初期は(墨田区、江戸川区)湿地帯だった
マツコ:昔、京都に近い方に上という国名を付けたが、千葉は木更津側が上総で東京に近い側が下総。なんで上の下かというと昔は陸で行けなかった湿地帯が凄すぎて、だからみんな船で移動してから入っていたから
吉原:わずかに亀有と浅草に人が住めたぐらいだから、亀有というのは「亀無」という地名で亀の甲羅の形を成したという意味だったが、無しよりは有の方がイイということで変えた。ムチャクチャだよね資料をイジッたらだめ地名なんて土地の記憶なんだから

東京でどういう所が好きですか?
吉原
:起伏がある所だったらどこでも好き!
マツコ:最近、吉原さん東側が好きと言っていたじゃないですか!起伏がないのに
吉原:起伏が無いので面白くないと思っていたが言って見たら面白い!前衛的なモノが東側にあるハードゲイの専門的なお店、ハードゲイのお店の親父がヘビメタをやっているのを聞くけど、本日のドレスコードふんどしとか一番すごかったのが本日のドレスコード「サランラップ」

みねちゃんは地質とか好きなの?
能町
:大好きですよ。一番好きなのは地名
マツコ:地名が一番ヒドイ。みんな東○○、西○○とか港区が特にヒドイ。新宿も一部はヒドイ。
能町:淀橋というのは本当に橋があって淀橋のたもとが街だった後の淀橋区と呼ばれていてヨドバシカメラも元々淀橋にあるからヨドバシカメラだったのに今はただの西新宿
マツコ:良い地名があったの内藤町という。内藤新宿と言われていた新宿が独立して本当の名前をとっちゃった
ママ:霞町が麻布になっちゃったみたいな?
能町:霞町の話しですね
ママ:うちの母が霞町とタクシーの運転手に行っていたのに
吉原:西○○とか東○○とかなんとか何丁目というのは分かりづらい。合理的に言われてもどっちが南とか数字が分からない、。固有名詞の方が分かりやすい。歴史を抹殺しているんだもの
能町:今からでも残してほしい。
吉原:歴史だもの歴史土地の
能町:新宿にも昔の地名を残しているところあるんですよ
吉原:バス停は残しているんだよね。俺んちの近くに水車小屋というバス停があるんだよ
能町:私の実家にはナカヤマ宅前というナカヤマさんの家の名前の物がある
吉原:良い地名がいっぱいあったのに西だの東だのダメだよ
大友:西東京市が変ですよね
能町:大人しく田無にしておけばよかったんだよ
吉原:土地の人がもって反対しないと。弥生町が反対したんだよね。
能町:文京区の
吉原:弥生式土器が出た所だから由緒正しいと、港区がホントダメ。

ここで番組の途中でCMへ
気になる明日のお天気の前にいつもやっているCMをタモリさんがやるバージョンが流れ、タモリさんが踊る「東京湯島クリニック」のCMが
マツコ:画期的だタートルネックの歴史に新たな1ページが、コレは歴史よ!これをCMにしても良いぐらいだよ

マツコ:あたしは再開発を追うのが好き!渋谷が楽しみ!大変なことになるよ。駅周りがスゴイことになる
吉原:ガラッと変わるよ。目隠しして出来ました!と行ったら迷うかもしれないね
マツコ:全ての建物が変わるぐらい変わる
ママ:よくなるの?
吉原:良かれと思ってしたことが悪くなることはあるけど、すべては善意から始まる。都市計画と言うのは、東横デパートもなくなる
マツコ:立て直しよ
能町:屋上の遊園地が閉鎖されました
マツコ:東館全部壊してないからね
吉原:東横のれん街移ったしね。全部そうとっかえ、あそこはね渋谷川が流れていて渋谷の東横のデパートがちょっと壁がまがっているのは川沿いに作るから曲がっちゃった。
マツコ:難工事しているの地下にある川の流れを変えているの。2026年ぐらいに完成予定だから
吉原:昔の名店街に地下が無いのは地下が川だったからそれを変えるんだよね。デカいものは作れないのよ
ママ:オリンピックになったら大変なことになります?
マツコ・吉原:・・・
マツコ:ちょっと違うのよね
吉原:オリンピックに関する土地改造はあまり興味が無いよね
マツコ:国立競技場も前の晴海の方がテンション上がったが今の国立競技場の所にあの建物はちょっとどうかと思う。晴海で良かったんじゃないの。良い意味でシドニーのオペラハウスみたいになったかもしれない
吉原:やっぱりね。都市と言うのは空港から観ちゃダメ。海から見ないと海が玄関なんだから、海から観て都市なの空港から来る人は裏口から入ってきている様なモノ。
マツコ:あそこにザハ・ハディッドが設計したものすごい建物が海の所にたったら海からの景色は絶景だったと思う
吉原:クルーズ船が入って来る時一番大事なのは海からの景色だからね

みんなで東歩きしたいですね!
マツコ
:海抜0メートル地帯を行くってどう。
そしてスタッフに向かってコイツらピンときてないな誰も分かってないと嘆くマツコ
吉原:今は海抜0メートルって電柱に書いてあるよね
マツコ:書いてある書いてある。でもこれどれぐらいの人理解しているんだろう?

何者にもなりたくないという勇気もある
ペルシウス5世(生没年不詳)
 

という感じで終わった今回ですが

タモリさんとマツコさんだけでも十分面白いのに、その中に宮沢りえさんが入るという異色の放送でしたが

僕の予想通りに東京の街の話になりましたねというかこの2人が揃って街の話にならないことはない。渋谷の再開発は渋谷に行く度に思いますよ。1か月に1~2回ぐらいしか買い物に行きませんけど、渋谷に行く度にこの町が変わるのか~と思いながら歩いています

東京の東側ってあまり行かないんですよね。用が無いからなんですけどたまーに行くと新鮮過ぎて、今回の話を聞くとなんか行きたくなってきました東京に来てまだ行ってない区もありますし

今回はトークが盛り上がったのかいつもの番組がなくCMのパロディだけでしたがマツコさんだったら2週連続でも良かったのに、今回は東京に住んでいる人でもディープすぎて?マークが出ていた事でしょう。

やはりタモリ倶楽部でマツコさんとタモリさんの街歩きの回を放送する必要があるな、もしくはブラタモリが復活した際にマツコさんをゲストに呼んでもらいたい。

ということでブラタモリ、来週も楽しみです

終わり!

|

« 2015年1月11日 - 2015年1月17日 | トップページ | 2015年1月25日 - 2015年1月31日 »